2023年02月07日

第3103夜:続・長く栄える町中華【栃木(栃木)】

 東日本屈指の町中華名店。ある秋の夜、腹の芯にブレぬ決意を固めながらブラブラと、はやる気持ちを抑えつつ蔵の街・巴波川沿いを歩く。闇夜に見えてきた。<長栄軒>が。

 飛び込む。1カ月ぶりか。前回は独りで昼に来て、夜も独りで来た。1日に2回も独りで同一店へ足を運んだのは人生初。会津若松の神明通りで昼と夜に同じ店に行ったことあるが、その際は私一人ではなく昼は会食、夜は宴会だった。

 どこに座ってもいいですよ、広いところでどうぞとこの前もおっしゃられたが、混みだして4人テーブル独占は気が引ける。2席しかないカウンターを陣取る。まずは瓶ビール。そして、1品目に頼むと決めていた餃子。

 メニューをよく見ると、2種類の餃子が。調理方法や味の違いでなく、個数が違う。5ヶが500円。6ヶが550円。500円までは1ヶ100円だが、6ヶ目だけが50円になる6ヶ入りを注文。

 王将で生まれ育った私にとって、餃子1人前という単位は6ヶと刷り込まれている。1人前を2人で、3人でシェアする際も割り切れる個数。「6」は平和の象徴的数値でもある。

 ビールと同時に、韓国海苔とキムチが。お通しではない、味わい深く泣けるサービスである。

 店内備え付けの下野新聞を読みながらビールをコップに注いでゴキュゴキュ。海苔やキムチで口を湿らせていると、ブツ降臨。美しすぎるビジュアルである。カリカリの褐色の肌。

 タレにラー油を垂らし、まずは1ヶ…。カリカリと後の、ジューシー。すごい。熱々で焼けた口内をビールで追いかけて冷やす。至福である。

 餃子が残り2ヶに。ビールも無くなった。この日が仕事が溜まっており、ホテルに戻ってカキモノせねばならない。ゆえに居酒屋でなく町中華で、ビールは2本までと決めていた。

 瓶ビール追加。2品目は、着座するまではカツカレーライス一択だった。しかし「ソース焼きそば(じゃがいも入り)」に惹かれた。じゃがいもが入ったソース焼きそばは栃木市名物。ビールにも合う。初志貫徹し、カツカレーにビールか…。

 私は土壇場で転んだ。カツカレーと言うつもりが「ソース焼きそば」と発していた。カツカレーは次回の愉しみに。

 餃子を食べ終え、キムチと韓国海苔をツマミにビールをヤッていると、ブツ降臨。たっぷりである。焦げたソースの香ばしさは鰻蒲焼クラスの破壊力がある。

 さっそく啜る…。好き。好き。濃厚なのにスパイシーでキレがある。

 ソース焼きそばにじゃがいもは必要か論争は、ラーメンに海苔、酢豚にパイナップルほど加熱しないだろうけど、栃木ではじゃがいも入りがデフォルトであり、正義であり、王道なのだろう。

 グランドホテル内居酒屋に続き2度目のじゃがいも入りソース焼きそば。昼よりも夜にビールやハイボールと合わせたい逸品である。

 すべて食べ終えた。ビールも無くなった。スープ50円に惹かれたが、店内はいつのまにか満席に。お会計を済ませて大満足で店を出る。

 闇夜の巴波川沿いを歩いてホテルへ。まさに小江戸な蔵の街。時代劇小説などで、町民が酒を呑んでフラフラ酔っぱらいながら気持ち良さげに歩いているシーンを体感できる。

 ただし私の読む時代小説はミステリか伝奇だけなので、気持ち良さげな独り酔っぱらいを待ち受ける未来は悲惨で目も当てられない結末ばかりだけど。

230207栃木@.jpg

巴波川沿いの至宝。

230203栃木A.jpg

ビールを頼めば無料サービス(たぶん)が2品も。

230204栃木B.jpg

美しすぎるフォルム。

230203栃木C.jpg

栃木名物・じゃがいも入り焼きそば。

230203栃木D.jpg

風情ありすぎ。

posted by machi at 09:34| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月06日

第3102夜:商店街を応援する団体を応援する商店街【小倉(北九州)】

 北九州まちづくり応援団。2007年に設立された第3セクターである。数年前までは小倉と黒崎に拠点があったが、黒崎が閉鎖され小倉に一本化されている。

 北九州まちづくり応援団は魚町エリア活性化を中心に2022年度から活動されている。しかし、諸事情あって大きな転換期を迎えていた。

 私は2011年度より北九州と本格的に御縁を頂戴するようになった際、北九州まちづくり応援団の「黒崎チーム」と懇意にしていた。小倉チームとは2022年夏まで全く御縁なかった。

 そんな折、魚町商店街振興組合理事長かつ福岡県商店街振興組合連合会トップであるK理事長の仲介で、2022年秋からまちづくり応援団(小倉チーム)の経営戦略立て直しに携わることに。

 最初戸惑った。まちづくり応援団が本来応援(支援)するはずの商店街側(魚町商店街)からの応援アプローチ。応援支援の関係性が逆転している。

 検討の詳細や過程、方針や目標は企業秘密ゆえここでは明かせぬ。しかし、終了後の呑み会が楽しみで本ミッションをお受けしたようなものである。

 K理事長とはこの数年、夏と冬に2回酒席をご一緒するのが恒例定番に。それが、毎月ご一緒できる。理事長の知識、知見、行動力、胆力、そして人情は他の追従を許さない。

 宮古のS香理事長、会津若松のD平理事長を加えて小倉魚町のK理事長は私がこれまでお会いした「化け物」クラスの商店街理事長である。

 何とか方向性が見えてきた全5回シリーズの2回目終了後、理事長たち4人で魚町サンロードの2階の焼鳥屋へ向かうが満席。商売は立地が基本だが、立地や視認性を上回る何かがあれば店はハネるものである。

 馬借方面へ。大好きな<和や>へ向かうが休み。すぐ近くの焼鳥居酒屋へ。かなりのオオバコなのでまず断られることなし。なかなかの賑わいだが、掘りごたつの4人席へ通された。

 1杯目だけは口頭で、以降は料理も飲み物もタッチパネル。パネル操作は応援団(会議所)の若手に任せ、生で乾杯。後はひたすら私はメガハイボール鯨飲。焼鳥、ポテトフライ、鰆炙刺、ミートスパゲティ、玉子焼きなどに舌鼓。話題は諸芸百般に。

 驚愕のメニュー発見。「牛レバー刺し」。目を疑った。それを思いっきり本日のオススメに、活字で躍らせている。

 十年以上前、牛レバー刺しは提供禁止に。日本中の牛レバ刺し愛好者を悲嘆させた天下の悪法。ちなみに鶏と馬のレバ刺しは規制対象外。いつの間にか、牛の規制が解除されたのか。

 胡麻油にたっぷり浸し、口へ…。至福。牛に優る生レバなし。たまに、焼肉屋で鮮度最高のレバーが出てきたら、焼かずに口に運んでしまう。完全に自己責任である。しかし、はっきりとメニュー化されているのなら。特にアングラの店でもなく、由緒正しい歴史ある人気店である。

 メニューをよ〜く見たら「生食感 低温調理」とあった。まさか加熱していたとは。超絶の技術に呆然。日本中の焼肉店、居酒屋にこの調理技法の取得を希望する。

 魚町エリアだけでも4つの商店街や魚町エリア応援組織がある。旦過市場にも新たに旦過総合管理運営鰍ェ設立され間もなく2年を迎えようとしている(このバカブログをアップ時)。

 市場や商店街を支援、応援するまちづくり会社。その会社の根本部分を応援・支援する商店街。絶妙の補完作用であり、独特なウィンウィンの関係である。

230206黒船@.jpg

夢の調理技術。歩みをやめない人類の進化の象徴。

230206黒船A.jpg

ポテトフライは我が血肉。この数年、とうもろこしの天ぷらにもハマり気味。

posted by machi at 06:26| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月05日

第3101夜:お店が発表する不人気メニュー【会津若松(福島)】

 凄い氷雨。郡山からバスで会津若松・神明通り商店街に14時半過ぎ着。隣接する定宿にチェックインできるのは15時。昼メシがまだゆえ、ラーメンを啜りたい。可能であれば喜多方を。

 商店街アーケードを超えてちょっとだけ歩いたところにラーメン店があったのを思い出す。何度か前を通ったことがある。しかし、14時半に開いているかだろうか。激しい氷雨ゆえ、ずぶぬれなのに入れなかったときのショックは計り知れない。

 迷ったら、GO。座右の銘に従い向かう。数カ月ぶりに履いた革靴もびしょ濡れに。店が見えた…。暖簾が出ている。「営業中」の札が掛かっている。思わずガッツポーズ。店内に飛び込む。

 大将と女将さんが切り盛りしている様子。店内は誰もいない。もしかして昼休憩のタイミング…?どうぞ〜と中へ通された。安堵感で心が満ちる。

 水と漬物(胡瓜)が運ばれてきた。酒を頼んでいないのに、嬉しいサービスである。

 メニューを観る。かなり豊富である。小さな字でびっしり。老眼鏡を取り出すのが面倒。

 最初に視界に入った6種類990円均一のセットメニューがあった。中でもAセットは「当店自慢の組合せで超お得 当店一押し」とある。構成は4種類のラーメン(会津醤油・喜多方・味噌・塩)から一つ、後は餃子2ヶにミニチャーハン。

 初めての店では店の一押しに従うことは天地開闢以来の理。ラーメンは、喜多方だ。

 水を飲んでいると、テーブルにPOPがあった。会津ラーメンと喜多方ラーメンの違いが詳細に記されている。やっぱり違うのか。

 再度メニューを熟読。麺類だけで30種類ぐらいあった。餃子も焼き方で5種類、他の単品も10種類は超えている。すべてのメニューに説明書きがある。6種類のセットの中に、学生限定の特別メニューも。学生を応援するお店はこれまでの経験上、絶対にハズレがない。

 何より驚かされたのは、すべてのメニューに「人気度」が★の数で記されている。こんなのは初めて観た。私が頼んだセットは★が6つの最高クラス。気になって目を通す。5つ星もあるが、リアルに3つ星、2つ星も。そして、星が無いメニューがあった。

 お店が発表する人気ゼロメニューは「ミルクラーメン」「餡かけチャーハン」。ちなみにミルクラーメンの説明は「牛乳需要促進」。SDGs過ぎて笑ってしまった。人気ナンバー3ぐらいまではお店が公表することあれど、人気のない商品を公表しているメニューやポップなど未経験。

 全く飽きさせないメニューに夢中になっていると、ブツ降臨。ラーメン、焼飯、餃子。この3種が同じタイミングで出来立てが登場することにも凄い技術と年季である。

 喜多方、たっぷりである。焼豚も大きくて分厚い。胡椒パラリ、まずはスープ……。目を細める。旨い。これぞ、喜多方。麺もつるつるのモチモチ。焼豚も噛みしめるほどに味わい深い。

 途中、餃子を挟む。1ヶ目は醤油とラー油で。2ヶ目はそれに酢を追い足し。カリっとジューシー。旨い。この店はラーメンと餃子がウリのようだ。

 麺を啜り終えた。残ったスープをおともに、チャーハン。これが泣ける旨さ。チャーハン単品大盛りで勝負したい絶佳っぷり。夢中で喰い終える。スープを飲み干す。夢心地である。

 水を飲みながら営業時間を再度確認する。昼の部は15時半までで、15時がラストオーダー。喰い終えた時間は14時55分。ギリギリだった。

 究極のメニューを発見した。「会津醤油ラーメンと喜多方ラーメンの食べ比べセット」。990円。次回は絶対にこれを注文する所存。そのためには、14時半までに絶対に神明通り商店街へ到着できるスケジュールをくみ上げねばならない。

 その夜は神明通り堂平理事長とサシ呑み。呑みながらいろんな話に改めて驚愕させられた翌朝。この日は神戸に戻るだけ。ホテルチェックアウトは10時。

 昨昼感動した<関さん>は11時半オープン。どこか喫茶店で1時間半ほどPC猿打し、会津醤油と喜多方を食べ比べるか。

 旨し店、美味しラーメンとの出会いは一期一会。会津には今後も1年半にわたり月イチペースで足を運ぶゆえ、機会はあるだろう。しかし、いつ隕石が衝突するか分からない…。

 しかし、二日連続では感動が薄れるのではないか。果報は寝て待て。丸坊主の後ろ髪を惹かれながら、私は神明通り商店街から郡山へ向かうバスに乗り込んだ。

230205会津若松@.jpg

神明通り商店街からすぐの超名店。

230205会津若松A.jpg

衝撃のメニュー、その1。

230205会津若松B.jpg

衝撃のメニュー、その2。

230205会津若松C.jpg

1番人気。

230205会津若松D.jpg

その日の夜、その1。

230205会津若松E.jpg

その日の夜、その2。

posted by machi at 09:30| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月04日

第3100夜:きままに福福【田辺(和歌山)】(後編)

 かぶりつく…。単なる豚肉ではない。フワフワとした旨みと濃厚なコクが加わっている。

 旨い。しかし、私はフォアグラのような肝臓ではあるが、フォアグラそのものをほとんど食べたことがないのでせっかくの味が分からない。豚に真珠、猫に小判、アヅマにフォアグラである。

 深夜1時に近づいてきた。両隣は塩ラーメンを注文。私は塩よりも圧倒的な醤油派。しかし、さすがに喰い過ぎて麺が入らないかもしれない。しかし、醤油スープは飲みたい。ハイボールのツマミにチャーシューは齧りたい。

 醤油ラーメンのラーメン抜きを注文。一瞬戸惑った顔をされたが、笑みを浮かべられた。初めてお会いしたが、たっぷり20時から1時間話し手(若社長)と聴き手(アヅマ)の関係ゆえ許される(だろう)無法。

 私は過去、田辺で明け方3時か4時まで開いている<一吉>へ行けば、カツカレーうどんのうどん抜きを注文する。それも夜中1時頃。オトコの本能が「ヌキ」が頼ませるのか。

 ブツ降臨。透き通った醤油スープにチャーシューが沈んでいる。ネギが鮮やか。啜る…。五臓六腑と毛細血管に沁み込む。日中の蒸し暑さから夜は肌寒くなり秋の気配濃厚な深夜1時。

 若社長は福福を5年ほど前にオープンした後、田辺市域に紀南初の横浜家系ラーメン店を開業。市役所の移転を見越して唐揚げ専門店もオープンさせた。

 創業の店「福福」では醤油と塩の2種類ラーメン。ここに家系が加われば……。

 私が愛してやまないご当地ラーメン御三家が喜多方、佐野、横浜家系。宮古、旭川、酒田、北九州あたりが続く。田辺に来たら<きまま>で馬喰鯨飲し、<福福>で絶品中華をツマミにハイボールを鯨飲し、横浜家系で締める…。全身フォアグラ化間違いなしである。

 翌朝。自宅より遥かに眠りが深い。6時半起床。ユニットバスで酒を抜き、1階で無料朝食バイキング。ここの朝食は温かく心こもっている。エサ感皆無である。

 8時15分に会議所N本氏がお向かえに。30分で白浜空港。時間に余裕があれば、昨晩話し手を務められた女性氏が創業した駅前商店街のパン屋さんに飛び込みたかった。次回の楽しみに。

 空港へ向かう途中、草むらに話題の統一な協会の巨大ビルが屹立していた。今まで気づかなかった。新たな観光名所なのかもしれない。

 飛行機は1年半以上ぶり、J●Lは2年半以上ぶり。登場手続や各種検査のやり方を忘れていた。コロナ前は毎月どころか毎週のように飛行機を利用していたのに。 

 9時20分テイクオフ。1時間ちょっとで羽田着予定。1年半ぶりの飛行機、よく揺れた。この揺れが懐かしい。ゆりかごのような気分になり、テイクオフ直後から爆睡。着陸した衝撃で眼が覚めた。

230204田辺J.jpg

フォアグラ入り。

230204田辺K.jpg

麺ヌキ。

230204田辺L.jpg

気づけば手前の御両人とは古い付き合いに。

230204田辺M.jpg

定宿から。

230204田辺N.jpg

喰い過ぎ。

230204田辺O.jpg

コロナ禍以降、初JAL。

posted by machi at 11:10| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月02日

第3099夜:きままに福福【田辺(和歌山)】(前編)

 <福福>。紀州屈指の歓楽街・田辺味光路にて遅くまで営業する中華居酒屋である。

 まだ蒸し暑い秋の夜。約1年ぶりに紀伊田辺へ。10年近く続く恒例の年2回の田辺入り初日である。秋が来たなと感じるわが風物詩。帰ってきた感すらある。

 駅前商店街を歩いて我が田辺の定宿<アルティエホテル>直行。フロントでは受付氏が笑顔で「あっ、どうも。いつもありがとうございます」。名乗る前からルームキーを手渡して下さる。帰ってきた感じ、増し増しである。

 19時から2022年度田辺創業ゼミ開講。初回はおそらく8年連続ぐらいで毎年私が担当。前半は私の漫談。メインの後半は田辺市内で創業されたお二人と私のトークセッションも定番。

 今年度はともに30代前半の男女。男性は田辺地域で5年間で3店舗経営で30人を雇用。女性は5年間で2店舗経営で10人を雇用。

 どちらもお若いが、素晴らしい。戦略を練りつつ展開してきた男性氏と、ノリと勢いで創業した女性氏。両極端だが、それが良かった。二人ともスムーズに的確に話されるから時間が余った。

 21時終了。ブラブラ歩いてお楽しみの<きまま>。ママの明るく元気そうな顔を見るとこちらも元気に。帰ってきた感、特盛増し。

 連合会T中副会長。まちづくり会社O崎専務、会議所N本部長と麦焼酎のソーダ割にママの手作り梅干落としをジョッキで鯨飲。チーズハンバーグが白眉。他にも煮物、揚物、最高である。何かの白身魚の酢〆が目を剥く上品さと美味さだった。

 時間は23時に。次月の予約をして店を出る。もう一軒。紀南最強の歓楽街・味光路はモロのバカウィルスの影響を被っているようで、外は人が歩いていない。飲食店も2回転しないので早じまいが目立つ。スナックからも歌声が聞こえてこない。

 そんな中でも夜中1時、2時まで酔客のために暖簾を出し続けているのが、中華居酒屋<福福>。2時間前、私と創業希望者の前でトークセッションして下さった31歳若社長が経営する。社長、お店におられた。私はハイボール。両隣は生ビール。

 かなり満腹だが料理を注文。トークセッション登壇の女性氏がこの店のオススメとされていたのが「レタスの湯引き」「麻婆豆腐」。美女のオススメを頼まぬ選択肢はない。

 レタス湯引き、シンプルだけど奥深い。味が重層的。麻婆はぐっつぐつ。ダチョウ倶楽部の皆さまも絶対NG。小皿に取り分けて少し覚ましてから味わう。麻辣が激しい本格派。ライスぶっかけも旨そうだが、ハイボールが凄まじく進む。

 頼みたいメニューがあった。「フォアグラ入り黒酢酢豚」。全く想像つかない。頼まずにいられない。オーナーや両隣と談笑していると、降臨。4つの塊、迫力である。〔次夜後編〕

230202田辺@.jpg

2022年度も開講。千客万来。

230202田辺A.jpg

若き創業者。すでに完全な経営者に。

230202田辺B.jpg

<きまま>で乾杯。

230202田辺C.jpg

安定の絶品おばんさい。

230202田辺D.jpg

白眉のチーズハンバーグ。

230202田辺F.jpg

私のサラダ。

230202田辺E.jpg

ママの本領発揮。何かの白身魚の酢締め。

230202田辺G.jpg

いざ2軒目へ。

230202田辺H.jpg

レタスの湯引き。女性大人気も超納得。

230202田辺I.jpg

マグマ。

posted by machi at 07:25| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする