2018年05月11日

第1943夜:鵜住居だより〜5年ぶり【釜石(岩手)】

 ラグビーW杯。2019年に日本各地で開かれる4年に1度の祭典である。2015年大会のジャパンによる南アフリカジャイアントキリングは今思い出しても震えるほどの感動を覚えた。

 日本各地何か所で開催されるのかは存じ上げないが、その中の会場の一つが釜石である。それも大津波で甚大すぎるダメージを被った鵜住居地区である。

 釜石は新●鐵&ラグビーのイメージが強い。しかし今はそれほどでもない。釜石は大津波から1か月後に数時間だけ足を運び、1年半後、釜石市の鵜住居地区を半年間担当した。

 それから約5年ぶりの釜石中心部、そして鵜住居へ足を運ぶ機会を得た。新日●つながりで提携を結ぶ北Q州市役所のK本氏が志願兵として釜石に滞在しており、氏を訪ね北Q州黒崎のU野氏&入E氏が釜石入り。私もたまたま三陸に滞在していたので、彼らに合流した。

 すべてを最優先して誘致したっぽい<イオ●タウン>、日曜ゆえか大盛況。私も色々思うことはあるが、市民生活が向上するなら……。ただし、三陸商業施設復旧第1号でありシンボル的なイメージの大槌町<マスト>は苦戦を強いられている。商圏が思いっきり被っている。

 5年ぶりの中心部は「ホテルが増えたな」が第一印象だ。当時は街中に2軒しかなかった。釜石で空いてなく大槌や山田、遠野で泊まったことも。最近(2018年2月)になりようやく予約しやすくなったらしい。商売繁盛は結構なことである。

 一方、仮設商店街は遠目からだが5年前と変わっていないようである。仮設は残っているが店舗は移転、廃業等で仮設店舗のシャッター街になっているようだ。

 車で20分弱の鵜住居へ。懐かしいと感じる前に、自分がどこにいるのか分からないほど盛り土や高台造成、道路整備が進んでいる。「鵜住居の悲劇」となった避難施設は解体され、小学校と中学校が再建。周りには公営住宅や戸建住宅が見える。

 災害復興`戸建て´住宅も多数あり、そのような建物は初めて観た。鵜住居神社の位置は変わらないが、私が面談した店舗も数多くは仮設のまま。5年前と全く変わっていない。

 「鵜!はまなす商店街」は私のミッション中のメイン基地。駐車場は除雪の形跡がなく、張り紙を観ると移転や廃業がほとんどで誰もいない。日曜日だったからか。

 ラグビー場は思いっきり建設中。間に合うのか不安になるほどの進捗ぶり(2018年2月上旬現在)だが、座席数15000。ノンビリ気質の東北人だが、勤勉である。気合一発間に合わせるだろう。

 私が5年前の訪れたちょうどのタイミングで、鵜住居のラグビー場計画と市中心部のイ●ン計画が持ち上がった。被災商業者との勉強会の合間に、何度もこの2点について市や会議所と話し合った記憶がある。当時のこのバカブログにもこのことを触れていた。

 鵜住居の町が復旧し、最後の復興のシンボルとして競技場が完成したら拍手喝采である。ちなみにW杯終了後の活用は未定という。

 2012年当時はともかく、5年間ぶりに足を踏み入れたヨソモノ(アヅマ)に意見する権利もないが「鵜住居の復興なくして釜石の復興なし」。これぐらいは申し上げてもよいだろう。

 ラグビーW杯が釜石市民の、鵜住居町民の心を一つにし、復旧復興へのギアを一丸となって加速させることを祈るばかりである。

180511鵜住居A.jpg
復旧の途上。

180511鵜住居B.jpg
建設中のラグビーW杯会場。

180511鵜住居@.jpg
幾度となく足を運んだ「鵜!はまなす商店街」。
posted by machi at 07:18| Comment(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

第1942夜:大・成・功【宮古・釜石・遠野・花巻(岩手)】(後編)

 後部座席のドアが開き、I江氏が乗り込んでくる。全く私に気付かない。すでにバレていてわざとスルーされているのか。

 氏の方を向き、フードを外す。それでも気付かない。肩を叩く。氏がこちらを向く。思いっきり目を剥き絶句している。氏は大きな荷物が後部座席に置かれていると思っていたらしい。

 時間差でU野氏が助手席に。走りだそうとしても全く私に気付かない。普通にK本氏や入E氏と会話し始めている。驚かすつもりが何故か不安な気持ちになってしまった私は、シレっと会話に参加する。数秒後、U野氏は眼を剥いて絶叫気味に振り返った。

 2日前からK本氏と綿密に仕込んだ。バス時刻表トリックと、いるはずがないという心理トリックを組み合わせた一世一代のドッキリトリック。大成功のようである。

 K本氏運転で釜石市内を視察し、花巻空港へ。途中、遠野で遅めの昼飯&昼呑を決行。遠野といえば民話かもしれぬが、ジンギスカンも北海道に次いで熱い。<遠野食肉センター>は広い店内だが大流行り。10分ほど待って着座する。

 最初I江大統領が花巻でわんこそばをリクエストしていたそうだが、わんこでビールなど呑めぬ。全力で却下し、ジンギスカンに切替。私は遠野へ幾度となく訪れ数回泊っているが、遠野ジンギスカン童貞だった。期待に鼻が膨らむ。ちなみに遠野に羊はいない。

 一番搾り生で乾杯。落ち着いて周りを見渡すと、愛してやまない遠野産ホップ一番搾り「生」があった。前夜もこの生を宮古で満喫したが、本場の遠野で呑む爽快感とプレミアム感は他の追従を許さない。いくらでも呑めてしまう。空港に向かわねばならぬため食事時間は1時間もなかったが、6杯ほどノドに放り込む。呑み比べるとその旨さがさらに際立つ。

 ラム肉は柔らかくクセが少なく絶品。羊の脂が染みた野菜も絶品。キムチを時折箸休めに運び、生ビール、生ラム、時々野菜を繰り返す。タレは辛口で。卓上の塩&胡椒もバッチリだ。

 もう店を出ねば間に合わない時間に。出ようとしたら注文したことを忘れていた肉が続々登場。すぐ焼ける肉(ラム肉)は一気に焼いてビールで流し込み、時間がかかりそうな肉(骨付き)は持ち帰りに。急ぎ過ぎて持ち帰ることを忘れ、店員さんが車まで走って届に来られた。

 運転手のためビールを断念しライスに挑んだK本氏のスバルは軽快に空港へ。私は伊丹行き、お二人は名古屋小牧経由便。たまたま同じ出発時間だった。その日は日本中が雪で大荒れ。三陸は何故か異様に暖かい陽気だったが、神戸も北九州も三陸より5度以上寒いヘンな真冬日。花巻空港離発着瓶も朝から遅延していた。

 私も両氏も敢えて飛行機が遅れることを願った。その分、空港搭乗ロビーで出発時間まで2次会できるからだ。しかし、我らの両便は気合の定時運行。素晴らしい神対応だが、普段と異なり有難迷惑な気分に。呑んだくれの気分は天候以上に移ろいやすいようである。

180510三陸B.jpg
180510三陸C.jpg
遠野産一番搾り「生」をヤリながら遠野ジンギスカンを大満喫。
posted by machi at 08:02| Comment(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

第1941夜:大・成・功【宮古・釜石・遠野・花巻(岩手)】(前編)

 「まちづくりくろさき」。北九州黒崎の活性化を縁の下から下支えするまちづくり会社である。そのツートップ(入E氏&U野氏)から宮古滞在中の早朝、携帯に着信が鳴った。釜石滞在中であり、宮古へ向かっている途中という。二人とも私と同様の鯨飲野郎。酒量は半端ない。

 本来なら二人と宮古で鯨飲したいが滞在時間は正味90分で釜石にとんぼ返りせねばならぬ。久々に酒を酌み交わせずに残念だが、ミッション開始時間までならご案内できそうだ。

 入E氏は大津波の年の秋の復興市にて、現地マネージャー育成事業の研修の一環として宮古入り。被災者を元気づけるべく「一人よさこい」をステージで演舞したが、あまりのシュールさに宮古人が誰もついていけずダダ滑り。その夜の懇親会で落ち込んでいた姿が思い出される。パンチU野氏は初の宮古入りだ。

 私は毎週のように北九州へ通っているが、黒崎を拠点としているお二人となかなかお会いできる機会がない。まさか、宮古で会えるとは。ちなみに両氏が北九州に帰られた翌日、私は追いかけるように北九州入りする。

 小雨降る商店街をご案内。特に入E氏にとっては懐かしい御仁たちと邂逅。宮古ラーメンを啜っていただきたいが、早朝ゆえ空いている店は魚菜市場のみ。私は煮干しラーメンのあっさり、お二人はこってりをウミネコ啜し、車で10分のウミネコ飛び交う浄土ヶ浜へ。

 何故か暴風雨。観光バス2台停まっていたが、観光客はみなゲストハウスに引き籠り。ウミネコのミャーミャー叫ぶ声を聴きながら浄土ヶ浜を発ち、街中に送ってもらって再会を誓う。

 その翌朝。私は盛岡経由で花巻空港へ向かう予定を変更し、釜石経由に切り替えた。お二人と生ビールをヤるためである。お二人は私がとっくに7時半のバスで盛岡へ向かっていると思い込んでいる。私は7時半のバスに乗ったとFBに記したが、行先は書いていない。たまたま同じ時間に釜石方面へ向かうバスが全く同じ7時半出発だった。

 ちなみにJR山田線および釜石線は復活せず、三鉄に移譲することが決まったらしい。現在(2018年2月現在)は宮古〜釜石間の公共交通はバスしかない。しかも直通がなく、思いっきり路線バスで<道の駅やまだ>で乗り換えねばならない。

 所要時間は2時間15分。距離は50qだが、その倍の宮古〜盛岡間バスと同じ時間掛かってしまう。ちなみに宮古駅から釜石駅まで乗りっぱなしだったのは私一人だ。

 志願兵として北Q州市役所から釜石市へ出向しているK本氏が駅に迎えに来て下さった。氏の車でお二人が泊っているホテルへ。さあ、ドッキリの始まりである。

 私は黒のコートのフードをかぶり、後部座席にシレっと座っていた。二人がワゴン車のトランクを開けて荷物を詰め込む。私は思いっきり見えているはずなのだが、黒フードが座席と一体となり気付かないようである。仕掛け人の私もドキドキだ。〔次夜後編〕

180509三陸A.jpg
黒崎のお二人が宮古を急襲。

180509三陸@.jpg
浄土ヶ浜。

posted by machi at 12:08| Comment(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

第1940夜:鯨と鬼【宮古(岩手)】

 寒波到来のある2月の冬の夜。末広町商店街青年商業研究会ツートップ(O田氏&Y下氏)と勉強会終了後、夜の帳へ。雪が降ってきた。宮古は極めて雪が少ない北の国だが、深々と降り続いている。向かった先は超絶人気店<umeyasu>。梅酒が三陸最強に豊富だが、料理の見事さも壮絶。店頭の「くじら」と記された力強過ぎるノボリが一際目を惹く。

 寒いので男山の熱燗で乾杯。O田シニア氏も合流。オススメメニューに目移りだが、「鯨料理」が圧倒的。数ある中から特撰刺身、ユッケ、ジャーキーを注文。チーズたっぷりピザ、烏賊塩辛、砂ずりペペロンも追加召喚だ。

 お通しも気合がこもっている。何かの魚の箱寿司。ピンク色が悩ましいほどセクシーだ。自家製塩辛の旨さは熱燗のピッチを雪崩のごとく加速させる。

 特撰鯨刺身が浮上。尾の身と赤身。たっぷりの薬味付。色鮮やかで鮮度の良さがにじみ出ている。量もたっぷり。値段も信じられないほど安い。

 まずは尾の身。薬味をくるんで醤油にチョン付けし、口に運ぶ。……。蕩ける。脂のクドさゼロ。鯨の臭みも1oすら感じない純粋な旨み。全員が刮目する絶品だ。赤身は野趣あふれるが、鯨特有のクセが絶妙に昇華。薬味そのものも大蒜が効いて絶品。夢のようだ。

 ユッケもすごい量。黄身を崩すとさらにテカリが増す。褐色の濡れた肌を口に運ぶ。……。ムヒョムヒョと笑みがこぼれる。ジャーキーは柔らかく香ばしく、味の濃さが天晴。鯨の旨みを凝縮させている。熱燗でコピコピした口内とノド、食道を生ビールで洗い流す。完全にリセットし、一から始められる。熱燗と生を交互に繰り返す北国の至福。

 砂ずりペペロンもコクが深く、量も申し分なし。チーズたっぷりピザは蜂蜜が添えられている。ピザに蜂蜜?恐る恐る口に運ぶ。……。極上のデザートである。至上のチーズスィーツである。こんな食べ方があったのか。ケチャップを使わないからこその確変である。

 大満足で店を出る。積雪がキュッキュと気持ち良い。<マイフレンド>が雪のためか早じまいしていたのでスタンディングの<ラターシャ>へ。

 ディタソーダとラフロイグで談笑しているとあっという間に深夜0時を大きく回っている。お客もどんどん入ってくる。入れ替わるように外に出る。雪が雨に変わりつつある。

 解散して一人でコンビニへ。ポケットバーボンと肴の缶詰(粗挽チョリソー)を掴んでレジへ。保温ケースに豚まんが1ヶだけ鎮座している。豚まんが「私を奪って!」と白い肌に蒸気を立てながら色目を使ってくる。私はニヤリと心の中でウィンクをかまし、豚まんを攫う。

 ホテルまで歩いて3分弱。雪の降る極寒の北国の夜中に湯気煙る豚まんを頬張りながら歩く至福。旅情と哀愁と至福を噛みしめながら簡易ではない本格ビジネスホテルへ戻る。

 ポケットバーボンをグビリとやって体を芯から温め、缶詰をパカッと開ける。ミステリを読みながら、雪降る北国のホテルで暖房に身をゆだねながら、至福の鯨飲鯨喰である。

 翌日の夜。日中は激しい大粒の雨。日が暮れると、雨が大粒のみぞれに変わる。こんなに激しく降るみぞれは初めてだ。雪道がぬかるんで滑り、靴がズブズブと沈む。歩きにくさ鬼のごとしだが、這うように<のり平>へ向かう。

 中央通のS本姐さん、末広町のK子理事長、S香&太田の両親分とカウンターに陣取る。奇跡的に残っていた遠野産ホップ『生』を2杯一気にノドに放り込む。

 お通し(その夜は烏賊刺身&オクラ&メカブのネバネバ三銃士)、もつ煮込、おまかせ焼鳥(塩)、漬物などいつもの定番メニューをヤリながら談笑していると、ママがサービスなのかどうか分かぬが、巻寿司と鰯丸干を出してくれた。その日は節分だった。すっかり忘れていた。

 S本姐さんがコブクロに入れた落花生を配ってくれた。なんだこりゃ?首を傾げていると、「このあたり」では節分の豆は落花生らしい。後日友人から教えていただいたが、東北以東の節分は落花生らしい。分布図まで見せていただいた。南南東を向いて無言で一気喰い。焼酎湯割り移行。ボトルが2本空になったところで店を出る。

 <エルアミーゴ>でバーボンソーダをヤリながら我が世界最高ピザに落涙しつつ、私は似ていない下手なF畑任三郎のモノマネをしつこく繰り返しながらS香親分の某容疑を追い詰め、容疑が晴れたところで店を出る。みぞれも降りやんだ。

 宮古の最後の最後は<myフレンド>。2か月ぶりである。超絶に忙しかったようで、前の団体客が鬼のような勢いで呑んで食べて唄った残滓が色濃く残っている。

 カウンターに4人で座り込み、片づけを終えたママも交えて夜中2時前まで話し込む。酒は鬼濃アヅマハイボール。知らぬ間に角瓶から空になった。鯨を鬼のように喰った翌夜、鬼のように鯨飲。2017年度ラストミッション。愛する宮古に多謝。私は、果報者です。

180506宮古@.jpg
鯨の刺身。

180506宮古A.jpg
鯨のユッケ。

180506宮古B.jpg
ハチミツをかけるデザート風ピザ。

180506宮古C.jpg
夜中の雪道の豚まん。無敵。

180506宮古D.jpg
部屋に戻ってバーボンと缶詰晩酌。

180506宮古E.jpg
奇跡的に残っていた遠野産ホップ一番搾り「生」。

180506宮古F.jpg
節分ムード。

180506宮古G.jpg
<エル・アミーゴ>にて。

180506宮古H.jpg
私が世界で最も愛するアミーゴのミックスピザ。

180506宮古➉.jpg
2017年度の最後は<myフレンド>で。


posted by machi at 10:27| Comment(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

第1939夜:第三者事業承継のススメ【八尾(大阪)】

 <ツインズパパ>。JR八尾駅南口から幹線道路沿いに南へ徒歩10分弱に屹立する、二十数年来お客の熱い支持を得てきたケーキ喫茶である。

 諸事情で廃業を検討されている際、長年の常連客達の熱意と懇願により、第三者への事業承継を検討。あれよあれよという間に承継されることになったのが、八尾あきんど起業塾2017塾生の岩M女史。病院の食堂での調理経験など豊富な実績を有する彼女の夢はカフェの開業。様々な障害が立ちはだかったが、伝手を通じてツインズパパを引き継ぐことに。

 2017年8月から月2回ペースで、経験と実力充分の専門家の先生方による寄り添い型のサポートで開業前と開業後をサポートさせていただいた。2017年10月から3か月間、前オーナーから引継ぎを受けながらノウハウを学ぶ。

 大きな特徴は、常連客と岩M女史とのマッチングである。常連客にすれば、いきなり違うオーナーの店になれば屋号も内装もメニューも何もかも変わり別の店に。足が遠のくかもしれない。ところがこのシステムなら常連客にとっても移行期間と精神的な受入期間が生まれる。そして2018年1月から完全に独り立ちされた。

 ある1月下旬の昼すぎ。夕方から八尾市役所で打合せがあった私は北九州小倉から<ツインズパパ>へ直行。なかなか訪問タイミングがなかったのだが、ついに実現。地理感のない私でも迷うことなく一発で辿り着けた好立地。店舗前通行量も意外なほど多い。

 店に入る。事前訪問を告げておらず抜き打ちのようなスタイルだったが、奥から女史とアルバイト婦人が。市役所以外でお会いするのは初めてなのでヘンな気分である。店内はすべて女性客。がっちり顧客を掴んでいる。

 ランチメニューも素晴らしい。和風パスタ、キーマカレー、好きな惣菜5種選びなど迷わせる魅力が横溢。私はこの日の週替わりメニュー750円に。サーモンフライ、ホタテフライ、サラダ、五穀米(たぶん)、味噌汁、漬物、そして惣菜が2種類選べる。私は茄子の揚げびたしとピーマン&ササミのピリ辛い和えに。

 料理ができる間店内を見渡す。手焼きのクッキーが10種類以上。元ケーキ店らしく眩しいばかりのケーキ類。ご自分で焼いているそうだ。その技術も承継したのだろうか。冷蔵ケースにはケーキと手作り惣菜が混在しているシュールさ。その惣菜も元病院食堂関係者らしい激シブのラインナップだ。

 ブツが運ばれてきた。豪華である。まずはタルタルソースたっぷりのサーモンフライにかぶりつく。……。笑顔になる。どれも心がこもって旨くてヘルシー。心も体も暖かくなる。

 たっぷりナミナミ注がれたホットコーヒーを呑みながら女史と談笑。夢を実現した者だげか成し得る笑みが素晴らしい。常連客(いわゆる大阪河内のオバちゃん)とのコミュニケーションも完璧で「アメちゃんいる?」と手渡しされていた。元はケーキがメインの店なので異様に厨房が広いが、レイアウトを改善していけばさらに弾けるだろう。

 現状(2018年1月時点)の外観は思いっきりケーキ屋がカフェも併設しているという雰囲気だが、徐々にCAFÉ&ランチに比重を移行。2018年2月には看板も掛け替え、店舗名も新たに<CaféDeliツリー(仮)>として新たなスタートを切る。

 製造業における事業承継は親族や従業員へだが、後継者不在の商業・サービス業に関しては全くの「第三者事業承継」。まちづくり屋としての私のライフワークは「安全安心と賑わいの両立」だったが、2017年から新たに「第三者事業承継のシステム化」が加わっている。

 どちらも悩ましいテーマだが、まちづくり屋人生をかけて取り組む価値はある。現在の第三者事業承継は偶然の要素が強いため、システム化したいのだ。

 ぜひツインズパパ改め<ツリー>へお越しあれ。なぜその屋号なのかは、オーナーの岩M女史に直接お店でお聞きあれ。

180502ツインズパパ@.jpg
現在では看板が掛け変わっているはず。

180502ツインズパパB.jpg
魅力とヘルシーさを兼ね備えたメニュー。

180502ツインズパパA.jpg
激シブ総菜も充実。

180502ツインズパパC.jpg
質も量も満足。

180502ツインズパパD.jpg
珈琲もたっぷり。

180502ツインズパパE.jpg
ガンバってください!
posted by machi at 07:39| Comment(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする