2013年04月30日

第711夜:にゃんとく太子と100円焼酎【斑鳩(奈良)】

 「にゃんとく太子」。JR法隆寺駅北口に広がる法隆寺北口商店街で産声を上げたゆるキャラである。斑鳩町ゆかりの聖徳太子が入滅してから約1400年。太子は猫に転生されたようだ。

 奈良県内のゆるキャラは、あまりユルくない面々が目立つ。奈良の仏教界を敵に回した「せんとくん」、アンチせんとくん派が擁立した「まんとくん」。このあたりの経緯は、壬申の乱や恵美押勝の乱といった古代奈良の政変を彷彿とさせて興味深い。

 斑鳩町にも公式ゆるキャラはいる。「リアルバゴちゃん」である。帽子が法隆寺、顔と体が柿というナゾのデザインで極めて機動性は悪そうだが、徐々に浸透しているのかもしれない。

 2013年4月上旬。法隆寺北口商店街の企画委員会に参加させて頂いた。テーマは、にゃんとく太子の着ぐるみを作るかどうか。作ったとして、どのような舞台に登場できるのか。

 一部もモンスター的人気を誇るゆるキャラ(ひ●にゃん・く●モン・トラ●キーなど)を除き、ゆるキャラ着ぐるみだけで集客することはハードルが高い。ご当地戦隊ヒーローなら芸ができるので人気沸騰の可能性はあるが、戦隊モノは人数もかかり、音楽や権利関係も含めていろいろタイヘンそうである。着ぐるみを作ることは、ゴールではないのだ。

 着ぐるみを作成する費用を棚上げし、まずは町民に浸透せねばならない。駅構内に看板設置、バナー、ノボリ、ステッカー、商店街共通レジ袋……。にゃんとく太子がとにかく目に入るようなブルドーザー的展開が不可欠である。それから、観光客を対象にしていく。

 聖徳太子は‘蘇’という古代の食材が好物とされており、今も現存する。これを用いてにゃんとく太子クッキーを作る。ターゲットは受験生。聖徳太子ゆかりの土産として受験の合格祈願として有効だろう。勉強疲れの脳味噌に甘いモノは効くはずだ。

 商店街の飲食店はこじづけでもいいから「にゃんとくセット」「にゃんとく丼」「にゃんとくラーメン」などをメニュー化する。とりあえず、鰹節を使えば何とかなりそうだ。彦根城に出没するひ●にゃんのように、定期的に法隆寺境内に出没できるようになれば一気に認知度は高まるだろう。ただし、天下御免の世界遺産。実現のハードルは高そうだけど。

 商店街の皆さま方との懇親会は日本中のロードサイドで展開する<和食さと>。普段FC居酒屋やファミレスを利用しない私は、斑鳩を定期的に訪問するまでさと童貞だった。

 ボリューム満点の一人鍋もおススメだが、何といっても焼酎が素晴らしい。1杯100円なのである。私は一回の注文で2杯頼む。鍋をつつきながら、100円焼酎。聖徳太子と反比例し、どんどん頭が悪くなりそうだ。

 ゆるキャラを作るより、商店主全員がにゃんとく太子の格好をして接客する。はるかにインパクトがあり、安上がりだろう。焼酎でトロンした帰りの列車で、悠久の飛鳥に想いを馳せた。

130430にゃんとく太子(斑鳩).jpg
ブレイク寸前、にゃんとく太子。生まれは奈良県斑鳩町「法隆寺北口商店街」。

一日一麺同盟フェイスブック⇒https://www.facebook.com/1day1noodle?ref=stream
posted by machi at 00:37| Comment(0) | 奈良県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

第710夜:鬼っ子も降参、250円ラーメン【茨木(大阪)】

 茨木童子。平安時代に京都を荒らしまわった鬼である。出生地には諸説あるそうだが(兵庫尼崎説・新潟長岡説)、大阪府茨木市が最有力ではないか。市内至るところで「茨木童子」をモチーフにした看板やミニオブジェ、石像を目にする。ゆるキャラとしても活躍しているようだ。

 平安時代。16か月の難産の末、生まれながらに牙が生え、すぐに歩きだして母親に向かって凄まじい目ヂカラでニヤリとしたため、母親はショックで死亡。持て余した父親は床屋の前に童子を放置。童子、悲惨な少年時代である。

 床屋で働いていたある日。剃刀で客の顔を誤って傷づけてしまい、指についた血をたまたま舐めるとその味が大好物に。以降、わざと客の顔を剃刀で傷つけて血を啜り続けた。

 それがバレて、育て親の床屋に思いっきり怒られた(当たり前だ)。川べりで凹んでいると、水面に映った自分の顔が鬼になっていた。さらに凹んで京都の山に逃亡し、酒天童子に出会って家来になって悪事の限りを尽くす…。余計なお世話だろうけど、不遇な幼少時代だったとはいえ、こんなとんでもないヤツを市のマスコットにして良いものか少々心配になる。

 阪急茨木駅とJR茨木駅の間に、市役所や公共施設、神社、アーケード型商店街が集中している。商店街はかなり賑わっている。他にも様々な産業振興のアクションプランが推進中である。茨木産さつまいもで仕掛ける「宙いもプロジェクト」、スィーツコンテスト、茨木バル、ヴィンテージカーショー…。商業者だけでなく市民が参画する様々なプロジェクトがたっぷりだ。

 茨木のある会議を見学させていただくことになった私は、阪急茨木駅到着後、15分の持ち時間しかなかった。その間に昼食を済ませねばならない。茨木童子のごとく鬼の形相で店を物色していた私の目に飛び込んできたのが、店の前面に思いっきり張り出された「ラーメン1杯250円」という信じられぬPOP。ガルルと牙を尖らせて<喜楽>さんのドアを開けた。

 カウンターに腰掛け、鬼の眼光でメニューを観た。様々な種類あれど、「あっさり醤油ラーメン 250円」の存在感に他が霞む。明らかにバイトにしか見えない若いお姉さんが調理から洗い物から会計からすべて一人で賄っている。

 その姿を見て、私の鬼のような心が少しほぐれた。それと同時に、250円ラーメンだけを注文することに申し訳なさを感じた。私は、低い声で「Aランチ」と発した。前述のラーメンにライスと餃子が付いて、わずかワンコイン(500円)である。申し訳なさが倍増した。

 運ばれてきた。……。ぶっとんだ。ラーメンは普通に一人前入っており、具も手抜きなし。ライスもたっぷりで、餃子は大きなサイズが何と5ヶも。焦げ目が美しい。

 ラーメンを啜る。……。私好みの醤油鶏ガラベース。あっさりだが深みのある味わい。餃子も申し分ない旨さ。私の鬼の形相が、恵比寿様になった。茨木童子も、血の味を覚える前に250円ラーメンを啜っておれば、更正して悪事を働くこともなかっただろう。

Resized_320_130326Aランチ@喜楽(茨木).JPG
驚愕ランチ、500円。鬼の目にも涙。

一日一麺同盟フェイスブック⇒https://www.facebook.com/1day1noodle?ref=stream
posted by machi at 08:33| Comment(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

第709夜:午前9時の大浴場【寝屋川(大阪)】

 寝屋川あきんど塾。年3回程度大阪府寝屋川市内の商店主を対象に開講されている商人塾である。私も過去、3度お招きいただいた。毎回9時終了後、懇親会になだれ込む。1軒目で終われば23時ごろにお開きだが、もう一軒となると夜中2時を軽く回ってしまう。

 神戸市内の西寄りに巣がある私にはとても帰宅できない。毎回、市役所の方にビジネスホテルの手配をお願いしている。部屋の広さや設備は別にして、大浴場が充実している。

 駅から近い、部屋が広い、安い、朝食付、Hビデオ見放題、支配人が地元有力者…。ホテル選択の基準やこだわり、好みは人に寄って千差万別だが、繁忙期は月20日以上ホテル住まいになる私にとって、疲れを癒す「大浴場付き」はかなり優先順位の高いコンテンツである。

 2013年3月上旬。夜7時半から90分間、一滴も水分を取らずひたすら漫談を続けた私のノドは悲鳴を上げていた。終了後、寝屋川市の部長様、課長様、係長様、担当様と旬の肴や定番が充実した私好みのシブい居酒屋の暖簾を潜った。生ビールがノドにキックしてくる。熱燗が胃の腑に沁み渡る。マジメな話とバカ話を繰り返しながら、杯を重ね続けた。

 男性陣は帰路に付き、紅一点のT並係長とすぐ隣のスナックへで夜中3時前まで鯨飲。何杯呑んだのだろうか。酔い覚ましにフラフラとホテルまで歩き、ベッドに崩れ落ちた。

 窓から差し込む光で目が覚めた。携帯で時間を確認すると、午前9時を少し回っている。土曜日であることに気づき安堵する。着の身着のまま眠ってしまったようだ。私は歯ブラシの後、備え付けの浴衣に着替えた。這うような足取りでホタホタと大浴場に向かう。

 サウナも露天風呂もある大浴場は誰もいない。かけ湯をして、露天風呂へ。じわじわと浸かる。目を瞑る。……。毛細血管が踊り出した。前夜のアルコールがトロトロと抜けていく。首と肩をコキコキさせ、手足を伸ばす。3月上旬の寒気が酒ボケして火照ったままの頭を冷やす。

 休日の朝に貸し切り状態の露天風呂で一人手足を伸ばす天国に身をゆだねながら、昨夜を振り返る。徐々に昨夜のことが思い出される。鯨飲20回のうち19回は記憶がないか、醜態を思い出しゲンナリすることばかりだ。思わず湯船に顔を付けてしまう。

 本来、大浴場は夜メシ前に利用し、すっきりしてから夜の帳に繰り出して生ビールがゴールデンコース。または目覚めの一発。だが、これらの時間帯はどのホテルの大浴場も混んでいる。

 夜7時から会合が多い私は、終了後そのまま鯨飲体制に移行。記憶をなくして奇跡的にホテルのベッドに打ち上げられたセイウチのごとく横たわっているのが通常。朝イチに目覚めることは不可能に近い。目覚ましを合わせ忘れることもしばしばだ。

 朝9時の大浴場。ほとんどの客はチェックアウトを済ませ、清掃の方々が活躍し始める時間帯。何ともいえない朝の気だるさが漂う大浴場は、酔っ払いダメオヤジの私にとって自己反省と至福が交錯する結界である。

130427寝屋川あきんど塾打ち上げ.JPG
シブい寝屋川の居酒屋にて。

一日一麺同盟フェイスブック⇒https://www.facebook.com/1day1noodle?ref=stream
posted by machi at 09:55| Comment(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

第708夜:8の付く日は瓢箪山へ【東大阪(大阪)】

 「8の市」。2013年度に東大阪市の近鉄瓢箪山地区で開催が予定されている定期市である。なぜ「8」なのか。この数字の形が地域のシンボル「ひょうたん」と酷似しているからだ。

 2012年8月から続いた瓢箪山商店街の若手で構成する「瓢箪山未来創生クラブ」対象の勉強会。その最終日が2013年3月7日に商店街事務所で開催。3色ポストイットワークショップによるテーマは「瓢箪山をさらに活性化させるイベント(祭り)とは」。

 「青」のポストイットにはやってみたい催し、これまで効果のあった催し、期待できる効果など。「赤」のポストイットにはやりたくない催し、これまでスベった催し、懸念される問題などをそれぞれ記載。「黄」のポストイットには良いか悪いか判断の付きかねる催しを記す。

 皆さん2度目の3色ポストイットワークショップである。テーマの難しさはさておき、慣れた様子でポストイットが模造紙の上を舞い踊る。

 新しくやってみたい試みの中で、大きく2点あった。一つ目はB級グルメ関連である。たこ焼屋が多いことにも着目だが、東大阪市全体でB級グルメと呼べるものがあまりないらしい。まずは瓢箪山で何かを開発することだが、地域住民の日常にいかに浸透するかが極めて肝要だ。

 2点目は「8の市」。名前の由来は冒頭の通りだが、瓢箪山地区のパワースポット・稲荷神社とも絡めている。様々な故事や由来を重ね連ね、「おついたち」のごとく100年200年先も賑わう宗教的な催しに育てていく方向である。いきなり大盛況というものでもないが、地道な継続、積み重ね、折れずブレないハートが必要だ。

 「ストリート結婚式」をウン十年ぶりに復活させたいという企画も挙げられた。岩手県宮古市の商店街で新成人や慶事祝賀があったおめでたい人を共に祝い祝われる「商店街レッドカーペット」が定着しつつある。

 瓢箪山でもレッドカーペットを敷きつめたいそうだが、踏切横断問題、それ以上にストリート結婚式を挙げてくれる独得な新郎新婦が存在するかどうかが課題だそうである。瓢箪山稲荷神社があるのだから、ぜひ「キツネの嫁入り」を実現していただきたいものである。

 他にも既存イベントをさらに活性化させたい意見もあった。七夕(夜市)の拡大、カラオケ大会と音楽祭の合同開催…。一方で触れてほしくない企画もたっぷりと挙げられた。ある人にとってはプラスの企画も、隣の人によってはマイナスになる。人間心理のアヤである。

 22時終了後、事務所で懇親会となった。自宅まで2時間かかる私は帰宅できず、職場から徒歩3分にある大阪十三のビジネスホテル(と思いきやラブホだった)に夜中1時にチェックイン。今後も瓢箪山未来創生クラブが継続し、今回提案された企画が一つでも実現してほしい。妙に広い総鏡張りジャグジー浴槽に一人で体を沈めながら、瓢箪山稲荷神社に祈願した。

130426瓢箪山懇親会(東大阪).JPG
瓢箪山未来創生クラブの皆さま

一日一麺同盟フェイスブック⇒http://www.facebook.com/1day1noodle?ref=stream
posted by machi at 01:36| Comment(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

第707夜:岡崎幕府の樹立【岡崎(愛知)】

 鰍ワちづくり岡崎。愛知県岡崎市の中心市街地活性化を担う、完全民間事業者100%出資のまちづくり会社である。2013年3月27日、創立総会で産声を上げた。岡崎出身の家康公が1603年江戸幕府開闢からちょうど400年後。三河武士ならぬ三河商人たちによる快挙だ。

 まちづくり岡崎の魅力を思いつくままに列記する。@事業者純度100%、A約60の出資団体(個人事業者含む)の参画、B月次キャッシュフローおよび5年間の収支計画書作成、C30代~40代半ばで代表取締役および取締役を構成、D重鎮が代表権を持たない会長、監査役、顧問に就任、E日本屈指に有能な女性事務局長、F市、会議所のバックアップ体制……。

 日本中でまちづくり会社が雨後の筍のごとく乱立している。メキメキと成長を続けている若竹もあれば、シナシナで伐採寸前青色吐息の枯竹も少なくない。まちづくり会社は行政に依存するのではなく効果的に連携しながら自立し、個店活性化(売上向上)と地域活性化(住民の利便性向上)を両立させながら「住みたくなる商業地域」を目指さねばならぬ。

 開闢評定の舞台は、岡崎市中心市街地の中華料理店<萬珍軒>。入念なリハーサルを経て、16時半総会開始。側用人(事務局長)・A野(♀)氏が司会を務め、議長に選出された征夷大将軍(社長)・M井氏、大老(専務)・S氏、筆頭老中(取締役事業本部長)・A井氏によって各種議案が報告。すべての議案が満場一致の裁きとなった。

 老中(取締役)に選出されたH谷川氏、A野(♂)氏、S浦氏が順に紹介される。大御所(会長)にS谷氏、大目付(監査役)にH間氏という重鎮を配備するなど盤石の体制。帝(岡崎市長)も御来臨賜り、祝福の御言葉を述べられた。早馬で届けられた祝電も紹介される。

 中華料理店の宴会場で創立総会を開いたので、終了後そのまま設立パーティに突入。酒の酔いも手伝い、何ともいえない高揚感に満たされている。

 11月から月2回、黒船として岡崎開城を促してきた私も総会およびパーティの潜入に成功。2次会、3次会まで御相伴に預かった。晴れの場に同席することが出来、至極光栄である。

 岡崎の酔っ払いの心を掴んで離さない<バイシャンタン>で辛味噌ごまラーメンを啜り、お開きに。日付が変わろうとしている。小雨も上がり、冷え込みも和らいでいる。ホタホタとホテルに一人向かいながら、今日の慶事に思いを馳せた。

 設立総会に至るまでに積み重ねてきた研究会で、本当に大勢の方がまちづくり会社プロジェクトに立場を超えて関わってきた。資本金わずかのまちづくり会社だが、多様なコラボレーションはきっと素晴らしい「化学変化」を生み出す。

 岡崎に限らず、まちづくり会社の持つ最大最強の経営資源とは何か。参画する多様な人材各々が持つ「知恵」、「人脈」、「行動力」、そして「地域への愛」。私は、21世紀型岡崎幕府の長期安定を確信している。今後のまちづくり会社の設立、運営モデルになることも。

130421まちづくり岡崎設立パーティ.JPG
鰍ワちづくり岡崎設立パーティー。

祝!「いいね!」100人突破!一日一麺同盟フェイスブック⇒http://www.facebook.com/1day1noodle?ref=stream
posted by machi at 21:24| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする