2020年09月13日

第2521夜:ダルマとタヌキ【若松・小倉(北九州)】

 Sントリーオールド。ロイヤルや山崎よりは安いが角よりは高価な、中味の分量が見えぬ真っ黒で丸みを帯びた独特の形状の歴史あるウィスキーである。ちなみに私は国産ウィスキーの中で最も愛している。愛称は「ダルマ」だ。ワールドベストは「ラフロイグ」だが。

 新型コロナで緊急事態宣言が延長された5月上旬、3週間ぶりに荷造りし、ガラガラの新神戸駅から新幹線で小倉へ。2時間が凄まじく長く感じられる。

 相変わらずガラ空きで車両には3人ぐらいしかいないが、同志に感じられる。車内PCするも、いつものピーク時の集中力と仕事の捌きが復活するにはかなり時間が掛かりそうだ。

 マスクが普通に安価で流通し始めたのに、稀につけていない輩をみかける。オッサンに多い。それも服装を含めビジュアルとして平時でもあまりお近づきになりたくない、電車で隣に座られると席を変えたくなるような香ばしいオヤジに多い。

 そういうマスクをしないオヤジに限って何故かサングラスをしている。隠すところが違うだろうと心の中でツッコミを入れつつ、ちなみに私は上下作業着にビジネスリュック。この方は長距離移動の出張に見えないためである。我ながら姑息である。

 小倉着後、駅地下のスーパーで冒頭の「ダルマ」を購入。今晩のミッション終了後のテイクアウト呑み会への差し入れである。平時は高価で泊れぬ<ステーションホテル>にチェックインし、若松へ。このご時世、若松入りできることに感謝に気持ちで溺れそうである。

 若松ミッション終了後、U島氏の八百屋内でテイクアウト呑み会。<いちご>のオードブル。<トマト>から様々な種類の肉盛り。<北山商店>の焼肉と赤ウィンナー。どれも絶品。

 この日の昼は若松の飲食店舗数店が無料で弁当を配布したそうな。男気企画である。

 500ml缶ハイボールが1ダース滅失。TOMATOオーナーの差し入れワイン、K山氏差し入れの魔王、アヅマ差し入れのダルマ。私はオールドのことを「ダルマ」と言っていたが、九州では「タヌキ」というらしい。初めて知ったが、どちらもなるほどと思わせる愛称である。

 3週間ぶりの人間との生身の会話。3週間ぶりのオフライン呑み会。楽しすぎて鯨飲して記憶ぶっ飛び。泥酔でかなりオソソウしたようである。

 翌朝。二日酔いのまま半年ぶりぐらいに減便中のモノレールに乗車しで香春口三萩野へ。黄金市場商店街の現況視察である。

 <ホッテントッド>でS開オーナーに珈琲をご馳走になりながら雑談。黄金市場商店街、それほど客足は落ちていないらしい。それどころか、一部は従来より売れているそうな。

 中心部に行かずに黄金で買い物している客が多いらしい。商店街はふきっ晒しなのでアーケードがあるとはいえ、お客にとっては密閉空間より快適で心強いのだろう。

 行列ができている<一葉>でおかずの盛合せと天ぷらを購入後、さらに<とり肉のワールド>で人だかりをかき分けながら和牛切り落とし、九州牛焼肉用、唐揚、手羽先、鶏肝煮などをテイクアウト。引きこもり生活だけでなく、今晩の自宅晩酌がさらに充実確実である。

 神戸の自宅事務所に帰ると、我が零細超弱小従業員ゼロ会社の守護神・大阪総合グループの先生方から高品質マスクが50枚、さらに久留米のK保氏から大量1sの辛子明太子が届いていた。

 人の優しさと暖かさに涙する土曜の夕方。タヌキのように人を化かすことなく、ダルマのようにどっしりと安定した縁起物になりたいものである。

200913北九州@.jpg
激安だった小倉Sテーションホテルの部屋からの眺め。

200913北九州A.jpg
200913北九州C.jpg
200913北九州B.jpg
200913北九州D.jpg
若松テイクアウト祭り。

200913北九州E.jpg
ダルマ(タヌキ)投下。

200913北九州F.jpg
賑わう黄金市場商店街。

200913北九州G.jpg
酒友の<一葉>。

200913北九州H.jpg
新幹線貸切状態。

200913北九州I.jpg
黄金テイクアウト晩酌。

200913大阪総合G&久留米久保氏.jpg
帰宅すれば。多謝。
posted by machi at 07:04| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする