2021年07月20日

第2729夜:舟上花見、夢幻なり【岡崎(愛知)】

 舟上花見。愛知県岡崎市の中心部を雄大に流れる大河をボートで滑走しながら満開の桜を愛でる風流を極めた催しである。

 3月下旬の土曜日。4月上旬に桜が満開になる会津若松を発ち、新幹線に乗り込んで会津若松駅弁「会津を紡ぐわっぱめし」と地酒のカップなどやっていたら、愛知岡崎幕府の上様から船上花見への召還令状が。昨日が岡崎幕府(鰍ワちづくり岡崎)開府9周年という慶賀日とのお触れも。

 新神戸までの切符買ってたが、急遽名古屋で途中下車して上様に拝謁すべく参内することに。

 河畔や岡崎城内は桜で満開。「岡崎桜まつり」真っ最中。人道橋も新たに整備された。江戸文化と令和の先進が絶妙にハイブリッドしている。3密を避けながらも天晴な活況ぶり、まちづくりのセンスの良さ、様々な謎の利権に驚愕驚嘆させられる。

 岡崎の中心部は私が定期的に参勤交代していた9年前より明らかに栄えている。目視で分かるほど。再来年の大河ドラマは家康公が主人公らしいので、ますます賑わうこと確実。

 余談だが、目視レベルで明らかに十年ほど前により抜群に良くなった街は、岡崎の他では私のおひざ元のお隣の兵庫県明石市。ここも凄い。

 エスニック料理店から華麗に和風居酒屋に転身した<どんちゃん>へ上様と。オーナーのH谷川老中と久々にご対面。生やハイボールをヤリながら絶品の魚料理に笛太鼓。Y中調布藩主も早籠(バイク)を駆って参内する。

 19時。S大老、A子老中も合流し、船上花見開始。

 初めて見る桜の角度。寒くも暑くもない最高の環境。一生モノの経験である。舟に持ち込んだ俗世のダルマ(サントリーオールド)をヤリながら風流と夢幻の極みを思う存分満喫する。

 街中の呑み屋は大繁盛。かろうじて席を確保できたドラゴンズ愛溢れる、悪口など言おうものなら蹴り殺されそうな居酒屋で地酒や絶品のホルモン煮込。

 マスターに「立浪さんに似てますね」と言ったら見たことないドラゴンズサイダーを賜る。最後はラーメン屋でベトコンチャーシューメン。目玉焼とチャーシューと瓶ビールも。

 上様、S大老、A子老中、Y中調布藩主に多謝。私は上様の妾かもしれない。上様のスマホには私の画像が100枚以上入っているかもしれない。

 改めて、鰍ワちづくり岡崎設立9周年おめでとうございます。ちなみに今後、上様のことを「おやっさん」または「オヤジ」と呼称するように義務付けられた。

 名鉄で名古屋に戻る。愛知県では名古屋市内だけが時短営業中。23時過ぎはどこも閉まっていたが我がホテル対面の立ち飲み屋だけ開いていた。外まで人が溢れるほどの盛況ぶり。闇夜に浮かぶ一本桜のようだった。

210720岡崎@.jpg
H谷川老中のお店にて0次会。

210720岡崎A.jpg
滑走。

210720岡崎B.jpg
ダルマと上様と私。

210720岡崎C.jpg
普段見ることのない角度。

210720岡崎D.jpg
幽玄な行燈。

210720岡崎E.jpg
溢れるドラゴンズ愛。

210720岡崎F.jpg
全国で布教中。

210720岡崎G.jpg
名前忘れたけどハマりました。

210720岡崎H.jpg
ベトコンチャーシューメン。なぜベトコンかは不明。
posted by machi at 09:08| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする