2020年09月03日

第2515夜:合同会社イドムス【沖縄・宜野湾(沖縄)】

 合同会社イドムス。2018年度から設立が検討され、2年間の紆余曲折を経て2020年3月9日に設立された沖縄市胡屋地区を拠点とするまちづくり会社である。代表社員は仲U氏。両輪としてH瀬氏と石H氏が支える体制である。

 2020年3月16日、神戸空港から閑散としている那覇空港経由して沖縄市入り。イドムス三銃士から会社概要の説明を受ける。さっそく様々な案件が飛び込んできているようで何より。新型コロナで世界中がふさぎ込んでいる仲、久々に明るい話題だった。

 宜野湾市へ移動し「ぎのわんヒルズ通り会活性化プラン検討委員会」に参加。私は委員長であるものの何のお役にもたてなかったが、なかなかユニークで現実性の高いプランが出来上がった。2020年度はシャッターアートに取り組むという。

 40ページに及ぶ報告書の原案をパラパラしていたら、2ページ目に目が留まった。人口に関してである。2020年2月の人口は5年前より3.2%増加している。まあ、首都圏などは増加しているから驚くに当たらない。ところが、次の一文に目を剥いた。

「将来展望においても人口は減少することなく増加し続けることで2060年には約109,700人を推計している」

 ちなみに2020年2月時点で96,528人である。せいぜい人口が増え続ける予測は2025年まで。2050年には日本の人口は8000万人、または4000万人というような予測もある。根拠はともかく、今から40年人口が増え続けるポテンシャルは恐るべしだ。

 沖縄市に戻り、21時過ぎに<ドラキン>へ。合同会社イドムス設立祝いである。イドムス三銃士、市役所から3名、LBから3名、そして私という陣容。

 センベロでツマミ2品とオリオン生2杯。泡盛に切り替える。水割りを頼むと店員さんが「薄かったら言ってくださいね!濃くしますから!」。一口つける前に「濃くして!」と懇願。

 出汁巻玉子、ポテトフライ、アスパラベーコン炒めという沖縄でなくとも日本中で味わえる料理をツマみに談笑しているとあっという間に23時過ぎ。この店もお客がひっきりなしだ。

 日本どころか世界中が新型コロナでパンデミックな2020年3月中旬。観光が主要産業である沖縄県は大苦戦を強いられていると思いきや、一部の地域や商店街・商業施設を除けば生活は全くの日常。マスクしている人もほとんど見かけない。呑み屋も普通に盛況。イベントも特段中止せず大盛況。3月16日時点で学校も通常登校再開。

 さすが琉球王国。経済的な損失も真っ先にリカバーしそうだ。ちなみに沖縄が21世紀になって最も景気が落ち込んだのが、9・11同時テロの時だったらしい。

 23時半頃<利加>へ。ママたちとも談笑しながらあっという間の深夜1時半。沖縄へは2015年から御縁を頂き続けてきた。特に沖縄市・宜野湾市・北谷町という2年間の沖縄中部ミッションが今回の訪問で終了する。

 皆さんと別れ、私は〆の〆として24時間<フリーダム>でステーキに挑もうと足を運んだ。……。閉まっていた。こんなことがあるのか。
〆ることができずトボトボ歩いていたら、「また〆るんじゃない。沖縄中部にまた来い」というステーキの神様からの叱咤が聞こえてきた。

200903沖縄@.jpg
イドムス説明会。

200903沖縄A.jpg
ぎのわんヒルズ通り会活性化委員会。

200903沖縄B.jpg
2年間苦楽を共にしたメンバー。

200903沖縄C.jpg
最後もリカバーで。

(付記)
この時(2020年3月)の沖縄はまだ平和。今や独自の緊急事態宣言発令。今年度も沖縄市内でミッションを賜っているのだが、現時点で沖縄入りできる見通し立たず。
posted by machi at 08:37| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする