2020年01月19日

第2361夜:駅前100年食堂【会津若松(福島)】

 <マルモ食堂>。会津若松駅の真ん前にある食堂である。看板に「創業100年」とある。風格たっぷりである。店頭のショーケースもシブさがにじみ出ている。

 ある秋の遅い午後。過去2回の会津若松ミッションにおける遅めに昼食は常に定宿に近い会津若松駅周辺だった。

 初回は駅隣接食堂で喜多方ラーメン&ミニソースかつ丼、2回目は駅から徒歩5分程度のラーメン屋で喜多方チャーシューメン。マルモは時間帯が合わなかったのか昼休憩の時間だったため入れなかった。今回は暖簾が出ている。迷わず飛び込んだ。

 100年の歴史を感じさせる店内である。薄暗さにも風格がある。店内は割と広く、テーブル間隔もゆったり。ラジオの音がどこからか聞こえる。

 遅い時間ゆえか店内は常連歴50年以上っぽいオヤジが2人。それぞれ酒とビールをヤリながら何か食っている。

 壁面メニューを見る。ラーメン系、カレー系、丼系、そば・うどん系、そして炒め物系定食が主なグループ。中華そば600円、会津ラーメン800円。この違いが気になった。カレー押しが激しい。納豆カレーライスなるイロモノ風もある。

 迷っているうちに‘おすすめ’シールが張られている「ソースかつ丼」1000円が視界に。ラーメンもヤリたかったがミニサイズはなさそうだ。今回はソースかつ丼一択で攻略である。

 ぼんやりと待つ。静けさがイスやテーブルに染みこむ。聞こえてくるラジオの雰囲気も令和元年とは思えぬ内容とリズム感だ。

 ブツが運ばれてきた。丼のフタが持ち上がっている。味噌汁と漬物を従えている。

 フタを外す。……。おもわずヒューッと口笛を吹きそうになる。何かの香草が乗っているが、実に丁寧な造り。褐色の端正な美女といったタタズマイである。桜の下には死体が埋まっているそうだが、ソースの染みたカツの下には千切りキャベツが敷き詰められている。

 まずは味噌汁で心を落ち着かせる。……。旨い。100年の円熟が詰まっている。具は豆腐だけというシンプルさだが、その分味噌の旨味が引き立っている。

 カツを箸に取り、口に運ぶ。……。齧った瞬間、甘めのソースの染みた衣が弾け、やわらかでジューシーな豚(たぶんロース)肉の旨味があふれ出す。脂の甘さも上品。豚肉そのものが旨い。

 ライスとカツのバランスに気遣いながら食べ進める。食べても飽きない。私はソースよりも普通派なのだが、思わず転向してしまいそうだ。漬物もかなりの実力。キリリとした濃い目の味付けでご飯が進む。味噌汁も最後まで残しておかねばならない。

 気づくとペロリだった。米粒一つ残さなかった。冷たい水を飲みながら余韻に浸りつつ再度店内を見渡す。東野圭吾先生原作の映画化された『ラプラスの魔女』の撮影がこの店で行われたという。主演は嵐の一員なので、嵐ファンの方には聖地なのかもしれない。

 大満足で店を出る。歩いて30秒ほどのホテルに向かう際に、振り返る。……。入口の横に巨大バナーが吊り下げられていた。「創業百二十年」。

 デカすぎて、近づすぎて気づかなかった。一気に20年セットバックした。バナーはまだ新しい感じだが、本当は創業何年なのだろうか。

200119マルモ食堂@.jpg
100年食堂の風格。

200119マルモ食堂A.jpg
シブい壁面メニュー。伝統と斬新が同居。

200119マルモ食堂C.jpg
ソースカツ丼。上品なのに少しジャンキー。激ウマ。

200119マルモ食堂B.jpg
映画のロケ地らしい。

200119マルモ食道D.jpg
ん?120年?
posted by machi at 15:23| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする