2014年02月27日

第915夜:三島駅「沼津香まだい弁当」【Ekiben】

 「沼津香まだい弁当」。静岡県の三島駅構内で捕獲した期間限定弁当である。調整元は桃中軒様。2年前、同じく三島駅で捕獲した「港あじ鮨」(桃中軒)の感動が蘇る。(第483夜:三島駅「港あじ鮨」http://www.aho-boiled.com/article/271153203.html

 沼津は新幹線ひかり号が止まる三島駅の一駅横。新鮮な魚介と水揚げ港の印象強き魚好きのパラダイス。パッケージのピンクが鮮やかである。入手したのは1月下旬だが、春の近づきと訪れの息吹を一足早く体感できる見事なデザイン。思わず手に取ってレジへ。

 三島から新神戸まで2時間強の新幹線一人旅。パソコン仕事を片付け、京都の手前でようやく一息。午前中に静岡県御殿場市で絶景の世界遺産をたっぷり眺めた雲ひとつない晴れた冬の日。富士山を眺めながら酒を飲みたかったが、ご当地でその機会はなかった。

 三島駅売店で同じく捕獲しておいた地酒、その名も「富士山」を私は取り出した。ラベルに描かれた富士を眺めつつ、コップもないのでグイっとラッパ呑み。五臓六腑に染み込む。

 沼津ブランド認定品と印字された駅弁パッケージに目を移す。富士山の雪解け水が流れ込む駿河の海で育まれた真鯛は沼津港直送。激しく変わる水温と潮流で身が引き締まり、ビタミンB1、EPA、DHAなどよく分からぬがいかにも体に良さげな成分を真鯛はいっぱい含んでいるそうだ。鯛をシメる酢は静岡県産ダイダイを入れた特製酢というこだわりぶりである。

 パッケージを外す。……。美しき富士山の冬の雪のように真鯛がびっしり敷き詰められている。握り寿司ではなく、酢飯に昆布〆と炙り刺が乗っかっている。伊豆天城産の生わさびが入っており、中にすりおろし容器もある。これを使うとシャクシャクという音が以外と大きく響き恥ずかしいのだが、沼津に近い小田原あたりはワサビの産地。このこだわりが半端ない。

 すりおろし生ワサビは程良い辛さなのでそのままでも美味しい。醤油に溶かしてチョン漬けすると風味が倍増する。試しにわさびをそのまま齧ってみたが、辛いというよりヘンなエグミがあって苦いだけだが、すりおろすと最高に香り立つ。

 地酒をヤリつつ、まずは美しき昆布〆を刺身にように口に運ぶ。……。〆ることで歯ごたえが増し、風味が倍加する。白身独特の上品な甘さと香りがしっかり保持されている。鼻から香りが抜ける。地酒で追いかける。二足早い春の風が吹き抜ける。

 寿司めしの上にわさびの葉と茎が散らされている。おろし容器のわさび醤油をまんべんなく垂らし、チラシ寿司のごとく口に運んでいく。ガリの甘酸っぱさも真鯛の香りを引き立てる。外は1月だが、新幹線内の私の座席は3月の香りに包まれている。

 地酒300mlが消失した。まだい寿司も間もなく眼前から消える。あと少しで新神戸駅に到着する。午前中の富士山に思いを馳せる。駿河湾から望む富士山を脳内で独り占めだ。

140226沼津香まだい寿司@三島駅.JPG
すりおろしワサビが最高。

【ONLY POWER,NO BRAIN!】
ここ数年例のない大雪だった三陸宮古。業者も除雪慣れしておらず、屋根からは氷の塊がゴゾっと落下寸前。街中まるごとアイスバーン状態の様相だが、商店街の皆さんらが懸命に車道や歩道を雪かき。昨夜も会議終了後、フラフラとスケートリンクのようなアスファルトを滑走しながら2軒ハシゴ。今朝は強烈な日差しがホテルの窓から直射。一気に雪が溶けそうな雰囲気がなくもない宮古の朝。私の宮古ライフ、残り2日。今日も気合一発。皆さま、今夜もご安全に。
posted by machi at 07:27| Comment(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

第914夜:幻の富士山商店街【御殿場(静岡)】

 富士山。言わずと知れた唯一無二の日本最高峰である。象徴、信仰、魂であり続ける霊峰が2013年夏、世界文化遺産に登録されたことは記憶に新しい。自然遺産でなく文化遺産として登録にこぎつけたあたりに、オールジャパンな関係者の意気込みと執念が感じられた。

 富士山を冠にした様々なグッズや名物、取組は数知れぬが、あるようでなかった「富士山商店街」が2013年夏、期間限定で静岡県御殿場市に蜃気楼のごとく出現した。

 2014年1月下旬。前夜3時までS岡県庁の方々らと痛飲した翌朝。ホテルフロントで前夜一緒だった県庁K山班長とバッタリ。班長に御殿場視察案内をお願いし、快諾を得る。

 夜は気付かなかったが、富士山が雲ひとつない青空の中にハッキリと輪郭をあらわしている。稜線のわずかな凹凸まで目視できる。あまりにも近すぎて、富士山が低く見えるほどだ。

 2013年12月下旬に発表された経済産業省中小企業庁「がんばる商店街30選」に御殿場駅前の「(協)森の腰商店街」が選出。密接に連携する潟AクティブモコのO庭`超‘事務局長を飛びこみ電撃訪問。K山班長のおかげで様々な取組を快くお聞かせいただく。

 様々な取組の一つに前述の「富士山商店街」がある。各店「223(ふじさん)」や「3776(標高)」にちなんだセールやサービスを提供。毎日午後2時23分に富士山がエピ(施設)2階から見えなかったら割引セール、ラーメン富士山盛り(麺2.23玉)など凝ったものも。

 これだけなら珍しい取組とはいえぬが、唸らされたのは期間限定で商店街名を「富士山商店街」に変え、各参加店も屋号を富士山にちなんだ名称に変更してしまったことだ。看板も掛け替えたという。屋号の一斉変更など思いつきもしなかった。自由で豪快な発想である。

 まるやま→ふじやま登山入口店/ライム・すぎやま→ライム・ふじやま/エーストラベル→富士山トラベル/つちや薬局→富士登山元気補給基地/渡辺商店→峰富士子肉店//萬年堂→萬年富士/にく友→にく富士/亀屋書店→ガメラ書店/はしもとフラワー→ふじもとフラワー/……。全部ご紹介できないが、遊び心満載。店主の笑顔が浮かんでくる。

 地域核テナント「エピ」2階から富士山を眺める。……。これほど近くでじっくりと富士山を眺めたのは初めて。山の質感がそのまま体にぶつかりそうな迫力だ。裾野には広大な自衛隊の演習場が広がり、秘密基地を連想させる。火口からマジ●ガーZが飛びだしてきそうだ。

 楽しくも蜃気楼のような取組の他に、富士の裾野のようにどっしりした取組も展開されている。ポイントカード事業と買物弱者対策としての宅配および送迎事業を実施。採算が厳しい中、ポイントカードの収益を買物難民対策に還元している。宅配は商品1個からで、しかも無料。商圏も広がりはじめている。がんばる商店街30選も大納得である。

 期間限定「富士山商店街」。大好評のため、2014年3月再度復活する。2週間限定の蜃気楼。ぜひ静岡県御殿場市へおよれんせ。

140225富士山商店街@御殿場@.JPG
あるようでなかった「富士山商店街」。

140225富士山商店街@御殿場A.JPG
御殿場駅近くの商業施設から眺める富士山。絶景極めれり。

【ONLY POWER,NO BRAIN!】
「たけしの等々力ベース‘缶詰道’」録画を見ながら鯖水煮缶をツマミに岩手「吾妻峰」カップ酒とラム酒。ホロホロしながら『人としてブレている』(大槻ケンヂ 角川文庫)読了。大槻氏エッセイは思わず電車で笑ってしまう危険性を孕む魅力充満。6時間後に自宅を出て、8時間かけて岩手県宮古市へ。3年弱に及んだ「東日本大震災商業復興支援統括マネージャー」(全国商店街支援センター様)としてのミッション、2月末で完了。気合一発、最後のご奉公。宮古と関係なきブログ更新。皆さま、今夜もご安全に。
posted by machi at 00:05| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

第913夜:御殿場名物を探せ【御殿場(静岡)】

 御殿場みくりやそば。静岡県の富士山に近い御殿場(御厨・みくりや)地方に昔から伝わる家庭料理らしい。おめでたい日の宴のシメの一品として振る舞われるそうだ。麺に山芋を寝る込み、鶏肉、人参、椎茸を濃厚かつ甘めの汁でじっくり煮込み、そばにぶっかけて啜る。

 2014年1月下旬。静岡県小山町にてお座敷営業を終え、22時ごろ御殿場市のホテルに帰着、夜の御殿場散策に繰り出した。メンバーは東海道の暴れん坊・富士山まちづくり鰍フS野社長と秘書のS本譲、S岡県庁の陽気で有能な美人主査・S水嬢、他2名(O塚氏&S野Jr氏)だ。

 のどカラカラで空腹だが、どこでもよいわけではない。御殿場名物を、それが無理でもせめて静岡名物を満喫したい。散策するが、チェーン居酒屋は目立つものの、御殿場ムード満点の店があまり見当たらぬ。外は鬼寒。とりあえず開いていそうな居酒屋に飛びこんだ。

 生ビールで乾杯し、メニューを見ていろいろ注文する。どれも旨そうだし、実際に旨かったが、御殿場名物らしいものは見つけられなかった。静岡っぽいメニューとして、ホッピーと愛称抜群の黒ハンペン串カツを頬張る。私は静岡県内では「静岡割り」をいつも注文するが、そのような気分ではなかった。地酒または地焼酎気分だったが、残念ながらメニューになかった。

 オーダーストップなので1時間で店を出た。清M嬢の上司であるK山班長がこの呑み会のためだけに(たぶん)島田市から23時ごろ御殿場に駆けつけて下さった。ベテラン人気レスラー天龍●一郎氏のようなボディとヘアが存在感抜群である。そしてかなりの食通かつ呑んだくれである。氏は空腹だろうが、安易なチェーン居酒屋は許されない。

 23時。どこも閉店し始めている。安易にチェーン居酒屋で妥協しようとする私たちを後塵に、グイグイ前を進んでいく。中心部から外れてしまうのではないかと危惧しつつ必至で後を追うと、夜中1時過ぎまで開いているダイニングバーを発見。さすがである。

 店内に着席するやいなやとてもここでは書けないプチトラブルが発生したが、その被害者の肝っ玉のデカさのおかげで無事乾杯。その豪放さを若手2人は見習わねばならない。K山氏が注文する地酒を同じものを私も注文。カパカパやり始めた。途中からバーボンに切り替えた。

 本日中の富士市吉原地区帰宅を予定していた風邪ひきのS野氏らご一行は、帰宅を諦め呑みモードに。ジュニアS野のスベる話などを聞き流した後、夜中2時ごろ(たぶん)店を出た。それから近くのラーメン屋で夜中3時ごろまで餃子や焼豚を肴にビールを呑み直す。オトコ気ジャンケンで見事勝利した私が財布を取り出したあたりで、記憶が駿河湾沖まで吹っ飛んだ。

 翌朝、大浴場で酒を抜き、県庁K山氏の御案内で御殿場中心商店街を視察した後、解散。時間は12時前。電車出発まで10分間。ようやく空腹を感じた。駅構内の立ち食い蕎麦屋で天ぷらそばでも啜ろうと飛びこんだ私の視界に、御殿場名物「みくりやそば」のPOPが飛びこんできた。御殿場を立つ最後の最後で、旨し御殿場名物にありつけることができた。

140223チ●ポチョリソー(御殿場).JPG
御殿場名物?「チ●ポチョリソー」。

140223御厨そば(御殿場).JPG
御殿場名物?「御厨(みくりや)そば」(立食い)。

【ONLY POWER,NO BRAIN!】
伊丹のシアワセな呑兵衛イベントから帰宅後ダラダラと『しあわせの書 迷探偵ヨギガンジーの心霊術』(泡坂妻夫 新潮文庫)を読んでいると、花巻空港からTEL。紛失していた定期入れを清掃員さんが届けて下さったという連絡。多謝。「どうされますか?」「火曜日の9時半に直接花巻に取りに行きます」。まさにシアワセのTEL、紛失物発見の心霊術。今日は●●日ぶりに職場オフィスへ。今日も気合一発。皆さま、今夜もご安全に。
posted by machi at 08:22| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

第912夜:富士山と金時山【小山(静岡)】

 金太郎。少し前に大ブレイクした某アイドルのモノマネ芸人ではなく、日本昔話史上屈指のマサカリを担いだヒーローである。

 まちづくり用語では郊外都市における「金太郎飴現象」としてどちらかと言えばマイナスイメージで使用されることが多いが、そんな金太郎伝説に彩られた「金時山」が静岡県小山町にそびえ立つ。桃太郎は岡山、鉢かづき姫は大阪寝屋川が由来だが、 2014年1月下旬、この地が金太郎発祥の地とは、日本人として恥ずかしながら存じ上げなかった。

 北九州から新幹線や在来線をたっぷり6時間乗り継ぎ、富士山に近いJR御殿場駅に私は降り立った。乗り換え駅だった三島や沼津より明らかに寒い。小山町でタウンマネージャーとして活躍しつつあるO塚氏と合流し、氏の運転で小山町に向かう。およそ30分弱の道のりだ。

 人口2万人ほどの町である。中心部から1km離れた駿河小山駅は無人駅。私が訪れたのは水曜日。残念ながら定休日が多かったが、なかなか風情ある店構えである。しかし、飲食店が非常に少ないようだ。車中心のためか、呑み屋が少ないという。御殿場まで呑みに行かれる方が多いようだ。重要文化財に指定されている立派な古き良き建築物も高台にある。

 街なかだけ見学すると閑静でのどかな町だが、O塚氏および商工会役員の方に色々お話をお聞きして驚愕した。凄まじいほどの年間交流人口を有している。

 昔、小山は企業城下町だった。某製紙工場の大工場があり、人口10万人の時代もあったという。今は工場の整理統廃合で600人程度らしいが、工業団地もあり、企業が保有していた施設も様々な形に転用されている。その名残が至る所に散見している。

 町役場付近から離れていたので訪れることは叶わなかったが、F1開催実績を誇る富士スピードウェイが小山町にあるとは驚愕。F1開催時はとんでもなくタイヘンだったそうだが、今でも年間60万人は集客しているそうだ。近くにインターもできると言う。

 同じく年間60万人近い利用者を有する巨大霊園、売上好調らしい二つの道の駅、宿場町の名残が色濃いらしい須走地区、映画のロケでよく使用されている施設も数多いという。自衛隊の広大な演習場もあり、ゴルフ場も数多いそうだ。

 金太郎伝説だけでもスゴいことだが、極めつけがある。世界遺産・富士山である。その登山道を有し、山頂の火口部分の何割かは小山町にあるという。町としてはかなり裕福らしい。

 そんな小山町を舞台に、日本最先端のプロジェクトが静岡県、小山町および商工会、NPO東海道吉原宿で展開中。静岡県内の某地でタウンマネージャー修行を積んだヒヨコが、要望があった県内の他地区において職業タウンマネージャーとして派遣されるというシステムである。

 その栄えあるプロトタイプ第1号が、静岡市清水地区で製造・培養されたO塚氏。日本中が注目するタウンマネージャー育成&派遣システムの成果は、21世紀の金太郎(彼)次第である。

140222小山町から御殿場市へ.JPG
美女の挟まれている彼(O塚氏)の両肩に日本の職業人タウンマネージャーの未来が託されている。

【ONLY POWER,NO BRAIN!】
最近移動中のシラフの際の紛失物が多い。読みかけ本、切符(それも片道2000円)ならまだしも、昨夜はチャージたっぷりイコカやクレジットカードや現金や各種会員証や有効期限たっぷり定期券をぶち込んだ定期入れも花巻あたりで消失。少々凹み気味の日曜の朝だが、そんな憂鬱を吹き飛ばす酔っ払い天国イベントに参戦。清酒発祥の地・兵庫県伊丹市にて地酒に最も好適な肴(アテ)を選ぶ「第2回Ate‐1グランプリ」。昨年第1回に参加。これほど嬉しい楽しい大好き♪なイベントはあまりない。皆さま、落し物にはご注意を。今夜もご安全に。
posted by machi at 07:51| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

第911夜:風待ちの港【平戸(長崎)】

 渡唐大師。日本最高最強の密教僧・空海上人の尊称の一つである。遣唐使学僧として上人が唐に渡られた際の大活躍は大傑作伝奇小説『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す(全4巻)』(夢枕獏)に詳しい。では、上人は最終的にどこから唐へ渡られたのか。それは、長崎県平戸島である。

 空海上人が渡唐されてから1200年ほど経た2014年1月中旬。平戸のヨビャー雲水・T中氏の御案内で平戸島北部の田助地区を訪れた。カーナビがあっても到達困難なディープスポット。強烈なアップダウンを物ともしないお年寄りの健脚に驚かされる。

 遣唐使船の船出の地とされる平戸島北部の大久保町田の浦丘に、石造として日本一の規模らしい空海上人の立像がある。台座を含めると高さ16m。この地で空海上人が渡唐直前に「風待ち」のため滞在したという。ついでに文化開発に大きな足跡を残したとされる。「風待ち」とは舟がいったん停泊して風が収まるのを待っていたとされる寄港地のことらしい。

 舟の長期停泊場所には自然と色街が成立するのは人間の節理。上人の時代はともかく、21世紀現在その痕跡は表面上見られぬ。だが、平戸には陽性な「ヨビャー」なる独特の奇習が今も受け継がれているそうで、DNA鑑定機がぶっ壊れる可能性もあるという。ヨビャーの語源が何かは書き記すまでもないだろう。

 空海立像そのものは日本中にあるだろうが、おそらく平戸は世界最大。しかし、観光客が到達困難と思われる僻地にある。上人、気合のこもったポーズだが、どこか哀愁も感じさせる。

 近くの丘には某国家機密のレーダー基地が聳える。そこからは320度の絶景パノラマビュー。しかし、とんでもなく風が強い。粉雪が舞い散る。平戸の降雪はかなり珍しいという。さすが空海上人すら立ち寄ったとされる風待ちの地。指先と耳が痛いほどだ。

 冷え切った体には、熱々スープに浸った麺類である。空海上人も唐に渡った際、おそらくラーメンを啜っただろう。上人が持ち帰った様々な文化にラーメンも含まれているのではないか。日本独自の進化を遂げたラーメンの中でも、ちゃんぽんの進化ぶりは他の追従を許さない。

 平戸名物「平戸ちゃんぽん」の超有名店・木引田町商店街<一楽>さんへ。市役所正面にあり、地元の老若男女で満席だが、観光客も多いのだろう。順番待ちもできるほどだ。

 メニューを拝読。ちゃんぽんだけでもかなり種類がある。他の麺類や定食、丼の充実たるや空海上人も驚愕。平戸名産「あご」(飛魚)出汁ちゃんぽんにも惹かれたが、定番の「平戸ちゃんぽん」を選択。程なくして湯気モウモウで眼前に降臨。早速啜る。

 ……。長崎よりあっさりしている気がする。たっぷり野菜の旨みがスープにミルキーに溶け込んでいる。旨い。平戸ちゃんぽんはどの店もこだわりがあるようで、海鮮系もあれば豚肉勝負もある。ボリュームたっぷりで650円の幸せ。多様な文化を取り入れ独自の発展を遂げている。空海上人も絶賛間違いなしである。

140221空海像@平戸.JPG
海ではなく陸に向かって気合を放つ16mの上人。

140221田助地区からの眺望@平戸.JPG
日本屈指の景観地。

140221平戸ちゃんぽん@一幸(平戸).JPG
栄養満点、財布幸福、心暖体温。

【ONLY POWER,NO BRAIN!】
岩手県宮古市で好評開催中のまちゼミ。お客も店主も引っ込み思案が多い宮古で大丈夫かなとの危惧も一蹴。本当に素晴らしい事業だなと改めて実感。昨夜も我がボスや盟友と宮古のなじみの居酒屋でなぜか焼酎ボトル1本無くなってしまい、2軒目のBARで世界最強に旨いピザをツマミにウィスキー。そのBARでオリジナルの「毛蟹ピザ」を作って頂けることになり、今夜23時に再訪。ちなみに毛蟹が旬の宮古では、ただいま4ハイ1000円。宮古から8時間以内のお住いのピザ好きな紳士淑女、一緒におよれんせ。日本屈指に除雪下手な宮古は快晴。これから朝昼夜会議、時々まちゼミ他。タフな一日だが、今日も気合一発。皆さま、今夜もご安全に。
posted by machi at 07:40| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする