2018年05月24日

第1953夜:とんかつ雨慕情【蕨(埼玉)】

 とんかつ。高級感と庶民性を兼ね備えたスーパースターである。私はかつ丼が大好物なのでとんかつ単品を頼む機会はあまりないのだが、たまにソースをたっぷり垂らしたとんかつで白飯をワシワシ頬張りたい欲求が押さえられない昼がある。

 あるどしゃ降りの3月上旬の氷雨な午後。蕨駅西口に降り立ち、ぶぎん通りへ。蕨屈指のとんかつ名店<嵯峨乃>さんへ足を運ぶ。この店、蕨の御仁たちから抜群に旨いとお聞きしていた。伝え聞くところによると、前店主が諸事情で廃業を余儀なくされる寸前、事業承継が実現してそのまんま復活したという。詳細は分らぬが、メデタイことである。

 13時前のどしゃ降りだったからか、ピーク時は外したようで店内は私一人。店先は老舗の風活と清潔な白暖簾が眩しい。店内は清潔感溢れ、独特の静寂が包んでいる。TVの音がさりげなく、居住まいを正してしまう。

 カウンターに腰掛ける。おしぼりが温かい。ランチタイムサービスがお得極まりない。とんかつ定食900円(税込)。普通なら1300円らしい。海鮮フライ定食(1780円)は1080円。700円以上もお得だ。他の定食も魅力的だが、初めての店はド定番に限る。とんかつ定食を頼み、1時間後にミッション開始なので当たり前だがビールは我慢し、ライスは大盛に。

 外から聞こえてくる雨の音をBGMにボンヤリしていると、ブツが運ばれてきた。思わず生唾をゴクリとする香ばしさと色気あるビジュアルだ。

 まずは味噌汁。出汁が効いて極上。思わずホワ〜と笑みが漏れる。かつはソースを多めに垂らし、練ガラシもたっぷりと脇に添え、噛り付く。……。サクサクのフワフワである。ジューシーで肉汁溢れる。脂の甘さも舌に溶けて上品。すかさず白飯で追いかける。

 口の中で肉の頼もしさ、脂の甘さ、油のコク、ソースの濃厚、衣の触感が混然一体。辛子のピリリも絶妙。味噌汁で洗い流すと目尻が下がる。キャベツも新鮮で瑞々しい。ポテサラも漬物も単なる添え物でなく、これだけでも一品勝負できる実力を兼ね備えている。

 大満足で味わい、再訪を誓いながらお会計。ライス大盛はサービスだった。感激が二乗に。素晴らしい接客に心暖まりながら豪雨の外へ。先ほどより暖かく感じる。

 ミッション開始まで30分ある。駅前のオシボリ付きで煙草も吸えるアメリカン180円、普通が200円珈琲の喫茶店へ。

 小学校低学年からグルメ漫画を読みふけっていた私にとって想い出深い作品がある。金字塔『美味●んぼ』の傑作が多かった初期。巻数も正式タイトルも失念したが、こんな話だ。

 とんかつ店を営む老舗老夫婦が廃業を余儀なくされた。その店に若い頃通っていて成功した紳士が、その味が忘れられなくなり老夫婦を探す。そして、とんかつを再現してもらう。

 これ以上はネタバレになるので控えるが、登場人物の会話がこの神回で交わされた。

「人間、毎日とんかつ定食を食べられるだけの収入があれば一番幸せ」。

 正確な引用を失念したが、大意はこのようなものである。この言葉が心に響き、それから30年以上、特段意識せずとも結果的に一つの目標にしてきた感がある。

 私は今、43歳である(2018年3月現在)。紆余曲折を繰り返し、絶頂までいかぬがそれに近い状況と掛け値なしのどん底を繰り返しながらなんとか生息している。蕨の老舗名店のとんかつ定食を毎日味わえる程度に恵まれた生活を送っている。ただし、サービスランチタイム以外は無理だけど。

180524蕨@.jpg
西口のぶぎん通りにある名店。

180524蕨A.jpg
最高。

180524蕨B.jpg
食後の一服。

posted by machi at 17:12| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

第1952夜:謎の新種ブタウナギ【蕨(埼玉)】

 ウナギイヌ。A塚不二夫先生ワールドで活躍する鰻と犬の混合種である。最近は見かけないが、ガキの頃はブラウン管の中でそのお姿を拝見していたものである。そして2017年2月、私はウナギイヌよりレアな種を発見した。「ウナギブタ」である。

 正式な学術名は「豚うなぎ」。生息地は埼玉県蕨市。それも蕨駅西口すぐの<S賀家>さん限定。創業明治23年というそば&うなぎの老舗店である。

 以前から蕨市に豚うなぎが存在するという情報は須G家さんの店頭ブラックボードで入手していた。ちなみのそのボードは昼間しか現れない。しかし、実際に目にするまではそのような新種の存在を認めるわけにはいかない。

 ある極寒の13時前。蕨駅西口に降り立ち、豚うなぎの生息地へ脇目も振らずに直行した。いつ絶滅するかわからない。または、これから多方面に繁殖していくかもしれない。こればっかりは生物の進化。神様の領域すら超えた領域である。私ごときに見通せるわけはないが、存在が確認できる時に出会わなければ一生後悔するかもしれない。

 ミッション開始は13時半。正味15分間しか私にはなかった。ブラックボード再見。しっかりと豚うなぎの存在を確認する。まだ絶滅していなかったようだ。ボードを改めて読み込む。

 本当の正式名称は「豚うなぎ丼」。単品で820円。そばセットで995円。ともに税込である。この微妙な値付けも珍しく、ギリギリの工夫が伝わってくる。

 そして、とびっきり大きな文字で「B級グルメ3位!!」。確かにB級グルメの香ばしさは漂っているものの、何の大会の3位なのかさっぱりわからない。蕨市内限定なのか、それとも埼玉の何かの大会か。B−1グラン●リの3位ならその存在は世界中に知られるところとなるからまさかソレではないだろう。

 店内に飛び込む。カウンターに腰掛け「豚うなぎ丼、お願いします」と声を発した。声のトーンが自然に抑え気味になる。少し気恥ずかしさを覚えてしまうのは何故か。

 すると「そば付きですか?」と聞き返される。確かにプラス175円でそばはお得だ。しかし私の持ち時間は注文から会計まで15分しかない。「単品で…」とさらにか細い声を発した。

 熱く香ばしいお茶を飲みながらぼんやり店内を見渡す。皆さん、そばや丼中心。豚うなぎなるものを食しておられる御仁は見かけない。しかし、冷静に考えると、老舗の鰻屋で注文するとかなり待たされる。私には15分しかない。大丈夫だろうか…。

 5分ほどで豚うなぎ丼が私の目の前にひょっこり現れた。味噌汁、生卵、漬物を従えている。「山椒をよろしければお使いください」。豚うなぎ、鰻かば焼のタレで焼かれたという。

 香り豊かな山椒をパラリし、新種を一口。……。濃厚な辛口タレである。信じられないほどご飯が進みそうだ。生卵はぶっかけず、最初は軽く溶いてすき焼のように肉を浸して口に運んでみる。……。辛さが中和され、マイルドなコクが口いっぱいに広がる。豚うなぎの量は申し分ないたっぷりさ。普通のうなぎ丼の3分の1程度の値段だろう。

 半分ほどになったところで、生卵をぶっかけてワシワシする。鰻丼で生卵ぶっかけワシワシ喰いなんてできない。このあたりがA級とB級の差なのかもしれない。

 食べ終えようとした頃、作業着姿のタフに日焼けした年配男性が入ってきた。どことなく「タイホするぅ〜」と拳銃を乱射しながら走り回る赤塚ワールドのお巡りさんに似ている。

 氏はカウンターに座るなり「豚うなぎ!」と店内に響き渡る太い声を発した。店員さんも笑顔で「いつものですね!」と応じている。

 私と氏は豚うなぎという新種を愛する同好の連帯感が本来発生するのだが、なぜか氏の堂々と男らしい所作に私は自分の小ささを痛感させられる。バカボンのママが近くにいればやさしく抱きしめられたいハジメちゃん気分である。

180523豚うなぎ@.jpg
新種発見。

180523豚うなぎA.jpg
B級というより、ほぼA級。
posted by machi at 07:22| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

第1951夜:センベロの夢と現実【川口(埼玉)】

 センベロ。1000円でベロベロに酔えるという触れ込みの居酒屋セットメニューである。店によって差異はあるが、ドリンク2杯+料理2品ほどが平均か。かなりお得である。

 川口市商連ミッション終了後の懇親会は毎回恒例の銀座商店街<ミルウォーキーズクラブ>。生ビールから始め、ピザ、ウィンナー、サラダなど満喫。それから超プレミアシングルモルトやバーボンに移行。商連T中会長K村副会長のボトルを毎回厚かましくガバガバ。ショット3000円はくだらない極上モノ。しかも、会費は毎回たった●000円。究極のセンベロだ。

 オーナーのS井氏が奥からどんどん珍しいボトルを持ってこられる。ユニークなラベルで発売当初は珍しくなかったが今やプレミアがついたボトル、市販していないボトルなど様々。価値も分らずストレートで鯨飲しているが、他の店ならいくらかかるか分からない。

 とびっきり珍しいボトル登場。世界に数百本しかないという幻のボトル。残りも多くない。特別に試飲させて頂く。ショットで銀座なら10万円は下らぬそうだ。震えながら舐めるように一口。……。我がバカ舌では表現できない。ほんの一口だけ舐めて同行氏らと回し飲み。

 このボトルも含め、数種類の観たことのないプレミアボトルがテーブルに無造作に置かれている。同行氏の一人が何気なく自分のグラスにドボドボ注いでいる。オーナーが絶叫した。笑顔とはいえ激怒。いかにこれが希少であるかと力説したが、注いだ酒は戻らない。全員同罪になるべく、全員で回し呑んだ。

 オーナーは開き直ったのか、それに負けないほどの珍しいボトルを奥から出してきた。さらに試させてもらう。ショット1杯3000円のウィスキーはすでに「もう、ご自由にどうぞ」という諦念を感じさせる退廃モードに確変だ。

 ストレートでバカバカ飲みすぎた。途中から味がわからなくなる。ギネスをチェイサーにしてのどと目を覚ます。会費●000円だったが、普通に会計したら会費10万円ぐらいだろうか。夢のような幸せ。これぞ役得の極みである。醒めてほしくない夢である。

 24時過ぎまで鯨飲し、お開きに。私は定宿のある西川口駅へ。駅についたあたりから記憶がない。ふと目覚めたらチェーン居酒屋のカウンター。女性店員さんに「大丈夫ですか」と起こされた。目の前にはホッピーと一人用の鍋があった。鍋、一口も手を付けず出汁も煮詰り目も当てられない状況に。どうやらフラフラと一人で飛び込み、寝てしまったらしい。

 チェーン居酒屋でよかったが、記憶無くして西川口最強の駅前地下のトラディッショナルバーで銘柄も確認せず好きなだけ鯨飲していたとしたら……。

 夢が醒めた。酔いも覚めた。ウェルカム・トゥ・ザ・リアルワールド。私の腕に走った鳥肌は、現実世界の証である。

180521MWCE.jpg
180521MWC@.jpg
180521MWCB.jpg
180521MWCD.jpg
180521MWCA.jpg180521MWCA.jpg
180521MWCC.jpg
普段見たこともない味わえない銘柄のオンパレード。

180521MWCF.jpg
ボトルのカオス。

180521MWCG.jpg
こんな本も。

posted by machi at 08:08| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

第1950:淡い誓い【富良野(北海道)】

 <コンシェルジュ>。2018年6月1日に富良野市新相生商店街にオープンする拠点施設である。ゲストハウスやレストランだけでなく、市役所商業関連部局や商工会議所も入居。フラノマルシェに続き、新相生だけでなく富良野活性化の新たな起爆剤として期待されている。オープンに向け、店舗同士の様々なコラボ企画が実現しそうである。

 2017年6月から新相生商店街にご縁をいただき、2018年2月が計7回の最終回に。懇親会はこれまで毎回異なる店だったが、私のリクエストで<鳥●い>に。2回目に訪れた店だが、KFCを駆逐したフライドチキン、若鶏炭火焼など感涙の絶品が忘れられない。

 実業家のN川氏が糖質やカロリー制限などで1か月半で10s以上ダイエット成功。そのコツを聞きながら生ビールをガンガンやり流し込みながらフライドチキンのかぶりつく背徳。

 2軒目は富良野で一番流行っているというパブラウンジ<ミ●ド>。奇跡的に座れたそうだ。時間制限のない呑み放題2500円。富良野ワインも込み。ソーダ割でふらのボールを満喫。ママの自家製漬物も絶妙に高難度の絶品だ。

 眼前にスナック菓子もあったが、何となく対面に座る身長体重が前はほぼ同じだったN川氏のスリムでシャープなシルエットが視界に入ると手が伸びない。これもダイエット効果か。

 夜中1時ごろお開き。再開を誓い合って三々五々。T一郎氏にオミヤでいただいた高級で希少な富良野ワインをリュックに背負い、富良野最強蕎麦屋の石D氏とブラブラ談笑しながらコンビニへ。氏と別れ、マルチコピー機のお世話になる。出張族の私には欠かせない。

 旅館近くや駅前にコンビニがなく、しかもマルチコピーを有しているのは私の知る限り3大コンビニだけ。どんなに呑んで、どんなに雪が降って足元が悪く、どんなに吹雪いてもこのルーチンは欠かせない。特に富良野ミッションでは翌日の業務に致命的なロスを犯してしまう。

 この夜も横殴りの雪が。気温はマイナス10度程度か。その前日はマイナス20度を下回ったらしい。その世界を体感してみたいが、雪なき世界に住む私のエゴ。

 コンビニを出ると、見ないようにしても視界に貼ってしまう赤バックに白抜き文字。<山●家>。深夜3時まで開いている。ダイエットの話を思い出しながら、なぜか旅館とは逆方向の山岡家に足が向いてしまう。入口に灰皿があった。吹雪の中、1本だけ燻らせて思案する。

 寒い、という言い訳。富良野ラストミッション、という言い訳。2017年度ラスト北海道、という言い訳。次回いつ道内入りできるか分からぬ、という言い訳。<●岡家>を啜れるタイミングが次回いつか分からぬ、という言い訳。

 「また負けてしまいましたが〜」と心の中で春一番のように顎を尖らせつぶやきながら券売機へ。ノーマルにすればよいのにネギチャーシューメンに。味付け玉子も追加トッピング。

 カウンターに腰掛け、ぼんやり調理を見つめる。5分後、ブツ降臨。あまりにもセクシーすぎる。湯気が冷えた顔を温める。胡椒を振り、紙エプロンも装着。後は一気呵成に熊啜り。

 麺を啜り終え、ネギもすべて腹に入り、焼豚、玉子も滅失。丼にはスープが3分の1ほど残っている。ニンニクと豆板醤をぶち込んで一気にスープを啜り上げようと口をつけた。その瞬間、先ほどのダイエット話を思い出した。

 私は過去最高ウェイトを絶賛更新中である。まもなく北九州小倉ワンハンドレッドクラブ入会資格を得ることができる。

 目を強くつむった。一口だけ飲んで、丼を戻した。ラーメンスープはラードがダイエットにヤバすぎと数時間前お聞きしたことを思い出した。よし、20s痩せてやるぞ。

 そういえば、意識していなかったが麺を大盛りにしなかった。スープも後ろ髪を惹かれながら残した。スープを残すなどラーメンを愛する御仁、おいしいラーメンを作って下さる店主たちへの背信行為以外何物でもないが、何かを捨てねばオトコは先に進めない。

 2018年2月8日現在、私のウエイトは93.5sである。過去最重量である。ちなみに身長は40歳を超えて縮み始め、43歳時点で169pである。
深夜1時半。ラードたっぷりの濃厚絶品スープを3分の1も残した。麺は大盛にしなかった。吹雪の中、タクシーに乗らず節約と運動のため10分弱旅館まで歩いた。幸先のよいダイエットチャレンジのスタートである。濃く固い誓いである。


(付記)
 それから2か月後。自宅で何気なく体重計に乗ったら、95.4sだった。あれ、おかしいなぁ……。

180520富良野A.jpg
180520富良野@.jpg
無敵のチキン2種。

180520富良野B.jpg
毎月ありがとうございます。

180520富良野C.jpg
2軒目は富良野一の人気スナック。

180520富良野D.jpg
ふらのワインをお土産に頂く。多謝。

180520富良野E.jpg
真夜中の抗えぬ誘惑。

posted by machi at 11:32| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

第1949夜:深夜のマチグヮ〜探検【那覇(沖縄)】

 <すん>。那覇市中心部の迷路のごとき複雑さと異様なまでの長さを有するアーケード街「マチグヮ〜」エリアに屹立する人気居酒屋である。平和通り商店街の皆さまと呑む際の一件目はこの店になることが多いので、市場通りと平和通りの間という分かりやすいようで分かりにくい立地だが、私も何度か訪れているので場所は完璧に把握している。

 ある肌寒い2月の22時半。普天間市から那覇市に戻ってきた私たち3名はミッション終了後のプチ打ち上げもかねて<すん>へ訪れた。沖縄料理たっぷりで店構えも観光客向けっぽいのだが、いつ訪れてもほぼ満席かつ地元民しか見かけない。地元の支持が分厚い店ほど我らナイチャー異邦人は得した気分になる。

 2時間飲み放題1500円というキラーコンテンツを発見。オリオン発泡酒の生で口火を切り、泡盛のソーダ割をグイグイ追加する。ソーミンチャンプル、もずく天ぷら、島らっきょう、ふーちゃんぷる、石垣牛たたき、海ぶどう……。毎週のように沖縄へ通っているが、思う存分オキナワを満喫する。

 24時半ごろお開きに。せっかくだからもう一軒。明け方まで開いてそうな店も数多そうだが、私が目当てにしていた店は明け方まで開いているはずだが、なぜかちょうど閉店したところだった。居酒屋探索ついでに、マチグヮ〜エリアを探検してみよう。

 同行2氏は実質的に真夜中の那覇アーケード街は初めてらしい。私は何度も歩いているが、今回は引率の立場。普段のようにただ金魚のフンのごとく後ろを着いているだけでは見えない風景が広がっている。

 それにしても独特すぎる世界観である。一人で路地に座り込んでいるオヤジ、店が狭すぎるために店外にテーブルとイスを出して盛り上がっている目視70代のオヤジと20代の女性……。那覇の夜は不夜城。眠らない街だが、それは松山エリアであってマチグヮ〜エリアは割と眠るのかもしれない。

 看板もユニークだ。日本一短い商店街という表記もある。中でも秀逸だったのが「鑑定 金玉 090−××××―××××」。金の鑑定なのか、それとも玉(宝石)の鑑定なのか、金運の鑑定なのか、それとも……。興味は尽きない。看板そのものが醸し出すショボさがあまりにも味わい深すぎる。携帯番号という点も激シブだ。

 その3時間前。沖映通りを歩いていると、マフラーを巻いた垢ぬけた中年男性が一人で携帯で話していた。その時間の沖映通りはあまり人が歩いておらず目立つ。

 何気なくその男性を見たら、石田J一氏だった。氏はどこに電話されていたのだろうか。もしかすると氏の暴れん坊っぽい「金玉」を鑑定してもらうべく予約されていたのだろうか。

180519那覇まちぐゎ〜@.jpg
沖縄料理とオリオン生。

180519那覇まちぐゎ〜A.jpg
深夜の冒険。

180519那覇まちぐゎ〜B.jpg
シュールすぎる看板。
posted by machi at 09:45| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする