2021年09月19日

第2775夜:任意出頭【戸畑(北九州)】(前編)

 梅雨の中休みだった北九州市13時30分。イオン戸畑に隣接する戸畑警察署に出頭した。

 その5日前の午後、埼玉県川口市内のJR川口駅前の喫煙場所で紫煙を燻らせていたら、スマホが震えた。093から始まる番号。

 登録していないが、北九州市内と分かる。どこかの商店街か市役所か商工会議所からか。または、どこかのホテルか飲食店か。

「ハイ、アヅマです」。少しシブめの声で応答する。

「アヅマさんの携帯ですか?」先方は女性の声。若い声なのに落ち着きが感じられる。

 私はさらにシブみを増した声で「ええ、そうです」。

 すると「こちらは、戸畑警察署です」。

 思わず声が裏返りそうになった。戸畑警察署?……。先方曰く、私の名刺入れが戸畑署に届けられたらしい。中味を確認すると私の名刺しか入っていないので、そこに記載された携帯番号を辿られたようだ。

 ふと思い出した。その前の週は北九州市内で4泊5日していた。3泊は小倉、1泊は若松。

 戸畑区内のミッションはなかったが、急に大容量ビジネスリュックのファスナーがぶっ壊れた。途中の戸畑駅で緊急下車して駆けこんだり、若松に行く前にエアコン対策で2,200円のジャージの上着を買ったり、若松からの帰りの立ち寄って自宅晩酌の肴を買い込んでいた。

 自宅で荷を解いている際に、名刺入れがないことに気づいた。4泊5日の間、一度も名刺入れを取り出すことはなかった。ゆえに失くしたことさえ気づいていなかった。

 名刺入れは10年以上使用しており、皮が飴色に変色するほど使い込んでいる。どこで失くしたか見当もつかない。

 2021年度になってから新幹線でパソコン、自宅のカギを忘れている。忘れ物、落し物は絶対にするまいと心に誓ったばかりだった。完全に老化現象が始まっている。

 幸い、名刺入れはまっさらがある。名刺も豊富に余っている。潔く諦めていた。

 戸畑署の1階は静まり返っている。平和極まりない。その中でも端にあった落とし物係へ。ベテラン男性1名、ベテラン女性1名、美人の若い女性が1名おられた。

 受取書に日付と住所、氏名を記載し、受け取る。イオン戸畑内のベンチにあったらしく、どなたかが届けて下さったらしい。名も知らぬ善意の御仁に心から感謝する。

 警察として1点不審な点があったようだ。それは、名刺には北九州のキの字もないのに、なぜ戸畑で拾われたのかという点。戸畑ミッションは10年間で2019年度に2回あったのみ。最も縁遠い区と言って差し支えない。

 私はこの10年間、毎月どころか毎週のように北九州入りしている。そのことを伝えたら、ますます怪訝な表情を浮かべられた。名刺に「九州支店(ショコラ)」を記さねば。〔次夜後編〕

210919名刺入れ.jpg
愛用。
posted by machi at 08:32| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

第2774夜:アフターコロナの商業ビジョン【川口(埼玉)】

 「アフターコロナを見据えた小売・飲食・サービス業等の経営のあり方研究」(通称:アフターコロナ商業ビジョン *通称命名:たぶんアヅマ)。

 上記をテーマに2020年12月24日を皮切りに半年間、どこで研究してきたのか。本当に住みやすい街2年連続1位に輝いている(現在進行形)埼玉県川口市の経済活性化の司令塔・川口商工会議所(地域振興委員会)である。

 当初は2020年度には4回の研究会を開催。私はそのファシリテーター(≒進行役)およびアドバイザーを務めさせていただいた。2021年度に入り、研究成果が消費者ニーズに本当にマッチングしているのかを調査させて頂いた。私はその調査責任者を務めさせていただいた。

 人口60万を有する川口市の商業ビジョンを、数年前に数回御縁を頂いた程度の神戸人の私が取り纏めてよいのかと疑問を感じつつ、その取り纏めの成果報告会が2021年6月24日、キックオフの日からちょうど半年後に開催された。

 主催は川口商工会議所・川口市・川口市商店街連合会。約80名というかなりの密っぷりな劇場(会議室)である。私は報告者としての大任を担い、オトコ芸者として約60分間全力で演舞。

 ヨゴレまちづくり屋の私ごときにアフターコロナの商業ビジョンなど分からぬが、小さな字でびっしり30枚以上のアフターコロナ商業ビジョン。自分で言う(書く)のもアレだが、会心の出来栄えである。ちなみに、正式に予測できる御仁が2021年6月時点で存在するのだろうか。

 とりあえず半年間の役割を完遂した。ほっと安堵する。この日は朝から何も喰ってなかった。まん延防止適用の川口市。時間は17時ごろ。アルコール提供は19時まで。そして、この日は帰神せねばならない。ゆえに、19時提供終了はこの日の私にとってはちょうど良い。

 駅高架下の日高屋あたりでイッパイやるか。店先で、怯んだ。かなりの密っぷりである。1年半前は密な店ほど人気があって外れナシと勇んで飛び込んでいたのに、すっかりラビットのように臆病になってしまった。アフターコロナにも引きずりそうである。

 入店を諦め、新幹線晩酌に切り替える。京浜東北線に乗りこみ、東京駅に向かいながら新幹線ネット予約しようとしたら、熱海あたりで新幹線が大でストップ。都内は晴れなのに。

 慌てて秋葉原で途中下車。アルコール提供終了時間まで1時間弱。中途半端な時間ゆえ居酒屋は諦め、某大型中古書店で帰路新幹線晩酌の友として『ヤマタイカ』(全5巻)一気買い。

 星野之宣先生の代表作。以前から読みたかった。揃いで捕獲でき幸運。新幹線が動いていないおかげである。マイナスとプラスは常に表裏であることを痛感する。

 新幹線が動き出したようである。東京駅で鹿沼名物崎陽軒シウマイ弁当捕獲。駅ホームの売店に酒が売られている日常の恢復。18時半にようやく一食目。

 ロング缶3本瞬殺。車内販売で補充を試みたが、車内はまだアルコール販売不可。完全な出張日常まであと一歩。

 スーパーで買った焼鳥も投下し、カバンに入ったウィスキーも。至福である。コロナ禍であることを忘れてしまうひと時である。

 川口市がアフターコロナに先駆けて日本で最初の商業活性化モデルとして繁栄されることを願ってやまぬ。貴重な機会を与えて下さる川口の皆さまに心より多謝。

210917川口@.jpg
盛況。

210917川口A.jpg
至福。

210917川口B.jpg
宝玉。

posted by machi at 09:34| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

第2773夜:居酒屋で啜るチキンラーメン【尼崎(兵庫)】

 チキンラーメン。天下の●清食品様が人類の歴史を変えた天下不動のインスタントラーメンである。インスタントラーメンの元祖でありながら、煮込んで旨し、湯がけのみでも旨しというハイブリッド性は誕生●十年を迎えても他の追従を許さない。

 私はこれまでチキンラーメンだけで1000袋は啜ってきたような気がする。昔は生卵を落としたいところだが、なかなかCMのように旨く調理できなかった。以前「たまごポケット」が開発されたとき、手を叩いて喜んだ記憶がある。玉子はなくとも刻みネギだけは散らしたい。

 湯を注ぐだけの時、昔は丼の上の律儀に大皿でフタをしていたが、洗い物が増えるのが難儀。水滴たっぷりも嫌。大学時代から新聞やチラシを代用。紙がふやけたら食べごろである。

 個人的な舌の趣向なので千差万別だろうが、チキンラーメンには袋ではなくカップバージョンもある。湯を注ぐだけなのに、袋バージョンの方が遥かに旨く感じられるのはなぜだろう。

 少しの肌寒さと暖かさが同居したある春の最高の気候日。所要で阪神尼崎駅に降り立った私は夕方5時ごろ用事を済ませ、一人で軽く駅近くでイッパイやっていくことに。

 リニューアルした駅構内(高架下)のチェーン居酒屋へ。広い店内は最初ほとんど客おらずだったが、カウンターに腰掛けると続々オヤジたちが店に飛入。人気店のようである。

 串カツ、天ぷら、寿司、一品料理、限定フェアとメニューの裏表にびっしり豊富である。生ビール、ハイボール、酒1合も280円。それもプレミアムモルツなので恐れ入る。

 生2杯、ハイボールをヤリつつ、山陰フェアメニューの「ニギスのフライ」「寒シマメの肝醤油漬」というなじみなき逸品を満喫。寿司ネタの鰻蒲焼を熱燗で堪能した後、駅構内の立喰そばでシメるか、店内メニューの汁モノでシメるか。

 メニューの「汁物」欄を目をやると、「チキンラーメン 200円」が視界に飛び込んできた。

 まさか、あのチキンラーメン?200円という値段からも鶏だしラーメンや唐揚ラーメンでないことは推測容易。私の心が、落ち着かず騒ぎ始めた。気づけば、注文していた。

 待つ間、湯がいているのか、湯をかけたままか、玉子はあるかないか。200円の範疇で空想を膨らませる。それこそ3分もせずに目の前にブツが運び込まれた。専用丼にフタが載せられている。3分間の砂時計付。見事な演出に、言葉が出ない。

 砂時計が3分を告げた。フタを空ける。……。見事な卵の黄身っぷりである。ネギの緑が鮮烈。手間賃を考慮すると、ほぼ原価メニューである。

 私は、居酒屋で初めてチキンラーメンを啜った。チキンラーメンの味なのだが、数段グレードがアップ。背徳の味わいがスパイスに。過去ベスト3に入る旨しシチュエーションである。

 居酒屋のカウンターにて一人夢中でチキンラーメンを一心不乱に熊啜している中年メタボオヤジ。私の背中からそこはかとない哀愁が漂っていたはずである。

(付記)
前夜が宇都宮駅前のチェーン居酒屋で市販の棒ラーメンを堂々とメニュー化していたネタをアップ。そのカラミで、恐らく10年以上前に尼崎でチキンラーメンを啜った(らしい)死蔵ストックを発掘。読み返しても掛け値なしで1gも覚えていない。当然画像も残っていないので、自宅にストックしているチキンラーメンで画像代用。

210916チキンラーメン@日清食品.jpg
posted by machi at 07:55| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

第2772夜:居酒屋で啜る棒ラーメン【宇都宮(栃木)】

 棒ラーメン。2束100円程度でスーパーで売られている本格的なインスタント麺である。家庭で簡単に作ることができる。中途半端なやる気のないラーメン取扱店よりも数倍旨い。

 棒ラーメンの代名詞的存在が「マルタイ」様。神戸人の私もどれだけお世話になってきたか。棒ラーメンと同じくマルタイ様のカップ麺「長崎ちゃんぽん」は世界遺産級の名作。一日一麺な私が最も愛するカップ麺でもある。

 一部の都道府県では緊急事態宣言真っ最中な6月下旬。私は栃木の県都・宇都宮にて連泊していた。お宿は<サンルート宇都宮>。部屋はツインのシングルユースに何故かランクアップ。ロビーでは珈琲無料の剛毅なサービス。駅からも近く、かなりお気に入りになった。

 連泊2日目。朝から降り続いていた雨も上がり、晴れ間が見えてきた。11時前にホテルを出て、駅前で100円レンタサイクル。96号車で向かった先は地場百貨店F田屋正面の<栃木軒>。

 どうせなら徒歩ではいけないが自転車なら行けそうなラーメン店で昼食と目論見、ヒットしたお店。佐野ラーメンというショルダーネームに惹かれた。

 店内か家族連れや年輩夫婦と思しきお客で開店直後だったがなかなかの賑わい。中華そば680円がベースで叉焼中華そば880円。さらに肉倍盛中華そば1130円。

 肉倍盛の大盛と餃子3ヶ召還する。宇都宮餃子は美味しいけど特徴がよく分からぬが、佐野系の餃子はとにかくジャンボ。3ヶで充分。佐野ラーメン、喜多方と同じぐらい愛している。

 程なくブツ降臨。麺が見えぬほどの叉焼。笑みが漏れる。餃子もプリプリでセクシー。

 胡椒をパラリし、まずはスープ。あっさりと飽きのこない常食系である。

 麺をリフトアップ。佐野系は平打ち。啜る。……。かなり柔らかい。のど越し、良し。歯の弱い年寄りや子供でも楽勝で啜れるだろう。

 餃子はまずは醤油とラー油だけで。かぶりついた瞬間、肉汁がピュッと飛び出した。

 麺を啜り、チャーシューを齧り、スープを飲み、餃子にかぶりつく。俺は今、栃木県に居るんだという充実感をしみじみと味わう。

 満腹のままブラブラとサイクリング。14時半ごろホテルに戻り、シャワーを浴びてからJRで今市駅(日光市)へ。ミッション終了後、S木氏に宇都宮駅前のホテルまで送って頂く。

 氏と別れた後、外呑みしたいが遅いし(22時ごろ)、歩くのも面倒なので我が宿泊ホテル2階の<S木屋>へ独りで。衝撃のドリンク1杯99円セール展開中。

 生、ハイボールなど10杯呑みつつ、貝ひもバター醤油焼、卵黄ニラ豚肉鉄板焼、唐揚卵とじ、ポテトフライなど満喫。

 〆は衝撃の「マルタイラーメン(438円)」。自宅で長年お世話になっている棒ラーメンの金字塔。2把入で100円程度ゆえ、1把50円。それにトッピングや調理の手間が加わって438円。

 最早高いのか安いのかも分からぬが、原価計算はある程度可能。店側にとっては危険なメニューでもある。ある意味で、正直と誠実を感じさせる。

 大き目のご飯茶碗サイズで降臨。〆には手頃かもしれぬ。お味は慣れ親しんだ家庭の味。

 ほぼ100%自宅で再現できそうだけど、改めてマルタイの実力の感服。居酒屋で頂くと旨さ倍増しである。シュールな非日常感も味のスパイスである。

210915宇都宮@.jpg
1日借りっぱなしでわずか100円。

210915宇都宮A.jpg
佐野ラーメン、大好き。佐野系はジャンボ餃子。

210915宇都宮B.jpg
衝撃の99円。

210915宇都宮C.jpg
まずは。

210915宇都宮D.jpg
続いて。

210915宇都宮E.jpg
まだまだ。

210915宇都宮F.jpg
まだまだまだまだ。

210915宇都宮G.jpg
もっともっと。

210915宇都宮H.jpg
棒ラーメンでシメ。
posted by machi at 06:10| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

第2771夜:わらじべ長者になれる街【鹿沼(栃木)】

 わらじべ長者。詳細はあんまり覚えていないが、ある男性が行く先々で物々交換を繰り返しながら最終的にリッチになる日本昔話のサクセスストーリーだったと記憶する。

 一般に資本主義世界では、物々交換が成立するためには、ブツとブツが同価値でなければ成立しない。ブツとブツをただ交換するだけでは永遠に資産は上乗せされないはずである。

 リッチになるためには、自分側のブツが相手よりショボくなければならず、そのショボさを補う偶然やシチュエーション、相手側の事情が加味される。

 6月下旬の正午前。神戸三宮の我がソウルフード<吉兵衛(旭通店)>で「かつ丼だぶる」をテイクアウト。待っている間、レジ横にアプリ誕生のお知らせが。最早販促はアプリの時代。

 アプリにはお得なクーポン配信をはじめ、来店ポイントなど魅力たっぷり。アプリをインストールするためのスマホは、わらじべ長者になるための基礎アイテムと言って過言でなかろう。

 値段以上に価値のあるかつ丼を抱え、正午過ぎの新神戸発新幹線でお江戸へ。車内でテイクアウトかつ丼を満喫。添えられた今日も一日頑張りましょうメッセージに微笑する。

 店で喰らいつく方が当然美味しいけれど、我がソウルフードのヌクヌクを新幹線車内で味わう贅沢。満腹になりすぎて爆睡。新幹線で吉兵衛という高校生の頃は考えられなかった非日常に気合満点と夢見心地。

 東京着後、宇都宮を経由して鹿沼へ。ミッション終了後、鹿沼駅前<中華料理嘉蒂>さんで3人で飲み食い。

 お値段以上の価値がある「お疲れさまセット(ドリンク1杯+料理2品)」を満喫していたら、偶然に商店街のアニキたちがご来店。黒酢豚などの人気メニューを追加。私がキープしているこの店のオリジナル焼酎も空になったので追加する。

 勢いが加速。厚かましくも嘉蒂のOオーナーに車を無理言って出して頂き<パブリックハウス六本木>へ。カウンターには半年以上前に鬼怒川温泉旅行に同行させて頂いた美魔女たちが。席を移して大いに楽しむ。

 行く先々でどんどん知人友人が増えていく。人が最大最高の財産。モノでは交換できないプライスレスっぷり。まさに21世紀のわらじべ長者状態である。

 鹿沼では「シウマイプロジェクト」が大ブレイク中である(2021年6月現在)。どこまで弾けるか想像できぬほどのマグマっぷり。その翌日には鹿沼と最早姉妹都市と言えないこともない横浜市の女王・K陽軒様による「シウマイづくりワークショップ」が開催。

 飲食店だけでなく鹿沼全体にとっても新たな名物づくりに繋がっている。鹿沼には21世紀のわらじべ長者になるビジネスチャンスがふんだんにたっぷりと溢れている。

210914鹿沼@.jpg
我がソウルフードをテイクアウトして新幹線で。

210914鹿沼A.jpg
JR鹿沼駅前のオアシス。

210914鹿沼B.jpg
おつかれさまセット@

210914鹿沼C.jpg
おつかれさまセットA

210914鹿沼D.jpg
3人が5人に。

210914鹿沼E.jpg
黒酢豚追加。

210914鹿沼F.jpg
ムースーロー追加。

210914鹿沼G.jpg
5人が7人に。
posted by machi at 08:27| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする