2021年05月09日

第2681夜:日本で1番住みやすい街のクリスマスイブ【川口(埼玉)】

「本当に住みやすい街大賞2021」。様々な大賞が日本には存在するものだと妙に感心させられる。ちなみにこの大賞の第1はどこか。埼玉県川口市である。しかも2年連続である。

 荒川を挟んだ川口市の対岸東京都北区(赤羽)。川口市は人口60万という中核市であり、浦和市と大宮市とその他が合併する前は埼玉県最大級の人口都市。駅前はマンションが林立し、さらに増える勢いという。都心からのアクセス、お店の集積などの観点から確かに便利である。

 数年前に川口市商店街連合会と1年ほど御縁を頂いた。しばらく2,3年間が空いたが、2020年の師走になって御縁が復活した。ただし、その御縁に付随するミッションの難易度は2020年最大最強。自己評価なので自信はないが、全4回シリーズの初回を何とか無事終えることができた。安堵感に包まれた瞬間、猛烈なノドの渇きに襲われた。

 時間は17時。私は終電の新幹線で帰神するので川口駅を20時ごろ発てば24時過ぎには神戸の自宅に帰ることができる。ただし、京浜東北線のダイヤが乱れないことが絶対条件である。

 この夜は12月24日。クリスマスイブである。雨は夜更け過ぎに雪へと変わるどころか、妙に蒸し暑い。

 コロナ禍に真っただ中で緊急事態宣言再発動が現実味を帯びている最中、駅前にクリスマスムードがほとんどない。クリスマスソングも聞こえてこない。サンタのコスプレした販売員も店頭で見かけない。イルミネーションは煌めいているが、特段クリスマス仕様ではない。

 40代後半の中年オヤジがイブの夜に独りで呑んでいたらあまりにも哀愁である。新幹線で一人晩酌も考えたが、どこかの店で喉を潤したい。ついでにチキンも頬張りたい。

 ミッションにオブザーバー参加されていた既婚男性2名を無理やり誘い<T貴族>へ。七面鳥や骨付きかぶりつきチキンではなく焼鳥だが、クリスマスムードに少し近づけた。女性と2人きりではなく既婚男性との3人呑みとはいえ、一人よりはクリスマスムードに近づいた。

 焼鳥などを肴に金麦のメガ、ハイボールのメガを数杯。さらにクリスマスムードを高めるため、のトリキオリジナルカップワインも赤白で。1時間3杯勝負が2時間30分メガトン勝負に。

 20時頃解散。一人で東京駅へ。発車まで少し余裕あったので、地下グランスタで「から揚げ・鶏めし弁当」捕獲。新神戸行き最終のガラ空き新幹線で独りクリスマス2次会。

 スーツケースからコンビニで捕獲した300円程度の赤ワインフルボトル1本と150円ぐらいだったカップ酒を取り出す。

 T郎氏のクリスマス・イブ♪をバックに新幹線のホームで出会うカップルのCMに何となくあこがれた学生時代の記憶が蘇る。こころふか〜くぅ〜ひめたおも〜い〜♪日本で一番クリスマス一人晩酌が似合う、最終のガラ空き新幹線車内である。

210509川口@.jpg
本当に住みやすいと思います。住んだことありませんが。

210509川口A.jpg
広すぎるワークショップ会場。

210509川口B.jpg
タフなミッション。

210509川口C.jpg
クリスマス気分@

210509川口D.jpg
クリスマス気分A

210509川口E.jpg
クリスマス気分B

210509川口F.jpg
新幹線にて。
posted by machi at 08:08| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする