2019年09月15日

第2278夜:勃ちっぱなし【盛岡→宮古(岩手)】

 快速リアス。盛岡〜宮古間を疾走するJR山田線の快速列車である。ちなみに私の記憶が確かであれば、盛岡〜宮古間を直通する列車は1日4〜5本しか走っていないはずである。

 2019年3月23日。JR山田線エリアだった宮古〜釜石間はJRが復旧させる気ゼロだったゆえ、三陸鉄道に移管され三陸鉄道リアス線として復活。よって山田方面にはJRは走らせないので山田線から宮古線として名称を改称すべきである。費用が掛かるからやらないだろうけど。

 令和最初の盛岡さんさ踊りが絶賛開催中だった8月上旬。普段なら盛岡から宮古までバスで移動するが、この日はさんさ踊りのためバスが通常通り運行しているか分からなかった。

 宇都宮から盛岡に到着すると、駅ホームや改札内外は世界各国からの観光客で溢れている。

 ちょうど15分後に数少ない宮古行き快速リアスが発車する。宮古と御縁を頂き9年目に突入。年に1〜2回程度とはいえ列車には何度も乗車している。その都度ガラッガラ。特に通学時間帯でない14時前は人がいない。

 改札外に出る時間はない。駅弁を買ってガラ空きの快速車内で車窓見ながら楽しもう。初見だった「いわて黒豚とんかつ弁当」を捕獲しホームへ向かう。

 乗り込んだ瞬間、思わず目を剥いた。座れないどころか都心のごときラッシュぶりである。観光客が多い。

 快速であるが宮古到着までの約2時間10分。立ちっぱなしはツラい。駅弁どころではない。しかも急ぎでPCを打たねばならぬ業務もある。

 最後尾に謎の台のようなスペースの前だけ空いていた。そこを強引にマイ個室にすると、少々低めだが立ち飲みカウンターのようになった。

 車内移動がままならぬ混みっぷりの中、私は意を決して駅弁の掛け紙を外した。人生初の駅弁立ち食いである。とんかつ弁当、直前まで冷蔵されていたのでキンキンに冷えている。

 食べ始めた。……。かなりの距離の近さで立っている男性がギョっとした表情を私に向けた。思わず目があったので、ほんのわずかだが目尻に優越感と羞恥心を浮かべた。

 喰い終わった。今度は立ったままPC。普段座っているので気づかなかったが、山田線はほぼ直線がなく蛇行。かなりの凄まじい揺れである。

 車内はエアコンが効いておらず窓も開けられない。おまけに快速なので途中1時間以上停車しないのでドアの開閉もなく、澱んだ熱気が車内にこもっている。80分ほど経過した時、これが熱中症状態なのかと気づいた。

 かなり年配客も立ったままで気の毒だが、優先座席もそうでない普通座席も年配客で制圧されているため席の譲り合いが発生しない。

 列車は川井村を通過した。その時、ふと気づいたが、これまで2車両だったのに、いつの間にかしれっと1車両になっている。じわじわとした宮古イジメ。J●の野郎……。

 2時間10分後、宮古駅着。ホームに出た一瞬、涼やかな風が身を包んだ。その1秒後、凄まじい蒸し暑さが全身を貫いた。勃ちっぱなしで駅弁、そしてPC。意識も足もフラフラだ。

 これからはどんなに混んでいてもバスから浮気しない。少なくとも座れるからである。

 ●R、宮古〜釜石間に続き、盛岡〜宮古間も撤退しそうな空気に満ち溢れている。そのためにも、積極的に公共交通を利用せねばならない。いったん撤退すれば、復活はまず不可能だからである。

190915JR山田線@.jpg
極上の時間のはずが……。

190915JR山田線.jpg
マイ個室を創出。
posted by machi at 08:19| Comment(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする