2022年06月25日

第2958夜:シネマでチャチャチャ【小倉(北九州)】

 Cネプレックス小倉。北九州小倉の我が2大定宿の一つ(T横イン小倉新幹線口)から徒歩5分ほどの赤い観覧車が目印のショッピングモール<チャチャタウン>3階のシネコンである。

 ユナイテッドシネマズ系列で、我が自宅事務所のある神戸どころか兵庫県内にこの系列はないが、春日部と小倉でお世話になりまくっている。

 第6波によるまん防が明けた3月中旬。小倉の定宿で4連泊する機会があった。ただし、お座敷オペレーションはすべて夕方以降。朝昼は壮絶にヒマである。

 よって、4日連続<Cネプレックス小倉>に足を運んだ。アラフィフのオヤジが平日に、4日連続で朝または昼に鑑賞するという怪しさ極まりない行動である。

 初日は『ドライブ・マイ・カー』。今年(2022年)アカデミー賞で日本映画なのに作品賞ノミネート。原作はM上春樹先生の短編小説らしいが、まさかの3時間長尺。ストーリーは簡単に言えば、中年オヤジの喪失と再生の物語。

 主演のN島秀俊氏の奥さん役の女優さん、誰か知らぬが妙に艶っぽい。不倫現場目撃後の行動、広島から北海道まで車で1泊2日往復、刑事が演劇稽古中の会場に乗り込みマイクパフォーマンスなど、ンなアホなというシーンの連続だが、最後は涙。意外にも3時間あっという間。

 O田将生氏の下手な役者を演じる演技が上手すぎ。西島氏は3時間ずっと画面に出ずっぱりで圧巻の演技。カメラワークと音楽も素晴らしい。途中、いくつか心揺さぶられるシーンも。

 ミステリっぽいけどそうでもなく、どこがどう面白いと聞かれたら説明できぬが、なかなかの面白さ。記憶に残る作品。村上作品は『ノルウェイの森』しか読んだことないが、この映画の原作短編を読みたくなった。

 2日目は『ナイル殺人事件』。ケネス・Bラナー監督主演。ブラナー氏のポワロ、圧巻。ストーリーや犯人は1970年代版映画の再放送などで知っていたから特にハラハラドキドキもないけれど、豪華絢爛。コロナが収まれば、いつか海外に行きたいものである。

 3日目のシネプレックスは会員サービスデーゆえ1,100円鑑賞の愉悦。観た映画は『KAPPEI』。予備知識は「かなりのバカ映画」というだけ。実際に突き抜けた爽やかさのバカ映画。I藤英明氏、Y本耕史氏ら、よくこれだけ振り切れるものだとプロの役者魂に驚嘆。

 最終日は前夜2時半まで鯨飲ゆえさすがに眠いが、朝から『THE BATMAN』。たまったポイントを2つ使い1000円で鑑賞の嬉しいサービス活用。

 たっぷり3時間な最早アメコミの枠を超えたダークすぎる超大作。私はアメコミ映画大好きで、中でもバットマンシリーズに最も惚れている。

 小倉の2本立て名画座(昭和館)も何故か6ポイント満点カード所持。2022年度もますます小倉でのシネマライフ充実の予感。一応、神戸市民なんだけれど。

220625シネプレックス小倉@.jpg
初日。

220625シネプレックス小倉A.jpg
2日目。

220625シネプレックス小倉B.jpg
3日目。

220625シネプレックス小倉C.jpg
4日目。
posted by machi at 11:24| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月24日

第2957夜:第1回北九州商店街祭り(仮称)【北九州(福岡)】(後編)

★本番当日:門司

 午前午後はヒマなので3日連続で映画を観た後、正午過ぎに門司駅前へ。駅前で2月に3坪ほどの全身&口内個室マッサージ店を創業したY子嬢とランチデート。

 デートに相応しく、門司駅前行きつけスナック(アンジェ)のSくら嬢が微妙な絶賛の仕方をしていて気になっていた「ビルマうどん」のお店。

 薄味のカレーうどんと言えば触手伸びにくいが、カレー風味の絶品うどんというべきか。チキンがビルマっぽい。私はかなり好きな味だった。

 昔から門司のディープなソウルフードだったらしいビルマうどん。店主高齢化か何かで廃業し、その味が途絶えていたらしい。ビルマうどんのファンだった店のママが偶然見かけた元店主を捕まえて弟子入り志願。

 行動力と決断力に関し、オトコは永遠にオンナに敵わない。

 食後、ブラブラとY子嬢の店へ同伴。足の裏から口の中までたっぷり3時間の超絶フルコース。異様にすっきり。血流ビンビン。至福の絶頂体験。祭本番に向けて整える。

 Y子嬢の店から徒歩5分ちょっとで祭り会場の多目的ライブハウス?<ブリックホール>へ。

 オーナーのS開氏は来た九州一住みやすい街「黄金市場商店街」の会長も兼務。私も7,8年のお付き合いになる。我が唯一のアヅマ祭りに関するお願いが「ブリックホール」での開催だった。

 18時、北九州商工会議所presents「北九州商店街祭り(略称:アヅマ祭り)」開幕。

 2021年時点で北九州市内の私が御縁を頂いている8市場商店街が参戦(プラザ祇園・門司中央市場・黄金市場商店街・旦過市場・魚町商店街・黒崎表参道新天街・折尾商連・若松商店街連合会)。

 各市場商店街の代表者と私の10分のトークセッション。私が15分ほど漫談し、商店街施策の紹介後、福岡県すべての商店街活性化を統括する小倉魚町商店街・K理事長が総括のご挨拶。

 無事予定通り終了。嬉しい安堵感に包まれる。全員私は親しくして頂いているが、参加者同士は初面識も多い。個別では見慣れた光景だけど、全体に会すと有るようでない不思議で豪華な風景が広がっていた。

 <もぐもぐ>で4人で呑んだ後、<アンジェ>のママが生誕祭なので深夜1時半に30分だけ参戦。タクシーで深夜2時半ごろ小倉に戻る。

 2011年から北九州と本格的に御縁を頂き途切れることなく丸11年。感無量の4日間だった。ついに、神戸新長田時代よりも北九州の方が長くなった。

 毎月どころか隔週、毎週のように神戸から通っている北九州、4月以降はさらに4割増しになりそうな気配。拠点を神戸から北九州に移す時がついに訪れた感覚がある。

 北九州の市場商店街の皆さま、北九州商工会議所の皆さま、言葉で尽くせぬほど感謝です。ありがとうございます。私は、果報者です。新年度もご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

220624アヅマ祭@.jpg
ビルマうどんのお店。

220624アヅマ祭A.jpg
門司のソウルフードらしい。

220624アヅマ祭B.jpg
Y子嬢の新規店舗。

220624アヅマ祭C.jpg
たっぷり3時間独り占め。

220624アヅマ祭D.jpg
いざ、開幕。

220624アヅマ祭E.jpg
シュールな光景。

220624アヅマ祭F.jpg
<もぐもぐ>にて。

220624アヅマ祭G.jpg
アンジェのママの生誕祭。おめでとうございました。
posted by machi at 11:21| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月23日

第2956夜:第1回北九州商店街祭り(仮称)【北九州(福岡)】(中編)

 たぶん4カ月ぶりの若松。懸案だった空き物件に新規出店が決まっていた。4カ月足を運ばない間に他にも色々動きがあるようで頼もしい。

 2011年からほぼ毎年若松商店街連合会の皆さまと御縁を頂いている。私の話など聞き飽きているだろうから少々妙な雰囲気だった北九州商工会議所(若松サービスセンター)プレゼンツ「空き店舗対策の現在〜今後の若松商店街活性化策について」。

 北九州商工会議所×アヅマのコラボイベント初日終了後、久々に北九州屈指の人気店<TOMATO>。1杯目から私はメガハイボール。

 毎回期待を裏切らない。私ですら何回足を運んでいるか分からない。メニューなど見たことなく毎回おまかせ料理だが、常に新顔ばかり。今回は海老蒸餃子や毛沢東チキンなど。バケットにコンビーフを添えただけに見えるのに、なぜこんなに旨いのか。

 もう何杯呑んだか分からぬほど杯を開け、最後は絶品のシメステーキ。感服感涙の2時間。

 誰も乗っていない終電バスに4人で貸切状態。我らが乗らなければ無人走行だったのか。

 乗らないから本数が減るのか、本数が少ないから乗らないのか。交通系ICカード導入で超絶便利になったのだから、少なくとも私は乗り続ける所存である。

 23時前に小倉着。まさかのまん防解除で賑わう駅前繁華街。駅前の24時間焼肉居酒屋で4人で1時間数杯勝負。レモンサワーをヤリつつセンマイ刺。深夜24時前の背徳のコロッケセット。

220623若松@.jpg
アヅマ祭り初日。

220623若松A.jpg
なぜこんなに旨いのか。

220623若松B.jpg
なぜこんなに旨いのか。

220623若松C.jpg
なぜ誰も乗っていないのか。

220623若松D.jpg
深夜の背徳。

★本番前日:枝光

 午前午後はヒマなので2日連続で映画を観た後、夕方にスペースワールド駅へ初めて下車。

 商工会議所八幡サービスセンターS元センター長と合流し、4月下旬にオープンするIオン<ジ・アウトレット>の周囲をぐるり徒歩視察。リニューアルしたIオンモール八幡東も合わせると35万u。広大すぎる。プラネタリウムまで含まれている。端から端まで歩けそうにない。

 数年ぶりに北九州枝光へ。光タクシープレゼンツ「乗合タクシー」を満喫した後、枝光というより八幡エリア随一のホテルで北九州商工会議所(八幡サービスセンター)プレゼンツ「アフターコロナ時代における集客対策と大型店対策〜消費者の意識変化や消費行動から考える」。

 北九州商工会議所×アヅマのコラボイベント2日目終了後、アーケード商店街内の八幡饅頭屋さん内の一角にある、昼はcafé、夜は経営者が変わって小料理屋なお店で鯉づくし。

 あらい、鯉コク、真子‥‥‥。一生分鯉料理を味わう。ビールの後は地酒で。鯉料理など食べたことないが、思った以上に食べやすい。店のシチュエーションといい、実にシュールである。

 光タクシー石B社長、北Q州商工会議所八幡SCオールスターズに感謝しながら光タクシーで小倉に戻る。サシ呑みは初めてな某氏と氏行きつけのビル2階の本格的なバーへ。話し込んでたらいつの間にか深夜1時半。〔次夜後編〕

220623枝光@.jpg
枝光のライフライン。

220623枝光A.jpg
無くてはならぬ足。

220623枝光B.jpg
アヅマ祭り2日目。

220623枝光C.jpg
鯉のあらい。

220623枝光D.jpg
小倉堺町にて。
posted by machi at 09:22| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月22日

第2955夜:第1回北九州商店街祭り(仮称)【北九州(福岡)】(前編)

 北九州市商店街フォーラム。世界最強の商店街支援会議所・北九州商工会議所プレゼンツなフォーラムである。ちなみにサブタイトルは「東さんと語ろう♪これからの商店街!」。

 「東さん」とは誰か。不詳・ワタクシである。フォーラムの略称は「北Qアヅマ祭り」である。

 2022年1月下旬。北九州滞在中、商工会議所へ出頭を命じられた。ノコノコ伺うと、数年前に釜山旅行を共にしたM氏から冒頭のフォーラム案を提示された。数年前に台湾旅行を共にしたM渡氏も同席。この両アニキには10年以上お世話になり続けている。

 「北九州市商店街」とあるが、おりしもコロナ禍。人数制限等もあり、私が北九州市内でご縁を頂いている商店街・市場のみに参加を絞った内容だった。

 数年前から一部の商店街から「北Qアヅマ会」を開催できないかという話があった。言うは易しで、実現へのハードルは極めて高い。少なくとも私個人が主宰しようという気持ちは1gもない。スポンサーは確保できるのか。誰が調整連絡をするのか。

 難題だらけの「アヅマ会(アヅマ祭)」がまさか商工会議所主催で実現するとは夢にも思わなかった。実現した理由は少々生臭く、大っぴらにできるものではない。コロナ禍だからこそ実現した企画とだけ言える。私限定で、初めて心の底からコロナに感謝したくなった。

 本番は3月18日(金)。その3日前(火曜)から北九州入りしていた。火曜は通常のオペレーションだが、水曜、木曜はアヅマ祭と同様にコロナ禍だからこそ実現した生臭い理由によるオペレーション。本番に向けた極めて独特で不安定なプレリュードが始まった。

★本番3日前:小倉

 ますます重責が重くなる一方な西日本の台所・旦過市場オペレーション終了後、旦過総合管理運営鰍フ常務、税務顧問、相談役(私)の3人で1軒目から<ムーラン>。

 アサヒの黒生などを持ち込み、1軒目ゆえマスターに料理をいろいろ出して頂く。ロング缶2本呑んだ後は、この御仁がいなければアヅマ祭りなど実現不可能なM渡アニキのプレミアム焼酎をグビグビとロックで。クチアケの2本を滅失させる。

 最後は客が私と常務だけになり、マスターも交えて24時過ぎまで旦過関連のユーチューブ鑑賞。様々な方が旦過の動画をアップしている。それだけ関心が高いのだろう。

★本番2日前:若松

 午前午後はヒマなので定宿から徒歩5分のシネコンで映画鑑賞。夕方に小倉駅から市バスで若松(大橋通り)へ向かう。車内には北Q州市役所の若松担当係長(ガチで呑み友達)と担当(仕事のできるヤサグレ熟女)が。

 下車する際、気づかなかったがいつの間にか交通系ICカードが使えるようになっていた。これまで小銭で払っていたので壮絶に便利である。〔次夜中編〕

220622小倉C.jpg
アヅマ祭りの申込チラシ。

220622小倉@.jpg
北九州の台所・旦過市場の事務所にて。この1か月後、事務所は火災で滅失。

220622小倉A.jpg
小倉の<ムーラン>にて。持ち込んだ黒ビールとマスターの料理。

220622小倉B.jpg
この夜は不在だったM渡アニキに多謝。
posted by machi at 09:40| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月21日

第2954夜:ウィズコロナ時代の拉麺密地帯【大宮(埼玉)】(その5)

★大宮大勝軒

 煮干の効いた熱々スープがたっぷりの超人気店。柚子の香りも爽やか。惹きに抗えない。

 初ダイブの際は大盛で轟沈。大き目の洗面器サイズだった。2回目から「チャーシュウワンタン麺」に「生卵(別皿)」が定番に。

 最初は全力で麺を、後半からは生卵を溶いてつけ麺のように浸す。店のオススメ方法は生卵にスープを溶かして浸すとあるが、私は生卵ストレートが好み。

 麺、絶品のあっさり焼豚などを味わい尽した後、スープを吸いこんだワンタンで全力完走。

 最後の大宮ウィズコロナラーメン、我が方程式で熊啜。はじめてスープまですべて呑み切った。大満足で外に出る。気温はさらに上がり、体中が暖まって汗が噴き出してきた。

220621大宮大勝軒A.jpg

【ウィズコロナからアフターコロナへ】

 コロナ禍以降、私の東日本ミッションは埼玉県では春日部、栃木県では鹿沼、小山、日光、福島県では会津若松。行きはともかく、帰路はすべて大宮駅を経由する。特に春日部に関しては、大宮駅が東武野田線の始発駅かつ終着駅。ゆえに必ずいったん改札を出る。

 東日本から急ぎで九州へ向かう日以外、大宮で途中下車してラーメンを啜る習慣がついた。

 ただ神戸に戻るだけの日は駅前の<力>で焼とん、レバカツ、軟骨唐揚、もつ煮込などを、<日本一>で焼鳥を大量に買って自宅晩酌の肴にする習慣もついてしまった。

 2022年3月12日。会津若松からの帰路で大宮で途中下車。土曜の正午。まん延防止など関係ない賑わいっぷり。気温は20度近くまで上昇。暑くも寒くもない最高の外出陽気。快晴である。

 毎週のように大宮に立ち寄っているが、感慨深いものがあった。3年間の上記ミッションが終了。何らかの形でご縁は残れど、かなり薄弱に。大宮への立ち寄り機会も激減する。

 この日の朝のネットニュースで、3月21日に全国一斉でまん延防止が解除方針であることが伝えられた。3月21日まで東日本方面へ出向く機会はない。

 第7波でまたウィズコロナになるかもしれぬが、コロナで丸2年が経過。そろそろアフターコロナへの道筋を強引にでも付けねばならぬ時代に来ている。

 ウィズコロナ中、私は大宮のラーメンを攻めてきた。100店舗近いお店を全店制覇をもくろんだが、早々にお気に入りになった3,4店舗をヘビーにリピートするだけに。タイトルの「ウィズコロナ時代の〜」は私にとって最後かもしれない。

 私にとってのウィズコロナ時代の拉麺密地帯・大宮の最後。武蔵家、大勝軒まるいち、大宮京浜東北線ホーム、ジャンクガレッジ…。向かった先は<大宮大勝軒>。

 「ウィズコロナ時代の拉綿密地帯」はいったん終了する。次回(2022年3月13日以降)大宮入りしてラーメンを啜る際からは続・ウィズコロナ時代の〜」または「アフターコロナ時代の〜」で再開する。できれば「アフターコロナ時代の〜」のタイトルでいきたいものである。〔終〕

220621大宮大勝軒@.jpg
我がウィズコロナラーメンin大宮のフィナーレ。
posted by machi at 02:37| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする