2021年07月14日

第2724夜:シュウマイと新生姜【足利・栃木(栃木)】

 シュウマイ。栃木県内において、餃子と言えば宇都宮、ラーメンと言えば佐野、シュウマイ(シウマイ)と言えば鹿沼。しかし、足利もシュウマイをウリにしているという。

 3月中旬の暖かな平日の朝。濃厚な二日酔いのまま小山商工会議所S氏のご案内で栃木県南部エリアを視察観光することに。

 ロードサイド沿いはのどかな田園風景中心で、信号機のように等間隔で美味そうなラーメン屋が聳え立っている。

 まずは足利市。2020年4月から1年間、30年ほど前の大河ドラマ再放送(太平記)をすべて鑑賞したので何となく感慨多し。

 日本で一番古い学校らしい足利学校へは門前で入学を辞退。お目当ては日本最古の学校でもない。すぐ横の立派な神社でもない。シュウマイである。

 小山市内の居酒屋で吞んでいた際、たまたまTVで足利シュウマイが特集されていた。以来、気になり続けていた。街なかにあまりシュウマイ屋は見当たらない。家庭料理であるらしい。

 足利初訪問の私にはさっぱり攻め方が分からぬが、S氏は超絶ディープなスポットを隅々まで熟知。神社境内の茶屋で「足利シュウマイ(蒸・揚)」試食。水を一切提供しないと張り紙で吠えられているので、瓶コーラも。

 鹿沼が「シウマイの街」として大ブレイク予定なので、コロナ前までシュウマイに興味ある人生を送っていなかったが最近は目に入れば迷わず注文するようになった。

 足利シュウマイ、肉が入っておらず具は玉葱だけでソースで味わうそうな。肉のないシュウマイなのにシュウマイの味がする摩訶不思議。美味しいという事実も何故か不思議である。

 足利商工会議所1階の絵画ギャラリーなどマニアックすぎるスポットを見学し、栃木市へ。東武百貨店の中に市役所があるというシュールな市である。

 全国的な知名度を誇るのが「岩下の新生姜」。私は岩下を地名と思い込んでいたが、人名だった。そのミュージアムが圧倒的存在感を放っている。

 館内はポップでキュート。期間限定のプロジェクションマッピングや季節の生姜料理も。売店も異様に充実。見所たっぷりで、明らかに凡百の博物館よりお金が掛かっているだろう。本格的なのに、遊び心充実。館内は卑猥な形状のグッズで溢れ、狂気との紙一重が広がっている。

 正午過ぎに小山駅へ。予定の電車まで1時間半。シュウマイで空腹感は無かったが、前夜の深酒は抜けてきた。駅構内<藤エ門>で唐揚げ3ヶ定食。たぬきうどんが旨い。さすが、うどんの街である。栃木県内で、うどんと言えば小山である(たぶん)。

 都内で所用を済ませ新幹線を予約しようとしたら6割以上の乗車率。かなり戻ってきた感触。コロナ前は金曜18時以降に新大阪方面の新幹線など満席で確保不可能。もう一息である。

 溜まりまくった有効期限切れ間近のポイントでグリーン車にランクアップ。ツマミは鹿沼と縁深い「崎陽軒シウマイ弁当」。足利シュウマイと別物。昼も夜も焼売三昧。昨昼感動したラーメン屋さん(一品香)のテイクアウト焼豚&メンマもツマミに投下。

 栃木県南部エリア1泊2日。同部屋宿泊も含め正味24時間お相手して下さったS氏に大感謝。年度末の平日にマニアック観光を楽しめる自由業者の特権を満喫。

 皆さま、重厚な歴史と弾けたポップが融合する栃木県南部へおよれんせ。

210714足利栃木@.jpg
足利尊氏公。

210714足利栃木A.jpg
足利学校の入口。

210714足利栃木B.jpg
歩道橋から眺めた足利学校。

210714足利栃木C.jpg
いざ、足利シュウマイ。

210714足利栃木D.jpg
味わい深い壁メニュー。

210714足利栃木E.jpg
これが、足利シュウマイ。

210714足利栃木F.jpg
卑猥なオブジェが目印。

210714足利栃木G.jpg
メルヘンと狂気は紙一重。

210714足利栃木H.jpg
小山駅構内にて。小山は、うどん(らしい)。

210714足利栃木I.jpg
鹿沼名物K陽軒シウマイ弁当。
posted by machi at 11:19| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする