2022年05月23日

第2934夜:VIEERAで昼メシ【小倉(北九州)】(その2)

◎パンチョ(2021年9月■日):ミートソース(スパゲティ)目玉焼きメガ

 台風が北九州を直撃した翌日の正午。土曜でも店内中々の賑わい。先日はナポリタン目玉焼きのメガ。今回はミートソースの目玉焼きトッピングのメガ。

 「ナポリタンとミートソースだけあればいい」
 「ソースが少ないミートソースは許さない!」

 店内ポスターやメニューに踊る荒ぶるキャッチに深く首肯しながら前夜呑み過ぎ(ステイホテル晩酌)からの水がぶ飲み。

 ブツ降臨。ド迫力。粉チーズたっぷり、紙エプロンも装着。一心不乱に食べ進める。これまでナポだけでミートは初めて。

 ワタクシ、ミートの方が好きと自覚した。メガでも飽きずに完食できる。この日は「8の日」ゆえ、次回使えるトッピング無料券を頂けた。

 トッピングの有効期限は9月30日まで。12日しかない。その救済策なのか、10枚集めれば一皿無料、30枚でロゴ入りタオル、50枚でTシャツ。

 8の付く日は月に3度。月3回通うとして50枚集めようとしたら1年4カ月。私はしかも神戸市民ゆえ、ハードルはさらに上がる。これから8の付く日限定で北九州への出張を画策する。

220523パンチョ@.jpg
私のとって西日本最高級の絶景。

220523パンチョA.jpg
ミートのメガ。目玉焼トッピング。

◎簾(10月*日):河豚カツレツセット

 VIEERAでは『フジヤマ55』『パンチョ』が我が2強ゆえ、全店制覇を意気込むも他の店を選択する心の余裕が欠けている。しかし、この日は定食気分だった。

 奥まった場所の<簾>は恐らくビエラ初進出。お隣の下関が拠点らしいが何故か思いっきり牛タン押し。牛タンといえば、仙台。牛タンが凄まじく高騰しているニュースを目にする。

 メニュー及び注文はすべてタッチパネル方式。ランチ限定メニューはどれも1000円は軽く超す。1,200〜2,500円の間。牛タンと刺身のセットもあった。牛タンはともかく刺身が盛合せになると、どうしても口に入れられない苦手なネタがある。

 タッチパネルをいじっていると、多分唯一の1000円以下セットメニュー発見。「河豚カツレツセット」。私だけでなく、恐らく山口県民以外は下関といえば「ふぐ(河豚)」ではないか。

 好ましい。しかも一番安い。不思議な世界観に首を傾げつつパネルを操作。本場下関ゆえ、ふぐも安いのか。

 セット降臨。ライス、味噌汁、サラダ、漬物、そして大き目の河豚カツが4切。

 丁寧な仕上がりである。薬味が妙に充実している。塩、胡麻、辛子、ソース、ポン酢おろし、そして粉チーズ。店員さんはいろいろな味でお試し下さいと丁寧なご対応。ライスと味噌汁はお代わり無料らしく、タッチパネルの「注文履歴」から操作できるそうだ。

 中3日ぶりの北九州。久々の中華(王将)以外の昼メシ。まずは味噌汁。‥‥‥。旨い。しっかり出汁が効いている。味噌汁が旨い店は丼も定食もハズレなし。〔次夜その3〕

220523簾@.jpg
奥まったところに。
posted by machi at 07:10| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

第2933夜:VIEERAで昼メシ【小倉(北九州)】(その1)

 VIEERA小倉。小倉駅構内の中2階ようなところにあった小倉駅ナカひまわりプラザがコロナ禍に半年以上リニューアルをかけて2021年7月に再オープンした物販&飲食ゾーンである。

 旧ひまわりプラザ時代、この飲食ゾーンに頻繁に足を運んだ。そのうち8割が<フジヤマ55>。後はラーメン店や餃子店で、半数以上は未踏だった。

 毎月どころか毎週のように、コロナ禍でも隔週で小倉駅を利用している私にとって、昼メシの選択肢が増えることは大歓迎。

 リニューアル後、継続店と新規参入店が入り混じる。新規参入組の中でもスパゲティ専門店<パンチョ>は以前から都内で愛用していたので、私にとっては超弩級の衝撃。記念すべきリニューアル後の一発目は<パンチョ>直行。目玉焼きナポリタンのメガ(600g)を思う存分満喫。

 食べながら、私は決意した。生まれ変わったVIEERAの飲食ゾーンを制覇することを。

◎フジヤマ55(2021年8月〇日):小倉二郎(ラーメン)+麺大盛・小ライス・生卵

 つけ麺が圧倒的メインだが、私は濃厚魚介豚骨ラーメンがお気に入り。券売機と対峙したら、そのボタンがない。ラーメンはこれと二郎系の2種だったが、二郎系一択に。切なさがこみ上げる。

 カウンターに着座。カレー粉が卓上から消えているかわりに、醤油が。小ライスと生卵1ヶは終日無料、ランチタイムは麺大盛無料という嬉しいサービスは健在である。

 久々のフジヤマ二郎、怒涛のイッキ喰い。5分で完食。生卵に醤油を垂らし、ライスにぶっかける。ミッションを控えていたのでニンニクは控えめに。次回は思う存分ニンニクを投下予定。

 それから1ヶ月後。遅めの昼に濃厚魚介豚骨つけ麺大盛&トッピング全部のせ+小ライス・生卵)。1年ぶりの55つけ麺。ワタクシ、これからは汁よりコッチ寄りになりそうであります。

220522ヴィエラフジヤマ55@.jpg
地元民からも大人気。

220522ヴィエラフジヤマ55A.jpg
小倉二郎系。

220522ヴィエラフジヤマ55B.jpg
ド派手に行こうぜ!

◎吉蔵(2021年9月●日):カツカレー

 久留米系ラーメンのコチラにも何度か足を運んだことはあるものの、この数年はすっかりご無沙汰。味もあまり覚えていない。全店制覇を決意せねばスルーしていたが、久々にダイブ。

 券売機に対峙。ランチタイムはセットが豊富。シンプルで定番の久留米ラーメンにするっちゃねとボタンを押そうとした刹那、「カツカレー」が視界に。こんなメニューがあったのか。

 数量限定とある。私は期間限定、数量限定、先着××名というキラーワードに弱い。

 久留米ラーメン店で敢えてラーメンを外す蛮勇。まあ、以前啜ったことがあるので大した蛮勇でもない。チケットを渡すと店員さんはラーメンと思い込んでいたようで、麺の硬さを聞かれた。

 ブツ降臨。はっきりと旨そうである。小さめの皿にたっぷりも好感度高し。福神漬はないが卓上の紅生姜は入れ放題。

 カツ、熱々のサクサク。ルー、甘めだがかなり重層的。中華料理店のカレーは美味いという古今東西の真実が舌の上で広がる。これはハマり味。新たな地平が眼前に開けた。〔次夜その2〕

220522ヴィエラ吉蔵@.jpg
久留米系だそうな。

220522ヴィエラ吉蔵A.jpg
ハマり味。
posted by machi at 08:37| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月17日

第2932夜:復活のカレー【黒崎(北九州)】

 復活。コロナ禍で様々な事象が中止に追い込まれる中、万全の工夫を凝らし万象乗り越えて復活した事象もある。その代表的な事象が、我が北九州黒崎における定宿<アルクイン黒崎プラス>における朝食「カレー」バイキングの復活である。

 第6波によるまん延防止の真っただ中の朝7時半。私は前夜1時まで鯨飲した余韻を残しつつ、アザラシのように朝食会場へ向かう。

 コロナ中はおにぎり2ヶと缶ドリンクを部屋に持ち帰るスタイル。実に嬉しく有難いサービスである。しかし、カレー朝食には叶わない。このホテルのカレーが専門店級に絶品である。

 ホテル滞在時はたいてい前夜夜中まで鯨飲し、二日酔い気味の胃もたれで朝食はスルーすることが多い私だが、アルクインのカレーの惹きには叶わない。カレーに含まれる成分に二日酔い解消の効果ありと愛してやまない愛読シリーズ『侠飯』(既刊7巻)にも熱筆されている。

 手指を消毒しナイロン手袋を装着。数種類の菓子パンはスルー。インスタント味噌汁も軽く無視。カレー皿を手に取り、中央にモヒカン刈りのようにライスを馬の背状態に盛り付ける。その両脇に、2種類のカレー。ジャワとビーフである。ジャワは赤褐色、ビーフは茶褐色。

 深紅の福神漬を添え、半熟卵を落とす。スプーンを片手にまずは右側のジャワ。爽やかな辛みが舌を愛撫する。左側のビーフはまろやかなコクが抱擁を離さない。

 最後は半熟卵を潰し、禁断のビーフとジャワのS●X。官能のドラマが復活である。

 部屋に戻って五輪の熱戦に没頭。遅めの昼に空腹を覚え、フラフラと表参道新天街の至宝<博多屋>へ。メニューにない、ドライカツカレー開発。白飯の代わりにドライカレー、その上にカツとカレールー。この店で1年以上ぶりにカレーを注文。こちらも「復活」である。

 店内備え付けの『ビッグコミック』のゴルゴの世界に浸っていると、店内がざわついた。その音の方に目をやると、我が完成したブツが。ざわつきの理由である。

 まずはカツをかぶりつく。揚げたてジューシー。カレールーが絡んで無類の旨さと安定感。そして、ドライカレー。新天街理事長であり実質オーナー兼シェフのⅯ山氏曰く、敢えてドライカレーを薄味にしてバランスを保って下さったという。

 ドライカレーのみを口に運ぶ。充分なコク。スパイシー。ハイボールが呑みたくてたまらない。そして、カレールーとドライカレーの複合技。‥‥‥。

 新たな道が開けた。春を飛ばして夏が来た。オミクロンが滅失した。とんでもない旨さ。隣の席の若い男性客が羨ましそうに「インディアンカレーですね」と語りかけてきた。そんなメニューがあったのか。

 これまで博多屋で肉うどんの肉ダブル、カツ丼のカツダブル、カツカレーのカツダブルというエアリアルな大技を決めてきた。今昼は、難易度Eランクのカレー複合技。ぶっちぎり金メダルな圧倒的旨さ。定番メニュー化を強く希望。

 さらに翌朝も連泊中ゆえ1階ロビーで朝カレー。昨日はジャワ&ビーフ。今朝はチキン&ビーフ。ルーの味も変化。オレンジジュースと珈琲を飲みながらワシワシ。半熟卵も2ヶ落として。

220517黒崎D.jpg
初日の朝の合い掛けカレー。

220517黒崎E.jpg
昼メシはドライカレーとカツカレーの複合技。

220517黒崎F.jpg
2日目の朝の合い掛けカレー。
posted by machi at 09:25| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月16日

第2931夜:大人食堂【黒崎(北九州)】

 子供食堂。子供やその親たちに無料や激安で栄養のある食事や温かな団欒を提供するための素晴らしき社会活動である。

 第6波に伴うまん延防止期間中、対象地域の酒類提供飲食店は20時30分酒類オーダーストップ、21時完全閉店。私のように20時までミッションに拘束される呑んだくれの出張ホテル族にとって、暖かな団欒にほど遠い独りコンビニ飯なステイホテルが定番に。

 そんな寂しき孤独な呑みオヤジたちに、有料で栄養は偏っているけど酒が進む食事や暖かな団欒を提供する「大人食堂」が北九州の副都心・黒崎にあった。

 第6波絶賛席巻中なバレンタインデーキッスな夜。知己を得て十年以上になる私と同年代の男性たちと‘まかない処’というコードネームの「大人食堂」へ。看板も入口も真っ暗だが、ドアの向こうにはマッチ売りの少女が灯す命の明るさが広がっていた。

 オヤジさんと奥さん(たぶん)は我ら3名を暖かく受けいれてくれる。生ビールという栄養価の高い黄金色の奇跡をノドに放り込んだ後は、ハイボールというゴキゲンなヘルシードリンクを。更なる温かみを得るために、後半は芋焼酎の湯割という般若湯で心と体を温める。

 栄養価とプリン体の高い小鉢がズラリと並んでいく。鰯の煮付、きびなご、厚揚煮、マカロニサラダ、鶏肝煮、鱒(たぶん)焼、エビフライ…。最後にドカンと刺身盛合せ。鮑、鮪、鰯‥‥。これぞ「大人食堂」である。

 独りの大人の男性客たちが入れ替わり立ち替わりカウンターに。北京オリンピックに一喜一憂しながら、孤独と無聊を慰めている。

 大人食堂は1軒だけではなかった。入口も真っ暗。看板も消灯している。

 恐る恐る中へ。停電のような闇の中で、大人食堂に流れ着いた年輩男女がカウンターの隅で肩を寄せ合っている。ポテトチップスといいう安価で栄養価もある意味で高い食事をとりながら、ギネスという漆黒の甘露をノドに流し込む。

 団欒というカケガエのない資産に感謝していると、偏った栄養価と温もりと団欒を求める孤独な男が一人、また一人カウンターに。

 翌昼。熊出銀天街。<クロセ>本店(たぶん)で手羽唐、鶏肝煮、かしわおにぎり、コロッケを捕獲。孤独なステイホテル晩酌用である。3カ月ぶりの黒崎から2駅隣の折尾ミッション終了後、駅前のコンビニで酒を買ってホテルに戻る。

 ユニットバスに浸かり。21時過ぎからくまで通りの<クロセ>総菜晩酌。北京五輪の男子バイアスロン30qリレーを観ながら。

 ゴルゴが出場していたら、リレーでなく一人で30qスキーで滑っても、息一つ乱さずすべての射撃も一撃で成功させ、金メダル間違いなしだろう。

 独り孤独にまさに海馬の無駄遣い的不要不急でどうでも良い妄想を膨らませていると、素晴らしきステルスな社会活動である「大人食堂」の必要性と大切さをしみじみ痛感させられた。

220516黒崎@.jpg
初日の大人食堂。

220516黒崎A.jpg
独りステイホテルでは実現困難。

220516黒崎B.jpg
ある意味で栄養価の高い夜食。

220516黒崎C.jpg
2日目はステイホテル晩酌。
posted by machi at 06:06| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月15日

第2930夜:雪の流儀【春日部・岩槻(埼玉)】

 大雪警報。コロナ第6波席巻中の2月上旬に発令された警報である。対象は首都圏だった。

 この日、片っ端から延期、中止、出禁になる中で対面をブレることなく継続して下さる春日部へ。ミッションに間に合わせるには昼過ぎに神戸の自宅を出ても余裕。しかし、大雪に巻き込まれて電車が止まるかもしれない。絶対にたどり着きたい。4時間早く行動を起こす。

 昼頃には都内へ。外は雪というより霙。積もる気配はないが、寒い。昼飯ついでに新橋で下車。いつぶりか覚えていないほど久々。SL広場の喫煙スペースがいつの間にかボックスに。

 埼玉県と栃木県の仕事がみっちりとなった2017年以降、それと引き換えにお国と御縁が完全滅失。それは私にとって必然的に新橋から縁遠くなることを意味する。

 特にこの数年、東京駅まで新幹線。そこから東北新幹線、京浜東北線、宇都宮線に乗り換え。神田、秋葉原などで降りて昼飯はあっても、新橋や田町で下車することが皆無に。コロナ以降、航空機利用も激減したので浜松町もしかりである。

 勤め人の巣窟・新橋のランチの充実度は凄まじい。この日は夜から大雪警報。氷雨が降っているが、夜半には雪に変わるのだろう。ぐずぐずして電車が動かなくなったら最悪だ。

 ラーメンのつもりだったが、あまりの店の多さに逆に心が折れた。駅前の視界に入ったのが<かつや>。首都圏最強級の丼チェーンだが、西日本であまり見かけない。秋葉原、北朝霞の店舗をよく利用させて頂いた。

 ここのかつ丼は絶品。そして、それ以上に隔週ぐらいの頻度で期間限定メニューが登場する。この惹きが凄い。今回は‥‥‥ロースカツ×豚スタミナ焼肉丼。‘味噌にんにくダレ’だそうだ。‘スタミナ’というワードにも私は弱い。

 フラフラと店内へ。メニューも見ずに期間限定メニューを召還。3分ほどで着丼。

 卓上の漬物をたっぷり脇に乗せ、かき込む。味噌は甘めの八丁系だが、しっかりニンニクも効いている。ワシワシ食べ進める。途中、あまり味噌のかかっていないカツが下にいたので卓上ソースでタラリと味変。いっきにスパートをかける。

 私が着座するときにはすでに食べ終わりニヤニヤスマホいじっていた左隣のオッサン、私より早い着丼に関わらずスマホで動画見ながらイヤホンを耳にするマイ個室状態なアンちゃんよりも素早く席を立つ。多忙な日本のサラリーマンのランチはかくありたいものである。

 いったんお宿のある岩槻で降りてチェックイン。途中、乗換の大宮ステイホテル晩酌用のツマミをたっぷり<力>と<日本一>購入。

 20時、春日部ミッション終了。まん延防止ゆえ、呑み会が開けない。ゆえにステイホテル。

 春日部駅ホームで東武ラーメンが視界に。雪で少し遅れているのか、電車は15分待ちに。雪降る中の最高のシチュエーション。しかし、まん延防止のためか20時までの早じまい。

 私が覗いたら、啜っている人間は2名ほど。そして調理熟女たちは撤収作業。啜れないとなると余計に狂おしくなる。

 すごすご岩槻に戻る。電車が動いているだけでも感謝せねばならない。駅前地下のスーパーで酒や追加のツマミを購入。21時頃部屋に戻り、ユニットバスで凝りを解し、北京五輪スピードスケート女子5000mを観ながら晩酌。

 力のメンチカツと唐揚、スーパーの玉子マカロニサラダとローストビーフとゆで卵。新商品のカップ麺。缶チューハイロング缶が2本空いた。岩槻の地酒も1本(720ml)空いた。

 バーボンをグビリやりながら、スケート女子選手の太ももに惚れる。我が太ももの太さでは負けていないが、全く役に立たないただの脂たっぷりの肉塊である。

 翌朝。廊下が騒がしい。チェックアウトしようと部屋を出たら、隣の部屋に警察官が数名。現場検証している。事件か。

 直接警察官に聞ける雰囲気でなく、チェックアウトの際、フロント嬢にさりげないつもりで聞いてみた。私の隣の部屋に警察官がたくさん居て騒がしかった。隣の部屋で何があったのかと。

「急病人がありまして…」。

 消防隊員や救急隊員ならともかく、急病人対応にで防護服を着た監察が写真撮影しているよいな警官が何人もいる急病人現場など見たことがない。警察にこのように答えるように指示されているのだろう。フロントの見事な守秘義務の徹底ぶりに感動する。

 これが屋外なら‥‥。雪の足跡トリックを用いた密室事件でも発生していたのかもしれない。

IMG_6040.jpg
惹きの強さ。

IMG_6045.jpg
雪の凄さ。

IMG_6048.jpg
春日部駅ホームの賑やかさ。

IMG_6055.jpg
ステイホテル晩酌の楽しさ。

IMG_6064.jpg
翌朝ホームの美しさ。
posted by machi at 08:41| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする