2019年06月17日

第2215夜:ヤングアベンジャーズ【三宮(神戸)】

 毎月16日。神戸三宮ミント神戸内の映画館の鑑賞料金が1100円になる映画ファンにはたまらない紋日である。

 春の訪れがまだ遠い3月16日。PC猿打にメドがつき、気分転換に久々に映画館へ。その年の正月にTVとDVDが同時に壊れてから映画どころか動いている画像を観る機会がすっかり滅失していた。

 この時期はアカデミー賞関連の芸術の香り漂う作品が数多く放映されているが、私はアクション&アメコミ大好きオヤジなので能天気な2本を選択。

 1本目は『アクアマン』。アトランティス王国と人間の混血が主人公。暑い夏に観たくなる内容だ。主人公は小汚いが、Nコール・キッドマン氏が圧倒的。Wィレム・デフォー氏は悪役の方が似合う。まさかこのテの内容で涙するとは思わなかった。

 2本目は『キャプテン・マーベル』。主人公の女性は地味だがさすがオスカー女優の演技。Aネット・ベニング氏も圧巻。それにしてもSミュエル・L・ジャクソン氏、いったい何歳なんだ。ちなみのこの主人公はアメコミ史上最強ではなかろうか。ミステリ仕立てなのもポイント高し。

 特にアベンジャーズが大ヒットしてから、アメコミ映画ばかり目立つ。大好きだからいいけれど、アベンジャーズに出演させるために単体映画を作っている感じである。

 たっぷり5時間映画館に浸り、超大作を観た高揚を抱えながらデッキを歩いていると、酔っ払いっぽいオヤジが立てないでいる。立とうとしたら前からこけて思いっきり地面に頭を強打している。流血だ。私はすぐ横にいたので必然的に「大丈夫ですか」ポジションに。

 すると、通りがかった若い男女が10名ほど駆け寄り、声を掛けたり、寝かしたり、救急車を呼んでくれたり。神戸の若者はまさにアベンジャーズ。実に頼もしく力強い。

 10分ほどで救急車到着。オヤジは無事搬送。残ったアベンジャーズたちは「お疲れさまでした」と声を掛け合い、それぞれの星へ。

 私は東門を抜けて<IBY>という惑星へ。ギネスでノドを潤しながらレーズンバターをつまむ。ディタソーダでサッパリした後、マイヤーズのロックをレモン入りで。

 さすがに空腹を覚え、私が物心つく前から通っている<愛愛>へ。キリンの中瓶を2本空けながら、餃子2人前と私が世界で一番愛しているかしわの唐揚。泣けるほど旨い。

 私が入った時は、小さな子供を2人連れた4人家族。私も小さなころはオヤジに連れられてこんな感じだったのだろう。程なくして20代と思しき若者たちがドシドシ入ってきて店内満席に。

 この店は決して安くないのだが、本物の旨さを分かっている神戸の若手たちの呑みっぷりと喰いっぷりが視界に入るにつれ、神戸は安泰だなという心強い確信が湧いてくる。

 さすがに台湾汁そばはもう胃に入らない。若い頃はペロリだったが、40半ばの中年オヤジには厳しくなってきた。満腹腹をさすりながら地下鉄に乗る。

 映画も面白かったけど、それ以上に神戸若者のアベンジャーズぶりに感動。救急車を待っている間は寒かったけど、心はポカポカと暖かくなった。

190617三宮@.jpg
ギネスとレーズンバター。

190617三宮A.jpg
190617三宮B.jpg
愛してやまぬ餃子と唐揚げ。我がソウルフード。
posted by machi at 11:46| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

第2214夜:おにぎりジャンキー【沖縄・那覇空港(沖縄)】(後編)

 今回の1泊2日で、沖縄そばを啜るタイミングがなかった。昨日空港着が13時過ぎ。H瀬氏と合流し、沖縄市内の<根夢>でミックス(三枚肉・ソーキ・軟骨)の大盛を啜るのが我が定番になりつつあったが、その日は朝食を腹に入れていたため空腹感皆無でスルーしていた。

 私は太陽が出ている間は1食しか腹に入れない。沈んでから3食以上腹に入れる。ちなみに前夜の〆は沖縄そばではなく、深夜2時のステーキセットだった。

 胃もたれ激しいが、沖縄そばを啜り、出汁を味わうことで粗治療できるかもしれない。大サイズを購入し、出汁を注ぎ、紅生姜をぶち込んでベンチに座る。

 出汁を啜る。……。笑みがこぼれる。外は快晴。暑くも寒くもない最高のコンディション。そばの喉ごしも気持ちよい。量もちょうど良い。1切れの練り蒲鉾が嬉しい。

 ちなみに一緒にレジに通した袋麺はインスタントかつ具もなく、自分で調理せねばならず、スープの粉末だが約100円。比較することの意味を感じないぶっちぎり感がある。

 大満足で啜り終えると、Nカウド氏が登場。超多忙そうである。挨拶してほんの少し談笑し、次年度の再開を誓ってお暇する。

 11時ごろ那覇空港着。広瀬氏と別れ、空港内ファミマへ直行。沖縄限定のおにぎり軍団を6ヶ捕獲する。勢いあまって「沖縄そば(5袋入)」@T洋水産バージョンも入手。

 那覇空港から飛び立つ前に空港内のファミマで捕獲する行為が完全に我がルーティンに。ファミマ沖縄おにぎりは2ヶ食べれば満腹になる。

 普段はいくつか空港内で頬張るのだが、つい1時間ほど前ベンチで沖縄そばを啜ったため空腹感ゼロ。この日の夜から明日の夜までひたすらポーク玉子おにぎり&ファミマおにぎりだ。

 この日に捕獲した6品は「ベーコンチーズハンバーグ」「チキナー」「ポークカツカレーたまご」「シーチキンマヨネーズ」「タルタルフィッシュ(新発売)」「油みそ」。

 チキナーは比較的あっさりだが、ポークカツカレーたまごのボリュームと濃厚さは他の追従を許さない。温めた方が旨いが、冷めても抜群である。ちなみにカロリーは1ヶ500キロカロリーを軽く超えている。

 この日は売っていなかったが、「おむササ(ガーリック)」も侮れない。字面だけでは想像すらできないだろう。
 
 沖縄はダメ人間を太らせる魔力がある。ところが、沖縄県人であまり太っている方をたまたまなのか見かけない。太っているのは私のような内地人が多い気がする。

 カバンの中に数種のポーク玉子系おにぎり。ずしりと旨い。どれから食べようか。機内でホット珈琲を味わいながら思案するのも、我が沖縄からの帰路の楽しみの大部分である。M星とT洋水産の沖縄そば袋麺も食べ比べ対決せねばならない。審査員は私一人ですが。

190616沖縄C.jpg
150円の至福。

190616沖縄D.jpg
完全に激ハマリ。
posted by machi at 10:56| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

第2213夜:おにぎりジャンキー【沖縄・那覇空港(沖縄)】(前編)

 <中央マート>。コンビニやスーパーが近くにない沖縄県胡屋地区の食品スーパー、コンビニ、弁当&総菜、コピー機などを取り扱う、分類不能の地域に欠かせないインフラである。

 沖縄には独特の風習がある。合格祝いや墓参りなど、お祝い事や親族が集まる場合に総菜オードブルなどを発注して大宴会するという。

 前夜は深夜2時のステーキセットの好影響で胃の中で熱き鉄球が暴れまわっている胃もたれの朝。H瀬氏と<中央マート>へ。目的は一つ、オーナーのNカウド氏にご挨拶するためである。
 
 氏は我が沖縄ミッションにおいても中心的な人物であり、人脈も広く経営者としても一流。聡明さと陽気さをハイレベルに融合させた県内だけでなく全国的にも稀有な御仁である。

 前日は合格発表のため氏はオードブルの発注と配送が集中し、我が昼ミッションでも夜の懇親会でもお会いできず。ちなみにその2か月前、ナKウド氏行きつけの熟女スナックへ10人以上で乗り込んだ。

 店に入る。氏は不在だったが、キッチンでは多くのスタッフが忙しそうに働いている。店頭に置かれているベンチでそばらしきものを啜っているオヤジがいる。

 氏と連絡が取れ、間もなく駆けつけるという。その間、店内を物色する。沖縄限定販売という「沖縄そば」@M星を2ヶ購入。

 私はカップ麺よりも袋麺を愛する。袋よりカップの方が旨いと感じるのはどん兵衛(きつね・天ぷら)@N清食品と長崎ちゃんぽん@Mルタイだけ。袋麺は常にレギュラークラスを8〜10種自宅にストックしている。

 ちなみに我が不動の袋レギュラーは「チキンラーメン」「出前一丁」「サッポロ一番(しょうゆ・みそ・塩)」。余談ついでに‘ポロイチ’の中では私は「しょうゆ」派である。

 準レギュラーが「チャルメラ」「好きやねん」「マルちゃんカレーうどん」「エースコックワンタンメン」「棒ラーメン(マRタイ)」。

 我が自宅近くのスーパーはこれら不動と準レギュラーが揃っている。不在のブツは現地または他の店で捕獲する。その代表格が「うまかっちゃん」「沖縄そば」。神戸人にとっては一撃必殺の外国人助っ人でもある。

 うまかっちゃんの定番はまだ捕獲容易だが、久留米バージョン、熊本バージョンになると一気に希少種になる。

 沖縄そばの明J版を2ヶかごに入れ、総菜コーナーへ。愛してやまぬポーク玉子おにぎりを2種発見。マヨと紫蘇昆布。ジューシーおにぎりもついでに購入。胃もたれも解消されるであろう正午過ぎ、フライト前に空港で頬張る作戦だ。

 店内を再度見渡す。カップに入った沖縄そばが視界に。大サイズ150円。カップヌードルサイズはわずか100円。保温ジャーからスープをぶっかけるセルフスタイルである。〔次夜後編〕

190612沖縄@.jpg
なくてはならないインフラ。

190612沖縄A.jpg
笑みがこぼれる。

190612沖縄B.jpg
手を伸ばさずにいられない。
posted by machi at 06:10| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

第2212夜:続・教官になれたら【沖縄(沖縄)】

 おつまみ幕の内。鉄火巻、天ぷら、玉子焼、ポテトフライなどが一つの重内で小宇宙を形成している沖縄市胡屋地区アーケード商店街内<一本槍>の必殺定番メニューである。

 気温25度とは思えぬ肌寒いある3月中旬の沖縄市の黄昏時。定宿にチェックインした後、呑み仲間7人が集う<一本槍>へ足を運ぶ。

 オリオン生で乾杯し、3杯目からはジョッキにそのまま泡盛ボトルを注いで鯨飲。おつまみ幕の内を皮切りに、ソーメン&フーの2大チャンプル、謎のソーキ煮などに舌鼓。何を喰って呑んでも旨く、お値段も謝りたくなるほどの格安。毎回大満足させて頂ける。

 2軒目は4人で<酒BAR利加>。ママとはすっかり顔なじみ。「お帰り!」と言っていただけるのが嬉しい。

 キープしている響をロックでヤリつつ談笑していると、急に店内が華やいだ。A●A現役CA・Y村嬢がJC理事長を引き連れて降臨。女神の笑顔に隣に座るオヤジ(私)は下腹部に力を入れ、腹を1pひっこめた。

 しょせん私など国内限定だが、全世界を飛び回る激務のY村嬢はスケールが違う。1年間の研修(?)を終え、2019年4月から本格的にCA業務に復帰されるそうだ。

 乗客にはいろんな輩がいることだろう。めったに国際線など御縁のない私だが、稀に機会があると機内食をツマミにひたすらダラダラと呑み放題のビールなどを鯨飲。CA様はいつまでたっても私の空食器群を下げることができない上、私と目が合うたびに私からアルコールを要求される。最悪の部類に入っているのかもしれない。

 機内での喫煙が話題になった。Y村嬢はこれまで数千回の搭乗で1度だけ喫煙野郎にぶち当たったことがあるという。

 喫煙野郎への対処方法(マニュアル)が面白い。とてもここで書けないが、逮捕されるかされないかの分岐点をご教授頂いた。参考になるが、実践に結び付けるわけにはいかない。

 Y村嬢が喫煙者を注意する仕草を実演して下さったとき、胸がときめいた。下腹部にさらに力をこめ、もう1pひっこめた。

 この日は深夜2時過ぎに目覚め、ひたすら起きてPCし、沖縄へ飛んできた。時間は深夜1時半。24時間一睡もしていないことになる。さすがに瞼が重くなってきた。我が生涯、あと何年残っているか知らないが、現役CAと酒席を共にする最後の記念となった。

 代行で帰宅する女神と別れ、珍しく空腹を感じたらしい本来体調絶不調のH瀬氏と24時間営業の洋食&ステーキハウス<フリーダム>へ。我がホテルから歩いて30秒ほどの危険すぎる深夜の魔窟である。

 二人ともステーキセットを注文。談笑していると程なくしてブツが飛来。大きなステーキと付け合わせのポテト&コーン、ライス、サラダ、スープがついて1300円。券売機スタイルである。ソフトドリンクもついてくる。私はアイスティだ。

 レアステーキの半分を塩、残り半分をステーキソースに垂らし、ワシワシと頬張っていく。我が奥底に眠る太古のDNAが野生に還る。

 肉を喰らっているという満足感と、深夜2時前という背徳感。この2つが絶妙の味のスパイスである。体重は間もなく夢の0.1トンに届く位置につけている。

 この私の教官的な男らしさに、女神(Y村嬢)は靡いてくれるだろうか。

190611胡屋@.jpg
3回に2回はこのお店へ。

190611胡屋A.jpg
定番中のド定番。

190611胡屋B.jpg
リカママのお店にて。

190611胡屋C.jpg
深夜2時の背徳。
posted by machi at 16:05| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

第2211夜:馬喰鯨飲と減量の両立【小倉(北九州)】

 <天穂>。テンスイと読む、小倉魚町サンロードの超人気焼肉店である。

 2019年2月の最終日。2018年度北九州ラストミッションを終え、縁の下の力持ちの御仁たちとこの店へ。私は初訪問である。M渡アニキがコース料理を予約してくれていた。呑み放題付きである。

 小倉は焼鳥屋と焼肉屋が異常に目立つ。最近は寿司の街としても名を上げているという。

 私は寿司と天ぷらだけはカウンターに拘りたい。この日は焼肉モードだった。前日は神戸新長田の20年通っている鮮魚居酒屋<あみさき>で刺身(烏賊・帆立)、穴子天ぷら、エビマヨで万全の体制を整えた。

 生でガツンと乾杯。サラダの後の一発目は焼きしゃぶである。その前に、謎のチューブ状のゼリーのような食感だが苦くてマズイ物体を手渡された。

 チューっと吸い込む。生ビールで流し込む。食事前に摂取するとダイエットの効果が謎の物質らしい。説明を聞いたが肉に気を取られ、あまり頭に入ってこない。

 美しい霜降り。さっと焼いて、卵の黄身を絡めて喰らう。……。ほっぺた落としである。

 辛口タレ&大蒜、レモン、塩などを駆使し絶品の何とか牛を食していく。かなりのボリュームである。オヤジになるにつれ霜降りが厳しくなってきたが、キムチで口内をキリっと引き締める。

 ホルモンも含め、ありとあらゆる高級な部位を腹に入れた気がする。ハイボールのピッチがマッハに加速。

 あっという間に呑み放題ラスト時間。石焼ビビンバで〆る。願わくばテールスープあたりがあれば……。もっと高いコースにはついてくるのかもしれないが、私たちが頼んだ匠コースもとんでもない満足感とコスパである。

 2軒目は当然のごとく<ムーラン>。M渡アニキ秘蔵のプレミアムな赤ワイン、焼酎、日本酒を鯨飲。最初の赤ワインが食道あたりに残っていた霜降りの脂を洗い流していく。浦霞のひやおろしの口当たりと喉通りの良さに激しく首肯する。

 冷やしトマトやししゃもをツマミながら、謎のダイエット食品を入手する。フコダインという強そうな成分であり、凄まじく効果が高いという。ただし、どこまでいっても健康食品であり、劇的な望めないそうだが、継続することに値打ちがあるという。

 これでいくら馬喰鯨飲を繰り返しても、盤石である。その勢いを駆って、〆は<力ラーメン>で豚骨ラーメン。泥酔してほとんど記憶にない。しかし、記憶にないということは、私の中で存在していないということ。つまり、ゼロカロリーである。サンドのD達さん、いかがでしょう?

190610小倉SCC.jpg
190610小倉SC@.jpg
190610小倉SCB.jpg
190610小倉SCA.jpg
肉フェス状態。

190610小倉SCD.jpg
190610小倉SCE.jpg
いつも本当にありがとうございます。
posted by machi at 07:11| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする