2020年09月02日

第2514夜:アルコール消毒の流儀【春日部(埼玉)】

 新型コロナ。世界中を大恐慌に陥れているとんでもないウィルスである。2020年3月現在で収束の気配がみえない。五輪延期論も本格化し始めた。

 1998年に社会を出て二十数年。たくぎん破綻、リーマンショック、SARS(懐かしい)、東日本大震災、日本各地を襲った台風や地震……。体感的にこれらを遥かに上回る悲惨さだ。

 私は例年3月から4月にかけてカキモノ中心のオフシーズン。要するに、オフ期間である。よって2020年3月時点でそれほどキャンセル等の実害はあまり被っていないが、一部の業種業態を除き大ダメージを被っている。我が同業者(まちづくり屋)も同様だろう。

 日本中が自粛ムードに突入している2020年3月中旬。私は浅草から東武特急「きぬ」で新鹿沼へ。浅草を出てスカイツリー、北千住、春日部、栃木、新鹿沼……終点は鬼怒川温泉。東武特急、よく新鹿沼に止まって頂けるものである。感謝である。

 鹿沼の名店<山いち>さんで三年熟成味噌ラーメンや餃子を大満喫し、2019年度から始まった「やどかりプロジェクト」の大転機となる緊急ミッションを終え、再度東武特急で春日部へ。東武スカイツリーラインをフル活用である。私にとってこれほど便利な路線はない。

 2020年度の埼玉県春日部市ラストミッション。1gも延期や中止を匂わせる情報はなかった。当然のように決行。日本中に存在する我がクライアントはどこも頼もしく力強い。出席者全員にマスクが配られる。予防も万全である。

 次年度が極めて楽しみなまま無事終了。打ち上げ懇親会は私が春日部で最も惚れたもつ串屋<丸金>さん。「粕壁音バル」の1軒目でお伺いした際、感動のあまりバル周りを辞めてひたすら居座ったほどである。

 もつ串は言わずもがなで、何喰っても旨し。世間の飲食店はかなりのダメージを被っているみたいだが、地元密着の実力店は関係なし。この夜もカウンターも座敷もびっしり満員だ。

 ハイボールやホッピーでしっかりと喉をアルコール消毒。春日部の皆さまには御縁頂いて9カ月ほどだが、本当に良くして頂いた。感謝してもしきれない。素晴らしい御縁を頂いた。

 Y口先生にホテルまで送って頂き、部屋で荷を解いていると、チョッキから電話が。春日部NEXTプロジェクトのK子リーダーと関東一の公務員美女・事務局M田嬢で2次会を決行するから来てくれという内容。

 新型コロナの被害状況をパトロールしなければならない。ただし、ホテルは西口なので東日へ戻るのは少々大変。西口の24時間居酒屋<T良商店>を指定。広い店内だが、若者でびっしり。活気に溢れている。新型コロナ、どこ吹く風である。

 ホッピーで喉をアルコール消毒していると、K子リーダーが椅子から滑落。リーダーはアルコール消毒しすぎてグロングロン。翌朝は二日酔いでタイヘンだろうけど、新型コロナに感染することだけは1万%なさそうである。

200902春日部@.jpg
まずは3杯。

20902春日部A.jpg
いまでは考えられぬ3密。

200902春日部B.jpg
ホッピー中もガンガン。

200902春日部C.jpg
2軒目にて。

(付記)
このバカブログ原稿を書いたのが3月中旬。それから世界は一変。5か月ぶりに読み返すと、当時はまだ平和だったなとしみじみ。
posted by machi at 12:36| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする