2018年05月18日

第1948夜:基地返還後の世界【宜野湾(沖縄)】

 ぎのわんヒルズ通り会。広大だが返還され撤去工事が急ピッチで進む米軍普天間基地を国道81号線で挟み、端から端まで20分、約1.5qにおよぶ通り会(商店会)である。

 ナイチャーにお馴染みのソメイヨシノではないヒガンザクラが咲く2018年2月上旬の私にとっては肌寒い、ウチナンチューにとっては極寒の夕方。私は宜野湾市へ初上陸した。沖縄3大神宮とされている普天間神宮寺隣りのお寺集合だ。

 プロ野球キャンプの聖地でもある沖縄県。宜野湾はセ・リーグのスマホゲーム会社が拠点としている。今回は通り会しか訪れなかったからだろうが、すぐ近くの沖縄市と異なり歓迎ムードは1oも見られない。

 通り会の会長、副会長にご案内いただく。見晴らしが良く、さすが国道であり車両通行量が多い。地元普天間高校の下校時間と重なったのか学生の姿も多くみられる。通り会はいかにも老舗な店構えや思いっきりアメリカンに振り切れた個性溢れる店が混在。飲食より物販比率が高く、空き店舗もほとんど見かけない。ホントかどうか知らないが、路駐OKという。

 1oも韓流とやらに興味がない私は恥ずかしながら存じ上げなかったが、通り会のGンザレス女史が営む<ZUMI CAFÉ>は韓流ファンの聖地らしく、その知名度は沖縄本島のみならず 日本全国、世界にも広がっている。原色でカラフルで遊び心に満ちたおもちゃ箱のような店。我らはオヤジ6人は明らかに浮いているが、若い女性も楽しそうに目をキラキラさせている。

 珈琲をいただきながら打合せや意見交換。店の名物料理が続々運ばれてくる。絶品のクラムチャウダー、独特の甘みがあるオリジナルの超ミニハンバーガー、そして見た目はタコライスだが何とかというメキシコ料理。軽食で満腹になってしまう。

 19時からお寺の本堂で勉強会が開催された。講師は熊本市のU木氏。見事なお話の後、皆さんと宜野湾(ヒルズ通り会)の強みやチャンスは何か、ポストイットで意見交換する。

 基地の跡地活用の効果が読めないらしい。大学病院や高校移転などで50haに及ぶ敷地の8割の使途が確定していることにも驚きだが、活用方法によっては無限の可能性を秘めている。

 そして、通り会の役員や組合員の皆様が若い。会場を提供してくださったご住職も熱心に必殺ワークショップに熱心に参加。実に一体感のある素晴らしい通り会。段取りも完璧だった。

 このバカブログがアップされるであろう日から恐らく2か月前の2018年3月頃、何かの道路が開通し、那覇空港から宜野湾までなんとたったの20分程度で行けてしまうという。

 翌日に北海道富良野市へ飛ばねばならず、その夜のうちに那覇市内へも戻らなければならなかった。ホテルがないそうだが、もし機会があれば次回は通り会の皆さまと酒を酌み交わしたい。ちなみにお寺の隣のホテルは商店主曰く「連れ込み専用」とのことだった。

180518普天間@.jpg
広大な普天間基地。撤去中。

180518普天間A.jpg
基地の対面に伸びる「ぎのわんヒルズ通り会」。

180518普天間B.jpg
韓流の聖地であるそうな。

180518普天間F.jpg
店内はカラフルなおもちゃ箱。

180518普天間C.jpg
180518普天間D.jpg
180518普天間E.jpg
旨し絶品料理。

180518普天間G.jpg
沖縄で神社は珍しい。島内屈指の格式を誇る普天間神社。


posted by machi at 09:27| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする