2020年02月18日

第2381夜:二つの冬ホタル【守山(滋賀)】

 冬ホタル。恐らく私が知る限りそんなものは日本に飛んでいないはずである。唯一の例外を除いては。

 ある晩秋の土曜の午後。マンション建設ラッシュでホタル、じゃなかった子供が繁殖しすぎて小学校が足りなくなり、建設制限が掛かるという近畿屈指の高級住宅都市・滋賀県守山市のほたる通り商店街を現況視察していた。案内人は我が一番弟子の石Gである。

 巨大なゴキ、じゃなかったホタルの妙にリアルな巨大オブジェが街路灯をヤドリギとしている。マンション建設ラッシュの光と影を全力で露出している反対運動係争横断幕が不穏な空気を醸し出している。

 中山道のお寺境内ではアート系に激シブイベントが展開されていた。駅前には立派なホテルも建設され、私もお世話になった思い出の銀座商店街付近はアーケードが撤去され再開発が進み、マンションが建設中である。

 数年前、この銀座商店街に添うように流れる川で見かけた闇夜に舞うホタルの幻想が忘れられぬ。中心市街地に舞うホタルは、私の知る限り守山でしか見ることができなかったはずである。

 17時過ぎに駅前広場風の公園に人が集まりだした。守山市内のVIPたちによるイルミネーション点灯式か開催される。いわゆる「冬ホタル」である。

 ミッションとして令和元年より再び守山へ足を運ぶようになった。神戸新長田を離れ、最も最初に声をかけて頂き御縁を頂いた2大都市が、摂津伊丹と近江守山。この2都市に私は足を向けて寝られない。

 ミッションとしては5年ぶりほどなのだが、当時お世話になった方々とも会場でお会いし旧交を温める。有難いことである。石Gの成長ぶりに改めて目を細める。

 イルミネーションが一斉点灯。冬ホタルが舞いだした。子供たちの歓声が上がる。全国屈指の人気ゆるキャラ「モーリー」も大人気。グッズも増殖している。

 ミッション終了後、石Gが所属するまちづくり会社「みらいもりやま21」代表取締役であり守山商工会議所会頭でもあられるO崎会頭、市の飯J部長と居酒屋へ。焼酎ボトルがわずかの合間に滅失。ホタルなみの儚さだ。生、ハイボール、単品でドリンクを注文し、談笑を重ねていく。

 この夜は日曜だったゆえか、居酒屋系以外があまり開いていない。I島部長は帰路に着き、オトコ3人で駅前に頼もしく屹立し続けている<天下一品>へ。

 守山のラーメンマニア、呑んだ後の〆がラーメンでないと発狂する麺食い、天一を愛してやまない黒帯たちのために私が守山に御縁を頂いた2010年から夏も冬も関係なくこってりとした生の輝きを放ち続けている。

 生ビール、ハイボールをヤリながら唐揚をつまむ。〆はこってりラーメンのスープ大盛。守山の駅前にはイルミネーションと天一という二つの「冬ホタル」が酔っ払いの安全を導く灯台として光り続けている。

 翌朝に備え、私は守山駅前に新たに誕生した極上ビジネスホテルという名の巣へ戻った。

200218守山F.jpg
冬ホタル。

200218守山@.jpg
思い出深い銀座商店街も様変わり。

200218守山A.jpg
シブいイベント。

200218守山B.jpg
200218守山C.jpg
あまりにもリアル。

200218守山D.jpg
燃えてるぜ。

200218守山E.jpg
こってりはスープ大盛で。
posted by machi at 15:24| Comment(0) | 滋賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

第2380夜:創業希望者虎の穴【若松(北九州)】

 期間限定お試し出店。北九州市若松区の若松商店街(エスト本町・明治町商店街)内の貸店舗2物件を令和元年10月15日から11月30日まで商店街が借り上げ、1日限定イベントお試し出店以上本格出店未満の創業希望者のチャレンジの場として提供する試みである。平成30年度に同じ北九州市内の黄金地区商店連合会(小倉北区)が実践した。

 期間中の10月下旬、前日から北九州入りし、ミッション開始が夜だったため午前中の時間を利用して若松で現地確認を敢行。

 リサイクル雑貨や子供服でお試し中の若き女性、すっかり地元客たちのアイドルに。未経験者とは思えぬ品揃えと内装をそのまま生かした陳列に驚嘆。最初、お試し出店と気づかぬほどの充実ぶりだ。11月中旬からお試しされる2名の女性も面談。

 計5組がお試しされるが、全員女性。やはり女性は思いっきりが良くて頼もしい。TV取材も入り、北九州の空き店舗対策&創業者受入事業は大ブレイクの予感に満ちている。

 大満足の現地確認終了後、本事業を底地から支える北Q州商工会議所若松サービスセンターのご両人と2年ほど前に若松商店街で創業されたダイニングcafé<tutti frutti>でランチ。

 オープン直後から大人気で広い店内なのに老若男女で満席。昼から生ビールを嗜まれている熟女も。私は「洋食屋さんのカレーうどん」のライスセット召還。旨すぎてカレー汁にライス全力投下。創業希望者にとって素晴らしいお手本が若松には多数屹立している。

 それから20日後。長崎駅から北九州市の若松駅というJRの始点・終点を移動するマニア垂涎ルートを駆使し、二日酔いでヘロヘロになりながらも午前中に若松入り。

 前夜の長崎でも創業希望者を商店街で受け入れるための検討会や商店街&貸店舗ツアーの1回目(10月)課題検証および2回目(2月)に向けてのブラッシュアップだった。

 長崎市ミッション終了後、8人で船大工町の<とりや>へ。3000円呑み放題コースにしては大満足。2軒目は平和町のF本アニキたちと4人でラウンジ<マハロ>へ。〆は思案橋<武将門>で全力フィニッシュな深夜2時だった。どの店も本当によく流行っていた。

 若松商店街事務所に立ち寄る前に筑前の食肉王・ドンK山氏が営む<にくにく亭>に直行してカツ丼をテイクアウト。事務所で鬼喰。トロトロで旨すぎ。二日酔いの荒治療である。

 この品質を低価格で提供するのだから人気も当然。創業希望者が最も苦労する「仕入れ」をいかに工夫し努力するかが大きなポイントである。

 地元大学生による若松地区の商圏動向のプレゼンなどを拝聴した若松ミッション終了後、私のリクエストで久々に老舗焼鳥<丸ちゃん>。奥座敷は超満員。

 そば焼酎を湯割しつつ、焼鳥、唐揚、厚揚、揚げ銀杏に悶絶。極めつけは、刺身鮮度の鯵フライ。私がこれまで食べてきた魚フライランキング、初登場ぶっちぎり1位。恐らく永遠の1位は揺るがないだろう。

 2軒目は20日前にランチを堪能した<tutti frutti>にて生とハイボールで火照った体を冷まし、ラストは<ショコラ>へU島氏と。にくにく亭の売り場を引っ張るTエ嬢も参戦。ママはスナック従事経験ゼロでお店を始めたが、掛け値なしに若松で最も流行っているスナックに。
 
 ママは他の店との差別化のために、朝4時まで開けることにした。これが功を奏し、他の店が閉まってからではなく思いっきり競合する時間帯もお客が殺到。どれだけ詰めてもらっても3回に1回は入れないほどの地位を築いた。

 若松はこれまで北九州の孤島と言われてきた(らしい)。しかし、立地は(あまり)関係ない。他店との差別化を図り、センスだけでなくひたすらガムシャラに頑張れば結果は付いてくる。若松商店街を含めた中心部は、創業希望者の虎の穴である。

200214若松@.jpg
ウェルカム。

200214若松A.jpg
頑張っています。

200214若松B.jpg
洋食屋さんのカレーうどん(ライス付き)。

200214若松C.jpg
長崎にて。

200214若松D.jpg
テイクアウトかつ丼の最高峰。

200214若松E.jpg
名店の貫禄。

200214若松F.jpg
200214若松H.jpg
200214若松I.jpg
旨すぎのつるべうち。

200214若松G.jpg
刮目の鯵フライ。生きているかのような鮮度。

200214若松J.jpg
<ショコラ>にて。
posted by machi at 15:04| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

第2379夜:粕壁音バルの流儀【春日部(埼玉)】

 「粕壁音バル」。春日部駅東口商店街エリアの十数店舗が11月14日から3日間にわたり繰り広げられるはしご酒、いわゆる「バル」である。

 「春日部」ではなく「粕壁」という表記にロマンを感じさせる。音バルの「音」は各所で開催されるミニライブのようである。

 2019年度のバル初日。20時半ごろ会議が終わり、若手商業者や市役所の皆さま方とバル参戦を決行。チケットは7枚つづりで1枚300円。店によってチケットの枚数が異なるシステム。余ったチケットは期間終了後に「あとバル」として利用できるという。

 8人で向かった先は<丸金>。名店の誉れ名高き噂はカネガネ耳にしていた。もつ串の有名店であるという。

 ちょうどバル客の入れ替わりタイミングだった。たまたま奇跡的に8人並んで座敷を陣取ることができた。バル周りは人数が増えると入る店が限られてくる。実に幸運である。

 店内はオヤジさんと女将さんが醸し出す風格、壁に染み込む年輪が実にシブい。長く愛されてきた人気店であることを物語っている。

 キンキンに冷えた生で乾杯。小皿には肉の煮物、そして鮮度抜群のもつ串が3本。齧りつく。……。思わず首肯する。プリンプリン。塩加減も絶妙。シロ、ハツ、レバーだった。

 生が瞬殺で滅失。ツマミはまだ残っている。他にもいろいろと回ってみたかったが、この店が気に入ってしまった。居心地良し。腰が完全に座ってしまった。

 まだ1軒目だが、私の中でバルは打ち止め。この老舗名店で普通の客として追加注文モードに確変。ホッピーを大ジョッキでガンガンやりながら、チケットもすべてこの店で使ってしまう。

 関東随一の公務員美女と武蔵国随一の不動産美女がオススメするもつ煮込も旨し。瞠目はレバーステーキ。臭みゼロの新鮮さ。漬物も最高の箸休め。22時閉店だが、23時まで居座ってしまう。再訪を誓う。22時閉店がツラいところだが、時間は作るものである。

 終電を控えた御仁もおられるので駅真横のチェーン居酒屋へ。さらに武蔵国随一の不動産美女・Y子嬢と終電を諦めたチョッキと3人でバーへ。光るジントニックが洒落ている。

 Y子嬢は帰宅され、最後はチョッキと2人で24時間居酒屋で明け方4時までド鯨飲。

 バルは1軒だが、最終的に春日部の東口および西口を4軒ハシゴした。しかし、私の中でバルとは5軒回るものである。どうせなら、早めの朝食を腹に入れ、5軒クリアしたことにすれば気分爽快。すっきりする。

 贅沢にもタクシーで帰るらしいチョッキと別れ、私は春日部の定宿近く<Nか卯>で牛丼とミニはいからうどんセットを腹に放り込んだ。気分はすっきりだが、ウエストあたりが1gもすっきりしないのは何故だろう。

200213春日部@.jpg
バルメニュー。

200213春日部A.jpg
追加してしまう魅力満ちた通常メニュー。

200213春日部B.jpg
チョッキと。

200213春日部C.jpg
明け方の背徳。超絶に早い朝食と捉えることに。
posted by machi at 18:39| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

第2378夜:常連への道【沖縄(沖縄)】

 サシミハウス。沖縄市胡屋地区の居酒屋<あいか>のショルダーネームである。刺身と、家。どちらも凄まじいまでに日常に溶け込んでいる言葉だが、カタカナにして少し弄って引っ付けると、とんでもないパワーを秘めた字面となる。禁断のワードコラボといえる。

 ある秋の夜。H瀬氏と胡屋地区でハシゴ酒。1軒目は<A・H>。自家製レモンサワーが甘さゼロの爽やかさ。秋の夜長の蒸し暑い沖縄の夜に無敵の旨さ。

 店内はジュンママや串カツ屋のママなど胡屋地区で知り合った女性多し。私も名前と顔を覚えて頂き、気軽に声をかけて頂ける。旅芸人の私にとって何よりの嬉しさである。

 どんどん混んできた。早めに中座し、2軒目は冒頭の<サシミハウスあいか>へ。昼間の店の前を通りかかった時は閉まっていた。そのネーミングセンスに度肝を抜かれた。気にはなっていたのだが、なかなか足を運ぶ勇気を持てなかった。

 頼もしいことに同行のH瀬氏は常連であるという。氏の知り合いの多くが常連という。氏曰く「とにかく、客が濃厚」とのこと。

 店内は広くないが、超満員。とても2名追加で座れると思えないが、魔法のように常連たちが譲り合い、2名分のスペースが生まれた。

 この店はオープンしてまだ2年。すでに大人気である。もともと近くの市場の魚屋だったらしく、刺身が旨い。ゆえに「サシミハウス」だ。おすすめの泡盛が伊是名島産米ひとめぼれ100%使用した泡盛をボトルキープ。常連たちに交じり、新参者の私も談笑に加えて頂く。

 沖縄県内の店に入るとほぼすべての客は私の沖縄顔を見て何の迷いもなく沖縄人と判断する。しかし、関西弁なので沖縄人でないとバレると何故か驚嘆、もしくは失笑される。

 特に私は「やんばる系」らしい。この夜もお決まりのやり取りが。沖縄県内では、初めての店でも見知らぬ常連客から「会ったことがある」とよく言われる。

 この店に私が昼間によく行く沖縄そばの名店<根夢>のママがいた。ママとは飲み屋でよく会うのですっかり私も顔なじみ。翌日の昼、ママにメニューにない「ミックスそば」の『特大』を作ってもらうことを約束した。

 翌昼。H瀬氏と<根夢>へ。ママは約束を覚えていたが、ホントにいいの?と懐疑的。それを押し切り注文。H瀬氏と談笑していると、ブツ降臨。……。氏の中サイズが小に見える。

 出汁を啜る。……。五臓六腑に染み渡る。この店の沖縄そばが最近完全に私のデフォルトに。ソーキもたっぷり。箸で骨からきれいに解ける柔らかさ。旨味が詰まっている。

 後半は紅生姜とコーレーグースーをぶち込んで味を確変。気づけば汁1滴、麺1本、肉1片残さずのシーサー啜。

 ママが私のきれいな丼を見て目を剥いた。今度は特特大を作ってもらわねばならない。常連の役得である。

200212沖縄胡屋@.jpg
サシミハウスに相応しい逸品。

200212沖縄胡屋A.jpg
ボトルキープ。

200212沖縄胡屋B.jpg
メニューにない「特大」。

200212沖縄胡屋C.jpg
200212沖縄胡屋D.jpg
200212沖縄胡屋E.jpg
真夜中の私の胃袋を満たし続ける危険極まりない超名店。

(付記)
サンポー食品様から<根夢>監修のカップ麺が発売。沖縄県限定かと思いきや神戸のコンビニでも見かけたので、ぜひ捕獲あれ。そして沖縄市内に足を運んで本店でお啜りあれ。
200212根夢@サンポー食品.JPG
posted by machi at 10:17| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

第2377夜:57号車に乗って【宇都宮(栃木)】

 レンタサイクル。宇都宮駅西口の市が運営していると思しきレンタサイクルは朝9時から21時まで借りっぱなしで100円である。

 ある秋の快晴の午後。宇都宮駅西口の定宿でPC猿打し、外を見ると快晴。しかも土曜日。この日は誰とも合わない完全自由日だった。せっかくだから宇都宮を自転車で散策しよう。

 生まれて初めてかもしれないレンタサイクルを借りにホテル真横へ。ドアを開けるや否や、店員さん(女性)はニコリともせず「こちらはスポーツタイプしか扱っていないので、カゴつきの普通自転車はお隣へ行ってください」。

 私は一言も発していないのに体型と雰囲気だけでスポーツ系を却下され、幾分肩を落としながらママチャリをレンタル。たった100円は魅力。宇都宮は坂道があまりなく快適そうだ。

 我が相棒は57号車。久々に自転車を漕ぐ。旧4号線を雀宮あたりまで。最高に気持ち良い。帰路はオリオン通り商店街を徐行。餃子屋や昼呑みできる居酒屋多し。栃木最強の商店街である。

 自転車を返却。久々に心地よい疲れを感じる。グッと空腹を感じる。16時半ごろ宇都宮駅西口すぐの2階居酒屋へ。鹿沼Ⅿ越氏と何回か入ったが一人は初めてだ。

 カウンターに腰掛け、ホッピー黒をヤリつつ本日のオススメから3品チョイス。塩もつ煮込みはあっさりとコクがあり、出汁が旨い。バックリブは脂が多すぎだが好きな人は大好きだろう。最後の宇都宮揚げ。薄揚げか厚揚げの豆腐料理かと思いきや、餃子を何かで包んだ揚物だった。

 この3品にホッピー3杯で切り上げる。まだ呑み食べ足りない。自転車を漕いで運動したのだが、もっと飲み食いしても許されるだろう。

 東口へもオリオン通りへも面倒ゆえ、すぐ近くの<宇都宮餃子館>へ。一度試したかった12種類食べ比べに挑戦。

 レモンハイをヤリながら新聞読んでいると、ブツ降臨。見た目は全く区別つかない。ロシアン系の雰囲気が漂っている。

 食べた順番など覚えていないが、明らかに我がバカ舌でも味が分かったのが「シソ」「激辛」「ニンニク」「チーズ」「エビ」の5種だけ。「健太」と「スタミナ健太」と「舞ちゃん(にんにく抜き)」と「お肉」の違いが全くわからない。「椎茸」と「どんこ椎茸」など違いがわかる御仁がいるのだろうか(後からFBで教えていただいたが、どんこ椎茸の方が肉厚らしい)。

 佐野ラーメンで〆たかったが、この店にはなかった。同じ系列店でも駅構内の店限定か。今朝は佐野行きも考えたが、両毛線が台風19号被災で復旧していなかった。駅構内へ向かう。

 途中、駅弁売場が視界に入った。スルーするつもりが「期間限定」と書かれたPOPが。このフレーズに私は弱い。近寄ると、2種類だけ残っていた。期間限定は「いっこく野洲どりの照焼チーズカレー」。どうやら滋賀県の野洲ではないようだ。

 温めるべきかお聞きすると、どちらでも旨いという熟女の模範解答。佐野を諦め彼を捕獲。

 ホテルに戻り、本屋で勝ったコミック(1日外出録ハンチョウ)、文庫(さらば愛しき魔法使い)、雑誌(NumberラグビーW杯総集編)を読みつつ、駅弁とダルマ(サントリーオールド)だけでは心細いので富良野<ニューラベンダー>のママに頂いた地酒(千歳鶴)と鹿沼<嘉蒂>のOオーナーから頂いた揚げピーナッツも登壇。一気に華やかに。

 やはり、温めたい。ホテル1階にレンジがある。イソイソとエレベーターに乗り、レンジにぶち込む。熱々を部屋に持ち帰り、フタを外す。カレーの香りが香ばしい。

 鶏肉を噛みしめる。旨味が濃い。温めて正解である。ウィスキーをチビチビやりながら、ミステリを読みながらの至福。ヤングコーン、オクラ、ミニトマトも素晴らしいアクセントだ。

 目玉焼きをつぶす。……。まさか半熟。レンジで2分温めたのに。嬉しさで感情が逆流。私はゆで卵は固ゆで派だが、目玉焼はぶれることなき半熟派である。

 カレーも抜群のツマミになる。ウィスキーと、カレーライス。洗練、野暮、粗暴、風流。蕩けるような下野の夜。

 カレー駅弁が無くなった。その容器にO女史から頂いた揚げピーナッツを入れて2次会の始まり。ウィスキーが空になった。札幌の地酒(千歳鶴)の栓を外した。

200210宇都宮@.jpg
我が相棒。

200210宇都宮A.jpg
栃木県内最大最強商店街。

200210宇都宮B.jpg
200210宇都宮C.jpg
駅前の栃木名物居酒屋にて。

200210宇都宮D.jpg
12種類食べ比べ。

200210宇都宮E.jpg
ホテルの部屋で一人3次会。

200210宇都宮F.jpg
かなり攻めている駅弁。見つけたらぜひ捕獲あれ。
posted by machi at 09:25| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする